ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年8月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/08/19(土) 2734 膝抜け
我が書斎です。連結するタイプの書棚がスイングを写す鏡になります。
ガラスの裏には黒い不織布を張り付けてあります。

実際、ティッシュペーパーのボールを打つ際には、目線はヒットエリアにあるので、鏡を凝視することは不可。が、視野には入っているので体の動きはおぼろげに。

ミスショットの場合は体の動きがどうなのか、は、何となく把握できる。

今年に入ってシャンクが重症で、スコアがまとまらない理由の一つになっている。

「ボールに近すぎるんじゃない」→身長が高いのでボール位置は近くなる。
「ベタ足で打ったら」→もともとベタ足で打っているし。
「ヘッドの先の部分で打つつもりで」→器用な打ち分けなんかできないし。

悩みを仲間に話せば、なにがしらのアドバイスがある。で、大概は既知のこと。で、中には「なかなか直らないだよな〜」と、遠い目で独り言のようにおっしゃる。
なかなか直らないので、この方の一言が身に沁みるというか……

鏡に映る体の動きで、シャンクが出た際の特徴的な動きを見逃してはいない。多分、私のシャンクの理由はそれなんだな、と。

丁寧に打とうとした際に、多く発生している。明らかに左の膝が逃げているのだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.