ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年8月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/26 4357 持ち味
2022/01/25 4356 逆撫で
2022/01/24 4355 避難路
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2017/08/25(金) 2740 視覚化
出社しようと外に出ると爽やかな空気。思わず振り返ると……
夏空でも秋空でもない。夏空がかなり勢いを失い、それでも秋空未満……

夜半、激しい雨に見舞われた。寝室のベッドの足側と壁の間に、窓から吹き込んだ雨で水溜り。気付いて窓をかなり狭めたのだが、それでも吹き込んでいた。

そんなんだから空気がまだ雨を持っているようで、じっとり湿っぽい。

出勤では雄物川が流れ込む運河を渡る。その水位は記録的豪雨の際のようにかなり高く、川幅も数倍になっており、茶色に濁った水が中洲を消していた。
こちらは晴れているのに、河川の水量はかかわりないのだな、と。

東京キー局のFMを聞いていると、突然ローカルの女性アナウンサーの声が割り込んできた。河川の氾濫情報という緊急放送。

大仙市で河川が氾濫しました。浸水の怖れがあります。自治体の指示に従い、身を守る行動をとってください―大意そんなことだったと思う。

TVでは雨雲の発生や動きが視覚化される。同じ地点を次々に襲う様が、線状降雨帯かは別として、直下はどんな雨なんだろうと思う。何年に1度の雨とか。

想像力を働かせれば上流の雨量は知れようが…… 猛威は去っていないのだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.