ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2018/10/15 3158 馴染み
2018/10/14 3157 補修材
2018/10/13 3156 大雑把
2018/10/12 3155 気づき
2018/10/11 3154 大好物

直接移動: 201810 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/10/04(木) 3147 眠り銃
10月4日(木)。10時19℃。最高23℃。降水確率10%、湿度64%。

抜けるような青空。典型的な秋空でしょうか。ここに放物線を思うのは、ゴルファーであったり、永遠の野球少年達だったりするのでしょうか。

ドライバーショットが秋空に吸い込まれる喜びは希にしかないが、清々しい。
そしてタイトルにあるように、秋空に放物線を描いて飛び出すクレーを銃で撃ち落すクレー射撃の醍醐味を思うのだ。

撃つ事もなくしまいこまれた銃が眠り銃。銃の管理が年々厳しくなり、年1回の検査の際は使用実績が重要なチェック項目。実績無しが続くと返上しなさいと無言の圧力が掛かる。何よりも無用の銃が、野放しになることを防ぎたいのだ。

で、射撃場が冬期閉鎖になる前になって実績作りを焦る訳だが……
猟期が迫り猟友会の競技会が目白押しで、フリーの私なんぞは肩身が狭い。
日程を縫うように曜日、お天気模様との兼ね合いで射撃場選びに苦労する。

的のクレーは右、中央、左に打ち出される。打ちだされた方向に銃口を向け、クレーを照準で追い掛ける。そして追い越し、待ち伏せした1点で撃破する。

“ど”ストライクに命中(=希にある)すると粉々に砕けたクレーがまん丸になって、粉を散らして花火のよう。綺麗さにまさに眠りが覚める。雪便り前に何とか……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.