ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2018/12/19 3223 探し物
2018/12/18 3222 防雪板
2018/12/17 3221 水抜き
2018/12/16 3220 共通点
2018/12/15 3219 防雪網

直接移動: 201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/10/07(日) 3150 秋田沖
10月7日(日)。10時20℃。最高23℃。降水確率40%。風9m。

台風25号は午前3時、秋田沖で温帯低気圧になった。風は猛威を振るっていて4時半に最大瞬間風速31.8m。風切り音で目が覚めたのと同時刻か。

昨日の出掛けの写真です。台風から温帯低気圧に変わった暴風に晒されているのに、なんでこんな変哲のないのどかなショットなんだ、と怪訝に思われるかと。

空の中央をご覧ください。空を飛ぶトンボがバッチリ収まっている。シャッターを押す際には全く意識はなく、ものの見事に映りこんでいるのは全くの偶然。

昔のフィルム現像の時代では、ネガあるいは焼付けで初めて映り込みが確認できる。それまでかなりのタイムラグを伴ったことなのだ。デジタルだと、手間要らずに瞬時に驚きの画面を確認できる。何という進歩……

トンボは羽の先端部分だけが黒い。瞬間を切り取ったので羽の動きはない。空中にいることが何とも心許無い。今にも落ちそう。記者時代、シャッタースピードが速すぎてヘリコプターの羽が止まった写真を撮り、叱られたことを思い出した。

そういえば最近あまりトンボを見かけなくなった。
在来種のタンポポ同様、生き辛くなった環境には姿を見せなくなったか。
この暴風、昨日のトンボはどこかに身を潜めているのだろうが……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.