ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年12月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/13 5256 最新刊
2024/07/12 5255 隅切り
2024/07/11 5254 持ち駒
2024/07/10 5253 海鮮丼
2024/07/09 5252 浸水域

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/12/18(火) 3222 防雪板
12月18日(火)。7時50分4.7℃。積雪0。風速7.5m。沿岸に風雪注意報。降水確率40/70。曇り後雪。最高6℃は平年並み。冬型が続く。

玄関前は落下した屋根雪の塊が少し残るだけで、雪は消えた。春に後々まで残る雪は、屋根から落下し圧雪状態であるとか雪寄せで人為的に固まった雪。

触らずほっとけば、さっさと姿を消してくれる。なぜ手を加えるのかなと思わないわけでもない。それは雪の降り始めとか、今冬のような暖冬気味に限るか。

降っては消え、降っては消えとはいかない。時として真冬日もあるし、目を開けるのも辛いほどの吹雪もあるし、頬を切るような北風に痛い思いもする。

カーポートがあっても防雪板、防雪ネットがない時には、車の北側にシッカリ雪が着き、2台の間には吹き溜まり。アー嫌だ、会社に行く前に雪掘りだ!!

防雪板、防雪ネットのお陰で、雪掘りこそなくなったが、それでも猛吹雪が明けた朝には、ネットを通過したのではなく、回りこんだ雪がシッカリ着いている。
でも鼻歌交じりのレベル。無い時の比ではない。

青空が覗いているのに逆光気味になるのは、冬で太陽が低いからか。
さっきまで降った雪が解けて湿ったアスファルトに青空が映っている。平年並みという言葉に、まだまだ冬本番は来てなくて、控える大物を思う今日この頃です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.