ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年5月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/05/27(日) 3017 入院歴
5月27日(日)。午前10時現在17℃快晴。21℃まで上がり汗だく必至。

今月初旬、ホンダの刈払機・UMK425(U)の始動時。実はグズっていた。

エンジンの始動方式はリコイルスターター。ロープを引っ張りエンジンのクランクシャフトに回転を与える。6カ月以上もオーバーホールもせず、酷寒の小屋になげっ放しで内部までフリーズ(=凍結)したか。ビクッとも引けない。

数年はこの繰り返し。スターターを外し直接クランクシャフトに回転を与え……

私の考えはこうだ。シリンダー内のピストン、クランクシャフト…… それらはオイルで円滑な動きを担保されているが、越冬期間中の低温で粘性を失う以上に、動くものすべての動きを邪魔(フリーズ)している、と。違っていたらゴメン!!

そのためには自然解凍が一番だが、時間が無いときは前述のように強制解凍(クランクシャフトをペンチやドライバーを差し込んで回転させる)していたのだ。

シーズン当初に解凍すればワンシーズンはOK。そして冬を迎えてまたフリーズ。

さてUMK425(U)の購入は2003年。前年の4月に世界最軽量の4ストロークエンジン搭載と、大々的に発売予告された最先端の刈払機。今でも性能は色褪せない名機。いまだに現役で入院歴もないのは技術のホンダならでは。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.