ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2018/06/23 3044 印象度
2018/06/22 3043 障害物
2018/06/21 3042 小糠雨
2018/06/20 3041 勝点3
2018/06/19 3040 決算期

直接移動: 20186 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/06/13(水) 3034 見返り
6月13日(水)。9時現在14℃。16℃までの予報。降水確率40%、湿度83%。涙腺が熱くなって来て、少しの刺激でもドバーっときそうな感じに見える。

深剃りした庭の今朝の様子。一面の洋芝であれば、緑が濃く、もっと滑らかで、芝刈機の行ったり来たりの縞模様も目に鮮やかだったろうに……

今日は水曜日。作業着デイ。駐車場のナンバーかけ替えとマンションの草引き。
どよーっとした雲行きで、雨の心配はつき纏うが、歴史的な出来事にも晴れない気持ちを抱きつつ、あれこれ考えるのだろう……

昨日は鳥かごにまんまと追い込んだ、と。辻褄を合わせると、その鳥が窮鳥だったのか。「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」という心境に1分足らずでなったのか。

何回でも会うと言った言葉を真に受けたNHKの女性キャスターに、朝鮮問題に詳しい大学教授が「今回が最後になるのか、引き続き何回も合うことになるかは、北の実行次第」と釘を刺していたのが印象的で、同感だった。

今朝のFMでは専門家が、劇薬、良薬かは不明。いずれ北東アジア情勢に極めて重大な影響を及ぼす、と。それを受けた男性キャスターは引き分けと……

ディールの達人に引き分けはないと思うが、何かが仕込まれたのか。
自分は何を期待して気が晴れないのか。頭の整理のために草引きに入ります。

2018/06/12(火) 3033 鳥かご
6月12日(火)。10時現在17℃。小雨。降水確率40%、湿度85%。
昨日北東北も梅雨入り、これで沖縄から本州まですっぽり覆われたことになる。

平年より3日、昨年より20日早い梅雨入り。気温は上がらず19℃止まり。昨日より3℃ほど低く肌寒い。でも数日後には梅雨の晴れ間が期待できるとか。

隣の畑。小糠雨にしっとり濡れています。鳥かごのような網に、雨粒が結んで白っぽくなって目に鮮やか。いつの間にか作物もそれなりに大きくなっています。

さて日曜日。NHKTVの日曜討論。米朝がテーマで、司会者の初っ端が「どちらがイニシアチブをとっているか? 」との質問。最初の外交官OBは直接それに応えること無く、自らの経験を踏まえ、当たり障り無く。

他の出席者も、自分の専門分野に引き入れて持論を展開するが、歯切れが悪く見えた。ただ一人の専門家が旗幟鮮明にしたのが異色だった。

それも今日に実際の会談が迫ってのことで、「ディール」がどう転ぶか予測できない状況で、断言は憚られたと思う。それにしても勇気ある発言に思えた。

独裁者を引きこもり状態から、国交はあるとはいえ第三国にまんまとおびき出しただけでも、そのことは明らかだと思うが……
鳥かごに追い込まれてどう出る…… 劇的な展開があるのかどうか……

2018/06/11(月) 3032 際剃り
6月11日(月)。11時現在21℃。曇り。降水確率40%、湿度60%。
予想は22℃止まり。既に20℃超えながら二日酔いの体に風が冷たい。

昨日の作業はこれ。芝生ならぬ雑草畑をリール式芝刈機で深剃りしました。

リール式芝刈機は電動剃刀とほぼ構造が同じ。隙間に入ったひげおよび草を回転する円筒に着いたハサミ様の歯でカットする。切断面は水平で鋭利だ。

前段階の刈払機。私の使う刈払機はひも状のナイロン刃。一般的な円盤型のノコギリ刃との違いは切断面が打撃で草を切り取ることから、切断面がむしりとられるような形状。そんなこともあってリール式で仕上げ剃りするときっちり平面に。

そして金属刃でない最大のメリットは際剃りが出来ること。金属刃だとコンクリート面に当てると跳ね返されたり、欠けたりと危険。ナイロン刃だとそれが無い。

ナイロン刃の刈払機、リール式芝刈機の機能を上手く組み合わせると、一面の雑草畑もこのような、えもいわれぬ庭と相成るのです。自己満足ですが……

昨日は高校の同窓会総会。総会、講演会、懇親会と欠席ながら、同期の元文部事務次官が同窓会長に就任したお祝いの飲み会に参加した。総会での同期の出席者が少なく新会長承認が際どかったと(=本人苦笑い)…… 
拍手要員として参加すべきだったと、深く反省の仲間との深酒でした。

2018/06/10(日) 3031 世話役
6月10日(日)。10時現在19℃。曇り。降水確率40%、湿度61%。
こんな湿度や天気で、遠くで祭り太鼓の音はどんな響き方をするのか、くぐもったソフトな音がするのか、などと興味を持った理由は……

突然の太鼓の音。家の前に開発された小さな団地のポケット公園から、鹿島祭りの山車から太鼓の音が聞こえてきた。日曜の午前、いつもの平穏を破り。

昨日の夕方、前庭で散水している写真。人影はないが、小さな団地の小さな子供たちがボール遊び、自転車遊び、スプリンクラーで縄跳び遊びの女の子も。

ここの団地は子どもが多い。ここで集っているのはほとんど女の子。男子がいないわけではないが中学生だったり。家でゲームでもやっているのか…… そして目を転じたら紅白が鮮やかな祭りの山車がいつの間にか置かれていた。

そして、その子達が今日の鹿島祭りの主役たちなのだ。
祭りの半纏を着て、掛け声をかけつつ、屋台を引っ張って地域を巡っていた。

ここの団地側にいる限り、少子高齢化は無縁の世界に思えるが…… 
実はその太鼓は的確なリズムを刻むではなく、子ども達を取り囲む住民達は、その親御さんに限られる。地域一体で盛り上げるといった雰囲気はないのだ。

祭りの伝承、だれがどう担うか。地域の世話役らとの断絶が進んでいるようだ。

2018/06/09(土) 3030 水道代
6月8日(土)。10時現在17℃。曇り、湿度75%。20℃まで上がる予報。
昨夜は11時ごろ雨音で目が覚めた。窓を閉めるのにいいタイミングだった。

その名残りの湿度なのか…… このところの晴天続き。夕方に水遣りするためスプリンクラーが登場した。昨夕は水遣りの後、深夜の降雨。タイミング的には無駄な水道代。天然の恵み以上のものはないのだから。

土曜日は週一の念入り掃除DAY。トイレもしっかりやるのだが、いつもそのタイミングで郵便配達人が声をかけてくる。いつもは手渡しになるのだが、しゃがみ込んでいてすぐに立ち上がれずに失礼した。

私が出勤するタイミングで、必ず庭木の手入れ、草引きに精を出す近所のおじいちゃんがいらっしゃる。麦藁帽子を被り長袖で完全防備。そして草引きのときはぺたっと地べたに座り込んで……

私も庭仕事をするし、トイレ掃除もする。その際の見え方はどうなんだろう、と。見え方とは働き盛りに見えるのか、そうではなくおじいちゃんに見えるのか……

トイレ掃除は、初めは中腰だったが、しゃがみ歩きになり、今は膝をついている。
マンションの草引きは、膝にプロテクターを装着して膝歩きをするようになった。

行き着く先は尻を地べたにくっつけて…… 今、変化の過程のどこの居る!?

2018/06/08(金) 3029 街路樹
6月8日(金)。10時現在24℃。降水確率40%、湿度66%。
予想最高気温は24℃で今と変わらないが、内陸では夏日になる予報。

昨日は、湿度が低く外干しに最適と書いたが、その湿度は何%であったか。
今日よりは低いとは思うが、雨になるには時間がありそうでジメジメ感は少ない。

ここ最近、天然エアコンで過ごしている。表の引き戸をほぼ全開にし、通用口のドアを半開きにしている。そうすると気持ちいい風が吹き抜けて、冷房要らず。

灯油ストーブが消えたのは4月下旬。その後、エアコンの暖房も用済みとなったのはいつごろか…… そして現在は、雨が降らない限りは天然エアコンで。

街路樹の緑も徐々に色濃くなるこの頃、街路樹を渡る風も心地よい。
新緑とはちがい、夏の日差し除けになるべく、緑を濃くしているのが嬉しい。
何回か書いているが、秋田の6月は本当にすばらしいな、と思う。

緑濃い谷あいをくねくね通る秋田新幹線に新トンネル構想が湧いてきた。
総事業費は700億円で時間短縮効果は7分だそうだ。費用対効果は大いに疑問だし、所詮肋骨線。秋田の将来を託せる路線ではない。

もっと大きな視野で語ってほしいと思う。奥羽本線の新幹線化の構想を、秋田県民は全く忘れ去ったのだろうか。在来線もどきに幾ら金をつぎ込んでも……

2018/06/07(木) 3028 楕円形
6月7日(木)。7時50分現在22℃。25℃まで上がる予報。
ところによっては29℃になる見込みで、湿度は低く、外干しには最適かと。
梅雨入りの関東などを尻目に、さわやかな風が気持ちいいです。

さていつぞやの社食。冷凍食品のお世話になる機会も多いが、いつもは特売品など廉価版で腹を満たしている。いつに無く「少し高く豪華版よ!! 」。
それは「濃厚な蟹の旨み 蟹のトマトクリーム リングイネ」

さてリングイネ!? まだ未消化だ。ネットで調べると平打ちパスタとは違う、と断言するものもあればやや平打ちになっているのが特徴とするのもある。

ロングパスタであり断面が楕円形というのが最大公約数。で、製法まで遡って書いてないので、どうやって断面を楕円にしたかが分らず、欲求不満になりそう。

特徴はスパより麺が太く、断面が楕円、ということで茹で時間は長く、ソースとの絡み具合が優れている、ということ。「蟹のトマトクリーム」と相性が良いのだろう。

豪華版のもう一点。トレーに乗っていて、さらに移し替える手間隙が要らないところ。廉価版だとさらに盛るときに多少面倒。でも、ほぼパッケージ写真と同様の盛り付けがそのまま出現するわけで……

機内食じゃないんだから、トレーは味気ない。移し替えで十分では……

2018/06/06(水) 3027 燃焼音
6月6日(水)。11時現在23℃。予想は27℃で、平年に比べ地域によって4〜6℃高く、7月中旬並みとか。今日は作業着デイで水分補給はキッチリ。

6月3日の日曜日。先々週に引き続き2週連続の草刈でした。先々週は刈り払いしただけでは根っこが残って厄介になる丈の高い草を引き抜いたりしたものだからその下作業が思いのほかかかった。その後生長し過ぎた草を刈払機で。

草の抵抗がこれまでの作業で多分最大値。左右に振る刈払機のヘッドは重いし、密集した草がまとわりついて回転が遅くなるわ……

全体の草丈をある程度短くした3時過ぎ。今年初めてリール式の芝刈機の登場でした。この機械。購入したての2〜3年はオーバーホールを業者に依頼していたのだが、それ以降はメンテナンスフリーという放置。オイルも継ぎ足し。

刈払機は始動が少し厄介だが、こいつはいつも一発始動。ポンポン船のような軽くて規則的な燃焼音が安心感をもたらしてくれる。刈払機のホンダUMK425Uとともにバロネスの自走式のリール式芝刈機も名機なのだ。

刈払機の刈り高は残念だが不規則。リール式芝刈機でも滑らかにはなかなか。

行ったり来たりしてみました。行った部分が白っぽく、来た部分の緑が濃い。
このように庭に芝刈機の縞が出来たのは久しぶりです。気持ちいいものです。

2018/06/05(火) 3026 町内会
6月5日(火)。10時現在25℃。もはや夏日。晴れで28℃まで上昇する見込み。でも今は渡る風がさわやか。涼やかな空気を運んできてくれている。

来社すると昨日は消えていた花鉢が、新たな彩で復活していた。
町内会の総会が先月末に終わり、決算承認、予算可決がなされたので早速、30年度予算が執行されたわけだ。

つい先週まで、越冬したビオラが萌える春を迎えて、ますます元気を得て、花色も鮮やかさを増して、花鉢をこんもり飾っていたのだが……

これが決算期を迎えて、敢え無くお役御免になった。
個人的には半年以上のお付き合いで、冬に耐えて、わが意を得たりと栄華を極めようとした矢先のような気がして、なんだかお気の毒。

自然のサイクルは、人間の会計年度という決まりごとには敵わないのだ。

それもそうだが園芸好きは、意外と大胆に花の入れ替えを行う。
盛りを過ぎた花を摘むのに痛痒を感じないのだろうか、と思っちゃうがどうだろう。

このように折に触れてゴージャスな花鉢を提供してくれる町内会長ご夫妻の努力には敬意を表するし、感謝しかない。
さて花の名は…… いたって無粋な者ですので、聞かないように。

2018/06/04(月) 3025 虫歯菌
6月4日(月)。9時現在24℃。気持ちいい快晴。27℃まで上がる見込み。

さて土曜の夜の食卓。山ガールからの山の幸のお裾分けは、最も野趣に富んで、自然丸ごと口に出来る焼きタケノコに。ササダケだと細すぎて駄目なので。

穂先はホワイトアスパラのようにとろける感じ。皮を剥くには細心の注意を払わなければならない。そして徐々に太くなり、硬さも増してくる。どの辺まで……

丸ごと食べる場合もあれば、最後の一節を噛んでみて硬過ぎると諦めるし…… 

「なぜ、人間は虫歯になるのか!? 」。NHKの「チコちゃんに叱られる! 」で正解は「料理をするから」。生肉、生野菜を一生懸命噛んで、たくさん唾液を出すから野生動物は虫歯にならないのだとか。

料理の代償が虫歯。葉ごと竹を主食にするパンダに比べ何と堕落したことか。

残すか残すまいかの最後のタケノコの節も頑張って噛み砕こうとと思うが、既に歯は虫歯菌に侵されているので不可能。永遠の5歳児のチコちゃんに「ぼーっと生きてんじゃねーよ」と叱られること請合いです。

次に器にもったすき焼きもどき。そこにトマトのトッピング。熱い所に乗っかってトマトはスルーッと皮がめくれて湯剥きトマトに。適度な酸味がすき焼きにアクセント。

6月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.