ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年7月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2018/07/17 3068 特効薬
2018/07/16 3067 記念日
2018/07/15 3066 誤概念
2018/07/14 3065 桟敷席
2018/07/13 3064 よそ事

直接移動: 20187 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/07/03(火) 3054 熱帯夜
7月3日(火)。7時50分現在28.1℃。予想最高気温は30℃。
これは昨日より−4.1℃。昨日は暑かった。すんでのところで猛暑日……

侍ジャパン!! 崖っぷちまで追い詰めたが、すんでのところで大金星を逃した。

後半、速い時間帯での組織力を生かした鮮やかな先制点。それも立て続けに2点。前回W杯のときは隣家の高校生の歓声も聞こえたが、それも無く叩いた手が痛かった。2回もだから腫れるほど痛かった。

熱帯夜のごとく熱気で盛り上がったのはもちろん。でも波乱含み。慌てさせたがタレントぞろいのベルギー。トップ選手を新たに投入することで、ねじ伏せる力技。
差は歴然。ピッチ上の勝機を拾おうと必死でファイティングポーズをとり続けたが。

どちらに転んでもおかしくない最終盤の攻防。攻めの一瞬の隙を衝かれてしまった。守りに行く策は当然あったろうが、90分で勝ち切ろうとする姿勢に侍ジャパンの組織としての気概を見た。

縦に速いサッカー、デュエルとか、躍進にはハリル前監督の影響を見るのは私だけではないと思う。それらを素直に総括することが将来に繋がると思ったり……

試合終了と共にスイッチオフ。その後は悔しくて眠れなかったが、それ以上に悔しいのはピッチ上の選手達。短い熱帯夜だったが、選手を称えたい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.