ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年1月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/09/21 3499 名物牛
2019/09/20 3498 揺り籠
2019/09/19 3497 漁業権
2019/09/18 3496 影響力
2019/09/17 3495 敵味方

直接移動: 20199 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/01/22(火) 3257 素人目
1月22日(火)。7時50分−0.3℃。降水40/30。最高2℃。雪→曇り。

繁みでスズメがチュンチュンうるさい。寝室のサッシを開け、次の網戸に手をかけるまでに彼らは一斉にポジションチェンジ。危険を察知して藪から梢に移動。
スズメの集団行動をサッカーのフォーメーションにこじつけるのは何ですが……

直近で0−1と負けているので、大変シビアな戦いになるのは分っていたサウジアラビア戦。個人技でも勝るとの専門家の見立て。勝つ戦術をどう描くのか……

前半、ほぼ相手がボールを支配。解説者は「これは日本の戦術でもあり、相手にボールを持たせているだけです」とは言うものの、素人目からはピンチの連続に「お説ですが…… 」と言いたくなる。悲鳴を押し殺すのに大変でした。

耐えて得た初めてのコーナーキック。二十歳のセンターバックが頭で合わせて戦況は一気に変るかに見えたが…… 後半もポゼッションで遥かに上回る相手に防戦一方。消耗の激しい若手を尻目にベテラン勢の体を張った防御が光った。

解説者も、内心はかなりハラハラものだったと推察するが…… どんな展開でも1点差で勝ち切る。これぞサッカーの醍醐味。成長の証でもあったな、と。

弱点と言われたセンターバックもベテランが手放しを褒めるようにラインコントロールもシッカリ出来ていたそうで…… 次戦にターンオーバーがあるか注目です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.