ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2024/04/22 5174 目覚め
2024/04/21 5173 販促力
2024/04/20 5172 関節痛
2024/04/19 5171 置き配
2024/04/18 5170 老爺心

直接移動: 20244 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/10/30(水) 3538 駅そば
令和元年10月30日(水)。7時50分15.9℃。曇り。1時間雨量0.0mm。風速6.0m/s。降水確率10/0。最高18℃(昨日比+1.8℃)。

彼の下宿先の巣鴨まで山手線の初乗り30円。駅の立ちソバ(=カケソバ)1杯が30円。秋田での接点はなかったが、東京から濃密な付き合いが始まった頃のお値段を話すと、なんと昭和でレトロな……

たまに東京に行くと、駅に近くなると駅そばを目で探してしまう。そのころは造りも大袈裟でなく、遠慮がちに駅に間借りしたようなシツラエ。
半径何十メートル位だろう、生醤油っぽいかおりが漂って食欲をそそるし……

ソバ屋のオバチャンとカウンター越しに食うが、客が込み合ってくるとカウンターを離れ店に背を向けて、猫背になってかっ込むサラリーマンたちが、向き合って汁を飛ばさない微妙な距離感で食っていた。

存在感のあるごわごわの生ソバを、チャッチャッと湯切りをして東京流の真っ黒い出汁にドバッ。き揚げは少し疲れた油で揚げたので茶色がかっていて不整形。

そんなソバを期待しても叶わない夢、望むべくもない。川崎駅の駅ソバのシツラエは考え抜かれキレイ。壁に向かう椅子席、島状の衝立を立てた向かい合う立ち食いコーナー。麺は更科系のように白く細く、出汁は関西風の薄味系……
昔の感傷に浸りつつ腹ごしらえ。これから葬儀場に向かいます


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.