ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/23 3654 春一番
2020/02/22 3653 伝票係
2020/02/21 3652 高望み
2020/02/20 3651 部屋着
2020/02/19 3650 相手先

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/10/05(土) 3513 処方薬
令和元年10月5日(土)。11時20℃。降水確率40%。湿度76%。風速5m/s。曇りのち雨。予想最高気温21℃。ムシムシする。

「粉薬大丈夫ですか? 」。「葛根湯飲んでいるから大丈夫です」。医師と私。

医師の内心(葛根湯は顆粒だろ。粉薬と顆粒の区別がつかないボケなのか)
私(葛根湯は顆粒だから答えになっていないか。粉薬の葛根湯もあったりして)
隔靴掻痒というか、噛み合わなかったが、粉薬から錠剤への変更はなし。

ショックと言えばショック。70歳以上に発給される「健康保険高齢受給者証」の霊験はあらたかです。医師曰く「粉薬が苦手なお方がいるので…… 」。
処方薬でむせこんだりされると医師だって寝覚めが悪かろう……

むせる…… 若い頃より確実に増えた。思いがけない物にむせた時の苦しいこと…… そんな気遣いをされる年になったことを自覚しないとな、と思った次第。

鼻水ジュルジュル、喉ヒリヒリ…… 多分風邪だろうということで受診したが1週間分の薬を処方されました。

トローチ系は処方されなかったので飴で代用しよう…… 
会社にあったのが嚥下できない親類のオバアチャンが愛用していた飴ちゃん。
鉄分の補給も出来るとか。甘くて喉に良さそう。将来お世話になりたくないが。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.