ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年2月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新の絵日記ダイジェスト
2019/04/25 3350 息吹き
2019/04/24 3349 浮遊感
2019/04/23 3348 客観視
2019/04/22 3347 使い手
2019/04/21 3346 春作業

直接移動: 20194 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/02/02(土) 3268 決定機
2月2日(土)。11時2℃。雨。降水確率90%。最高4℃。曇り後晴れ。

「上位互換」など、身贔屓を散々書き込んでの敗戦。素人とはいえ面目ない。
前半の早々、大迫選手のミドルシュート。相手にパスコースを消され、危険でないシュートを打たされたように見えて「もしかして負けるかも」。嫌な予感……

スリーバックだったりファイブバクだったり変幻自在。敵陣に入っても跳ね返される鉄壁さを嗅ぎ取り、その表現が淡白なミドルシュート、と思うのは考え過ぎ!?

自陣深くのパスカットからの攻め上がりが速いカタール。スプリント力で中盤の選手を置き去りにしてバックス陣との一騎打ち。センターバックの吉田選手を背にしてのオーバーヘッド。次のミドルにしても、「来る!! 来る!!」「あ〜〜」

育成世代から同じ監督が手塩に掛けたチーム。若い力にお手上げの前半。建て直しが効いて後半1点。同点を狙うがハンドでペナルティーキックを献上……

勝負を分けた先取点だったが、相手を調子付ける萎縮があったのか。
それにハンドに容赦ないVAR。分っているのに決定機のそれはない。
一気にテンションが下がった。疲れたし、眠気が……

「侍ブルーはまだまだです」。先を見据えてさらなる高みを目指せ。セレモニーは祝福すべき瞬間まで取っときます。TVを切ると途端に真冬日の冷気が……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.