ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年3月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/12 3581 技術力
2019/12/11 3580 小走り
2019/12/10 3579 肩凝り
2019/12/09 3578 冬景色
2019/12/08 3577 絵日記

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/03/15(金) 3309 砂埋め
3月15日(金)。7時50分3.3℃。1時間雨量0.0mm。風1.8m/s。降水確率20/20。曇りのち雨。予想最高8℃はほぼ平年並み。

解体現場。建物解体ではなく、コンクリートの剥ぎ取りと埋設管等の撤去。

既に家屋は解体されている。そこで問題。微妙だったのが本下水が整備された後の建築か、それ以前の建築か。もしかして合併浄化槽からの切り替えで、浄化槽自体が過去の遺物のように地下に眠っていやしないか……

実は私の新屋の自宅は、合併浄化槽から本下水に切り替わった。その際、業者の奨めもあって浄化槽は撤去せずに砂埋め・埋め殺しにしていたのだ。

本下水へ切替え工事費、負担金も相当な金額。浄化槽撤去費用を加えると本当に馬鹿にならない。将来、土地を売却する際には撤去するので、私にとって撤去費用は先送りだな、という感じで受け止めていた。

因果が巡るということではないにしても、砂埋め・埋め殺しだったらどうしよう…… 
その不安は取り越し苦労。建築時には下水道完備で快適水環境だったのだ。

それにしても、更地だって油断がならない。均された地表から想像もできないぐらいのコンクリートガラが出てきた。何らかのタイミングで業者が廃棄物処理法違反をやらかした、ということ。先送りは良いけど、ツケ回しは駄目でしょっ!!。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.