ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年6月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/29 3629 電熱線
2020/01/28 3628 幸福感
2020/01/27 3627 金属音
2020/01/26 3626 手巻き
2020/01/25 3625 西洋風

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/06/12(水) 3398 浅漬け
令和元年6月12日(水)。10時23℃。晴れ。降水確率10%。湿度59%。風8m/s。予想最高気温23℃。時々曇り。清々しい天気です。

今朝、山ガールからミズが届いた。山菜カレンダーも春から夏へと移り変わった。

春先のアイコ、シドケ、ホンナ。それぞれ独特の歯応え、香り、味があり、甲乙つけ難い思いを抱くのだが、意外と出回り期間が短い。
あーだ、こーだ言っている内に旬が過ぎて終焉を迎える。

山菜の王様はシドケであるとは思うが、それとは別を歩むミズ。
絶対量で他を圧倒、出回り期間とともに間違いなく王道であるな、と。

今年の初物。下ごしらえが大変らしいがどんな料理で頂くか、楽しみである。
お浸し、ミズ叩き、汁物の具、炒め物、浅漬け、鍋物…… 私が思い浮かぶのは少ないが、用途は何でもござれで無限大。盛夏過ぎまで楽しめる。

アイコ、シドケ、ホンナがそれぞれ独特の風味を持つのに対し、マイルドな味で香りもほどほど。浅漬けなどでカブ、キュウリの名脇役にもなれるのが良い。多分、クジラ鍋などの具材に適するのもそんなところが好まれてか……

それにシャキシャキ感が最高であるなと。あまり食さない県もあると聞くが、まさに秋田の夏の始まりだな、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.