ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年6月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/11 3580 小走り
2019/12/10 3579 肩凝り
2019/12/09 3578 冬景色
2019/12/08 3577 絵日記
2019/12/07 3576 記録性

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/06/21(金) 3407 逆回転
令和元年6月21日(金)。7時50分21.6℃。風3m/s。降水確率10/20。最高28℃。県南では真夏日も。午後は大気が不安定になるとか。

5月の日本列島の最高気温を北海道で記録した先月末の猛暑を考えると、6月に入ってからは季節が逆回転で、あの暑さが遠い記憶のように思えた。

やっと平年並みの気温とか、予想最高が真夏日を窺うという夏らしさが……

仕事帰りで秋田駅を背に千秋公園のお堀端を走った。中土橋の向こうを遮っていた県民会館が取り壊され、後が見通せる。思わぬビルが透けて見えた。

新婚時に購入したマンション。隣の濃い茶色のタイルが特徴的なライオンズマンションの隣に、薄緑だろうか中間色のマンション。塔屋がケヤキの緑の上に顔を出している。駅を背にほんの5分もしない内にマイホームが見える距離にあったのだ。これも重苦しい新たな建造物が建てば見えなくなるのだが……

ケヤキの葉陰に、3つのドームを持った白亜の木造の瀟洒なルネッサンス式の建物があって、その脇にマンションが見える光景も素晴らしいな、と思った。

都市景観は時代時代で変る、というのも止むを得ないところであろうが…… 
守るべきものが守られてそこにある…… 民度の高さの証明だろうな、と。
まあ死んだ子の歳を数えてもしょうがないが。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.