ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年7月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/19 3619 長押し
2020/01/18 3618 息遣い
2020/01/17 3617 心臓部
2020/01/16 3616 膨ら雀
2020/01/15 3615 麺食い

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/07/31(水) 3447 お転婆
令和元年7月31日(水)。7時50分28.3℃。風4.3m/s。予想最高31℃(昨日比+1.9℃)。降水確率10/20。晴れのち曇り。梅雨明け。

80代後半のご婦人の弔辞。型通りだと思っていた予想を大幅に上回るもので、戦中戦後を10代後半の乙女が、如何に明るく大笑いして過ごしてきたかを聞いて、故人を「お姉さん」と呼んでいた従姉妹の仲良しぶりが知れた。

体操系の学校を目指したが夢叶わず服飾系に通ったというが、国体の体操の選手だったという実力は、時代は遡るがNHK大河の「いだてん」に登場した「竹早」に集った良家の子女に重なり、石坂洋二郎の女子群像にも通じるなと。

昔の結婚式で二人揃って“体操”を即席で披露し、アッと言わせて二人で大笑いしたエピソードは、葬式らしさをぶっ飛ばすお転婆振りが会葬者を和ませた。

会食では、1年前に夫に先立たれ、気落ちする母に内心では「生前もっと優しくしてあげたらよかったのに」と思っていた娘さんが、看病、看護するうちに母への理解が深まり、一番濃密な時間を過ごせたと、挨拶していた。

この二人の弔辞と挨拶。満90歳の人生を朗らかに語り尽くしたなと。
和尚さんが言っていたが「上から目線で『ご冥福を祈る』ではなしに、『ありがとう』と、お見送りするのがフツーになってきた」ということは素晴らしいことだと思う。
供花の花束。「ランが入っている方が長持ちするのよ」。朗らかに抜かりなく。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.