ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年11月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2021/01/23 3989 趣味人
2021/01/22 3988 雨降り
2021/01/21 3987 幅寄せ
2021/01/20 3986 地吹雪
2021/01/19 3985 警報中

直接移動: 20211 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2020/11/25(水) 3930 青い光
令和2年11月25日(水)。10時00分℃。降水量0.0mm/h。風向・南東。風速3.4m/s。晴れ。日照時間38分。積雪深0cm。

この写真は11月15日(日)、秋田カントリー倶楽部4番ホールで9時07分撮影。地点は緯度140.071°、経度39.726°。

青い光は何者だ!! まだメカニズムの模式図にお目にかかってないが、多分こうだと確信を持つまでアップできないと思っていた。10日ほど躊躇っていた。当初はマジに金星が写り込んだんじゃないかと……

上記の経度・緯度を打ち込んだ国立天文台の11月15日午前9時の「今日の星空」によると、太陽と惑星の位置は太陽の右上の近いところに水星、次に金星があって、新月の月は少し太陽にかぶさる位置にある。金星の位置はまさにそこで明るさの等級は−4.0……

もちろん太陽が明かる過ぎて、惑星および月は見えないはず……

それが逆光で浮かび上がった!? 何の事は無い。ネットによるとレンズゴーストらしい。レンズの構造上発生する不可避な物理現象とか。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」と違い、実体が無い所に光が写るのでゴースト。昨年の11月23日にも同じ場所で同じ現象がアップされている。その時は金星が地上に落ちていた。もっと早く気づけよ!! 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.