ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年2月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/20 3651 部屋着
2020/02/19 3650 相手先
2020/02/18 3649 潜在的
2020/02/17 3648 透明感
2020/02/16 3647 煮込み

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2020/02/04(火) 3635 警戒心
令和2年2月4日(火)。11時20分0.1℃。降水量0.0mm/h。風向・北。風速5.3m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

出勤前の和む光景です。いわゆる膨ら雀が枝に太陽方向に向きをとり、思いっきり胸の毛を膨らませている。首をすくめ胴体に埋まった姿がなんとも愛らしい。

窓枠に収まった隣家の木々に列をなして止っています。でも、警戒心が半端ない。このあたりが限界か…… これ以上近づくと、中でも一番警戒センサーが鋭敏な1羽が危険を察知、パタパタと少し上の枝に移動すると……

全体が一気に飛び立つことはなく、そいつを中心に同心円状で内側から1羽また1羽と上へ上へと…… さらに窓に近づくと一斉に……

警戒心が強く、人に懐く野鳥ではない、といわれるがまさにそうだな、と。窓を開けてのシャッターチャンスは絶対ないでしょう。こちら側は網戸の定位置だけど、ガラス越しに撮るために左側に寄せています。

「我と来て遊べや親のない雀」の一茶の句がいつも口をつく。慈しみに満ちた一茶ワールドの子雀は人懐っこいのか…… こんないちゃもんは身も蓋もないか。

あんな愛らしい姿に懐かれたらメロメロになるだろうなと思うが…… 
警戒心のバリアがバリバリに巡らされている。生きる術なのだな、と。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.