ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/12 5225 荒療治
2024/06/11 5224 離発着
2024/06/10 5223 関節痛
2024/06/09 5222 胡月池
2024/06/08 5221 水曜日

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2022/10/13(木) 4617 茶漬け
令和4年10月13日(木)。10時30分11.8℃。降水量0.0mm/h。風向・東南東。風速1.6m/s。曇り。日照時間1分。積雪深…cm。

「今朝から新米よ」。昨日の事です。「咲き誇ったか!!」と私。今シーズンから本格流通する県産の新銘柄のサキホコレが手に入って食卓に出て来たのか!! 驚きと期待の反応だったのですが……

予約でも今月末の出回り。我が家は無手勝流。いつ口に入るやら。

新米を食べる時は威儀を正したくなります。一時、代掻きのお手伝いをして友人の苦労、手間暇を知る機会を得たこともあり、自然に向き合い誠実にコメ作りに励むお百姓さんに自然と頭が下がるのです。

彼には「農業は未来産業だ」と言い続けています。混乱の時代の今だからこそ、との思いも強くしています。

「水を減らし過ぎて硬いかも」。いやいや何も何も、新米の旨さは格別です。もう一つの主役はアミッコ煮。やっと白いごはんとの遭遇です。それも新米。どう食べる?? アミッコの小鉢にごはんを投入です。

納豆の小鉢にもごはん投入。アミッコ、納豆ごはんに続き、最後は塩ジャケをほぐしてお茶漬けで〆。アミッコごはんは季節限定で、納豆ごはん、お茶漬けは毎朝。旅先のビュッフェでは見せられない光景かも。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.