ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年5月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/14 5257 姉御肌
2024/07/13 5256 最新刊
2024/07/12 5255 隅切り
2024/07/11 5254 持ち駒
2024/07/10 5253 海鮮丼

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2022/05/27(金) 4478 必殺技
令和4年5月27日(金)。10時30分17.7℃。降水量3.5mm/h。
風向・南東。風速2.6m/s。雨。日照時間0分。積雪深…cm。

このラティスフェンス。フェアウエーの芝生が芝刈機の往復できれいな帯を描いて、グリーンは品種の違う洋芝でフェアウエーより豊かな緑。わずかな年数だったけれど、素晴らしい写真にも写り込んでいた。

ほぼ20数年も昔の庭の姿ですが、そんな時代から健気に……

なぜラティスフェンスかと言うと、成功した芝の下にはコガネムシが卵を産んで、幼虫が芝生の下に蠢く。それが大好物のカラスが何羽も飛来して芝生を掘り起こす。それを防ぐ手立てが……

芝生の上空にテグスを張ってエアートラップで防御する…… そのための支柱が必要だったのだ。ラティスフェンスは屏風のように蝶番で結ばれ、直角に曲がったところに支柱を設け、テグスの起点としたのだ。

良く持つわ。長持ちの秘訣は数年おきの塗装、と思っている。これだけ長年月だと額縁の中の格子の板が乾燥で縮んでくる。縦横が同じ比率で縮んでいたとして、長辺の縮み方が見た目では大きくなる。

そのため縁に届かなくなった格子板が風雪で外れてしまう。最古のラティスフェンスを補強中です。庭師の必殺技の男結びを活用です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.