ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/06/27 4509 馬車馬
2022/06/26 4508 八分目
2022/06/25 4507 目盛り
2022/06/24 4506 認知症
2022/06/23 4505 丸漬け

直接移動: 20226 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2022/06/05(日) 4487 強張り
令和4年6月5日(日)。6時40分12.1℃。降水量0.0mm/h。風向・北。風速1.2m/s。曇り。日照時間0分。積雪深…cm。

毎年春を迎え、草どもが思い思いに伸び始めると、決まって刈払機、芝刈機が越冬した体が、目覚めてくれるかどうか気になった。

刈払機の場合、つい数年前までは、エンジン部分を十分に日光浴させるなど、温めることなしに始動紐を引っ張ったもんだから、必ずと言っていい程、どっかで引っかかりが起こり、それ以上引けなくなっていた。

それも十分陽に当てて暖かくすれば始動することを知った。

芝刈機については、そのような越冬後の強張りは一切なく、数回の始動紐を引っ張ることによって軽快なエンジン音を響かせるのだった。

そんなこんなで、この両機械とも、たまにエンジンオイルを追加するものの、全くと言っていい程メンテナンスフリーで10数年が経過した。全く日本のモノづくりには敬服いたします。

まあ使用頻度から言えば刈払機は月に3回程度、使用時間は2時間ほど。芝刈機にいたっては月に2回あるかどうかで、連続運転時間は1時間半ほど。一般の作業所やゴルフ場のように連日、5〜6時間の連続運転とは違う訳で…… まあアマチュアなので大満足です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.