ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/06/27 4509 馬車馬
2022/06/26 4508 八分目
2022/06/25 4507 目盛り
2022/06/24 4506 認知症
2022/06/23 4505 丸漬け

直接移動: 20226 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2022/06/17(金) 4499 穏便に
令和4年6月17日(金)。10時00分18.8℃。降水量0.0mm/h。風向・西南西。風速5.2m/s。曇り。日照時間0分。積雪深…cm。

「行政の無謬性」でネットで検索すると「ある政策を成功させる責任を負った当事者の組織は、その政策が失敗したときのことを考えたり議論したりしてはいけない」という信念。我が国に根強く存在する」。

ただの“信念”だったのか、と異議を挟みたくなるが後段はそうだなと。

行政に近い所の士業の方々は、行政の無謬性についてはかなり動かしがたい“モンスター”ととらえる向きも多いかと。楯突くとどんなしっぺ返しが…… などと負の連鎖を恐れるあまり「ごもっともです」と引き下がるのが上策と思う方もいらっしゃるかと。

なるべく波風は立てずに、穏便に済ませることができるなら穏便に。

今回地方法務局に「恐れながら」と申立てたのは、素人なら素人らしく真っ向勝負。という「無謬性」は恐れるに足りずと正面突破だった。

申立ては5月。昨日夕方、地方法務局の担当登記官から「地図訂正、地積更正の手続きが全て終了しました」と連絡が。「利害関係人の3人から異議なしの返事を頂いた」と。丁寧、迅速な対応に厚くお礼を申し上げました。無謬性!? 誰にも間違いはあります。

2022/06/16(木) 4498 白詰草
令和4年6月16日(金)。10時20分20.2℃。降水量0.0mm/h。風向・南西。風速7.1m/s。曇り。日照時間0分。積雪深…cm。

新屋に住むようになって20数年になる。庭は一時期、ゴルフ場かと思わせるぐらいきれいに育った時期もあったのですが今はこんなもん。芝生が綺麗だった時期には勿論、シロツメクサの群生などは無かった。

今現在、シロツメクサの群生が6〜7カ所はあろうか……

まだ一面に広がる恐れはまだまだかと。それにシロツメクサの根絶は意外と簡単だと思っている私がいます。刈払機で上っ面を刈っても、刈り圧にも強く、すぐに再生するのでこれでは太刀打ちは出来ません。

根絶のためには返しの付いた道具を、ぶすぶすと砂に突込んで匍匐茎を引っかけて抜くのがてきめんです。それは単純作業で、根気がいるのですが、匍匐茎がズルズルとこれでもか、と繋がって抜けて来るのが快感です。

ここは刈払機で2週間前に刈ったばかりで、ほとんど元の木阿弥。

週末は本腰を入れて、匍匐茎と対峙しようと思っています。昔、子供の頃シロツメクサで王冠を作ってもらったような記憶が…… 随分太かったような思い出がありますが、この分量では無理でしょうね……

2022/06/15(水) 4497 保険金
令和4年6月15日(金)。10時40分20.7℃。降水量0.0mm/h。風向・東南東。風速8.9m/s。曇り。日照時間0分。積雪深…cm。

4月18日の事故現場です。下についている3本のポール状のガードレールに独り相撲を挑んで、あえなくぶん投げられたわけですが……

別の車線の車に当たらなかったのが不幸中の幸いだったかと。

私の車は左側ドア2枚替えに塗装などで20万程の出費。この県道を管理している地域振興局に対する損害賠償額は如何ほどかは分からず終いだが、これについては保険金で賄われた。

「犯人は犯行現場に現れる」がデカものでは鉄板らしいが、何となく気になるもので事故現場を訪れると……

事故の翌日などは、ひしゃげたポールなどを見るにつけ、事故直後の胸苦しさと言うか、不愉快な圧迫感に襲われて、目を背けたりしたが…… いつしか曲がったポールは取り払われ、治ったような感じに。

見た感じは、どうも新品ではないなという、不消化な感じがしないではない。新品に替えたがもう既に誰かが事故って、キャップ部分がひしゃげてしまったのか…… 機能さえ復活すれば新品である必要はないのか…… 何かがくすぶっています。

2022/06/14(火) 4496 一本毛
令和4年6月14日(火)。11時10分24.9℃。降水量0.0mm/h。風向・東南東。風速7.0m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深…cm。

まだニッコウヒバの冬囲いを解いていません。今現在、活発な新芽活動が見える黄緑色の葉っぱがある一方、一冬を過ごしたベテランの葉っぱまで、一様に窮屈そうにして縮こまっています。

ネットを紐で絞り上げているが、それを緩めれば相当楽になるかと。

でも「しないのはなぜか……」。開放すると枝が前にどんどんせり出してきて、雨が降った日にゃ〜〜 私の頭を撫でるぐらいになるのです。

ニッコウヒバは、枝が出る部位がどんどん上がって行くのが特徴。従ってどんどん頭でっかちになるのだが、それだからと言って枝を刈り過ぎると木自体が死んでしまう。その加減が重要。既に何本か枯らした。

近所のオジサンがすべての木を磯野浪平さんの一本毛か、バオバブの並木のように仕立てているのが理想か…… 少し自然の摂理に反するような、アブノーマルな樹形が最高だと思っているのです。

このまま防雪網で緊縛しつつ、頂点の辺りで葉が茂るような一本仕立てになればいいなと思っているのです。もう少ししたら緊縛の紐を緩めて、ある程度刈り込もうとは思っています。

2022/06/13(月) 4495 脱衣場
令和4年6月13日(月)。9時50分…℃。降水量0.0mm/h。風向・西。風速6.1m/s。曇り。日照時間15分。積雪深…cm。

万歩計に人生を乗っ取られたくないな、と思い続けている私ですが、なんか万歩計の囚われ人になりつつあるように感じます。たかが万歩計ですがされど万歩計です。

昨日、ラウンド後の自宅。たしかにウオークインクローゼットでズボンをはき替えた際、その辺に万歩計を置いたハズなのになぜかない。そしてクローゼットに入る度に、そこら辺を探し回って…… 計20回も。
 
同じ所を探して突然ひょっこり顔を出す訳でもないのに……

初代の万歩計はこれです。この万歩計も波瀾万丈で、洗濯機で水難にあったり、何カ月かはめったに履かないズボンのポケットにお隠れになって姿を消したり、様々ありました。

今回は初代がお隠れになった間に購入した、もっと小ぶりの万歩計がなぜかお隠れになって……

ゴルフ場の風呂場の脱衣場にあるかと…… ポケットに入れていても邪魔にならないしスウェーデン国旗のタグがあしらわれているのですが、その配色がウクライナ国旗と同じで、すごく気に入っているのです。

2022/06/12(日) 4494 息切れ
令和4年6月12日(日)。13時30分23.9℃。降水量0.0mm/h。風向・北西。風速7.1m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深…cm。

月曜1,136歩、火3,704歩、水1,736歩、木1,306歩、金1,626歩計9,508歩。平均1,901歩。但し昨日はラウンドだったので1万歩超。

家事や銀行回りの女房は平均で3,000歩は毎日クリアしている。

それに比べると私は絶対的に「二足歩行してないな!!」。それで何に悪影響を及ぼすかは身に染みて最近分かり始めています。ラウンド中にドライバーが脇の林などに行った場合、足が重くなるのだ。

息切れは普通だし、足を前に出すのさえ2〜3キロの砂袋を足に装着して歩くぐらい、一歩一歩の足の運びが重くなる。しまいにゃ予備のクラブをステッキ代わりについて歩くぐらい……

これはゆゆしき状態です。ストレッチ、筋トレは継続できるのに、二足歩行訓練はなぜかないがしろに…… 二足歩行。人間がケダモノとの分水嶺になる二足歩行を手に入れたにしても、私らの年代にとっては二足歩行が所与のものとして与えられていないことを知るべきなのだ。

例えば実家の跡に車を置いて小一時間、ガキの頃の思い出の地を歩くなりしなきゃならないなと。最低でも3,000歩。当面の目標です。

2022/06/11(土) 4493 ご照会
令和4年6月11日(土)。6時30分17.6℃。降水量0.0mm/h。風向・南東。風速0.7m/s。晴れ。日照時間13分。積雪深…cm。

我が家に6月3日に「境界の確認につて(ご照会)」なる書類が秋田地方法務局から郵送されてきた。それは私が同局に対して5月23日に行った「申出」に対して、異議があるかどうかを確認するものだった。

先日も触れましたが、我が家と隣の畑の土地の境界について、直線が交差するのではなくクランク型になっている個所があって、そのクランクの形状が現況と著しく違うので、いかがなものか、と「申出」たのだ。

それには女房を助手にして境界杭の写真を撮った図面を添付した。

レスポンスは素早かった。平成元年の測量図、家の配置図などの図面、土留めのコンクリート壁の存在等動かぬ証拠を羅列したのだ。

私も宅建主任者であり、公認の不動産コンサルタント。専門の家屋調査士さんや仲間とも何がベストかを、何度も相談していた。

結局は「恐れながら」と、直接お上に申し立てるべきとの結論に達したのだった。それが5月23日。翌週には現地調査に入る迅速さ…… お上は誤りを認めないし対応も遅いよ、を真っ向から裏切るスピードだったのです。良い意味で見事に期待を裏切ったのです

2022/06/10(金) 4492 着替え
令和4年6月10日(金)。10時30分22.4℃。降水量0.0mm/h。風向・西南西。風速4.3m/s。晴れ。日照時間59分。積雪深…cm。

水曜日の作業着デイは絶賛進行中です。そこに今シーズンから加わった練習場通いをどう組み入れるか。作業着のまま練習場に向かうについては少し違うかな、と。確かに作業中は暇な現場監督クラスの皆様が熱心にクラブを振るう姿は多いが……

いつもスーツ、ネクタイ姿で通う私としては、ヤツし過ぎるかなと。

せめてゴルフウエアぐらいは着込んでいきたいものだと。それがゴルファーとしての矜持であるのかな、と。そんなこんなで、作業着デイには着替えのゴルフウエアを持参で行きます。面倒至極ではあるのですが……

先日の作業着デイ。枯れて白い骸を晒すサツキの周りに茜色の花。

びっくりしました。サツキも終わったと思っていた6月におそおそと。骸のサツキについては白い花のような気がしていたが…… 白い骸と茜色の花を持つサツキとをDNA鑑定すれば親子関係など分かろうが……

白い白骨体については、切り倒さずにオブジェのように見守ってきたのですが…… その甲斐があったというべきでしょうか。それにしてもしぶといです。10年もすれば立派に育って茜色を満載にするのでしょうか。

2022/06/09(木) 4491 間引き
令和4年6月9日(木)。10時30分19.8℃。降水量0.0mm/h。風向・西。風速5.0m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深…cm。

昨日の朝は、ビオラに水遣りをして、こんがらがった花茎などを指先で梳いたりしていた。で、今朝になって花鉢が夏の花に衣替えしていたことに気付いたのだった。

で、いつの間に…… 昨日は草引きをし、いったん戻って練習場へ。

ほぼ午後は留守にしていたので、留守の間に衣替えしたのでしょう。幟旗を入れる際など、花鉢に目が行くはずなのだが、それどころではなかったか。なぜならかなり疲れていて、注意も散漫だったので……

隣の古書店さんはウイークデイの営業を中止し、土日、祭日の営業に間引き営業している。花鉢の管理をしている町内会長さんは私に「水遣りはどうしているのかな? 」と尋ねるものだから「一つも二つも一緒だから、ついでに私が毎日水遣りしているよ」。

それに安心して、目出度く古書店前の花鉢の継続が決まりました。

作業を見ていればこの花は何、などと聞くこともできたが…… なぜか不思議です。隣の花鉢がきれいに見えるのはなぜでしょう。「隣の芝生は青い」。さもしいことですがまさにそんな気にさせられています。

2022/06/08(水) 4490 疲労感
令和4年6月8日(水)。10時00分19.6℃。降水量0.0mm/h。風向・南東。風速6.2m/s。晴れ。日照時間60分。積雪深…cm。

先週の土曜の野良仕事の最終段階に到達したタイミングです。いわゆるラッピング作業です。芝刈機の刃先を研磨する作業で、この機械がお役御免となって小屋に収納される一歩手前の段階です。

長靴の足が投げ出された足元。お尻を着いて疲労感が満載です。

夕闇が迫るには程遠い4時台。もっと若かった時は薄暗がりになる頃にラッピング作業に入り、その作業中にはこれから一風呂浴びて飲むキンキンに冷えたビールは本当に旨いだろうな、と舌なめずりしていた。

刈払機の作業は早めに終えて芝刈もそこそこ。そして刃の研磨……

最後のハードルの研磨は、ある意味芝管理の集大成。ここに移行する楽しみもあった訳ですが、今は単なる苦行というか……  機械の片方を中腰になってエイヤッと持ち上げて、木をあてがう作業が年々きつくなって来たというか、腰に負担が……

次は1週間後になるでしょうが、今やらないでいつやるの!?
老骨に鞭打ってという感じでしょうか。で、この芝刈機は元気です。
まだまだ健康寿命を保っているようです。負けてられないな!!!!

6月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.