ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年8月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/25 5297 妖怪話
2024/05/24 5206 値頃感
2024/05/23 5205 射撃用
2024/05/22 5204 手緩い
2024/05/21 5203 両手鍋

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2022/08/10(水) 4553 欄間額
令和4年8月10日(水)。10時40分26.3℃。降水量1.0mm/h。風向・南南西。風速6.0m/s。雨。日照時間0分。積雪深…cm。

実家の床の間付きの8畳間に扁額(欄間額)があって「還飛鳥嵐夕」の5文字が書かれていた。子供の頃、父だか姉だかに聞くと「夕べの嵐、鳥飛び還る」。当たり前過ぎて、肩透かしにあったようだった。

何かもっと深淵な意味があるのかどうか知らないが……

嵐の夜が明けて風になびいた木々や折れた枝がスカスカになって不自然さを晒している。そして不穏な静寂の中、鳥どもが無暗に通る鳴き声を響かせて飛び去って行く……

嵐の後、空虚な感じがした時によくこの扁額を思い出す。最近の前線の停滞による雨の嵐……時折強風も…… 隣のプランターが多分、風に煽られて我が庭に落下していた。

塀より少し低い所にあったプランターが土の部分を起点に茎の部分が倒れ込み、我が庭に着地したのは茎の先端部分で、次の瞬間、茎を起点にデングリ返った…… そうでもないと塀とプランターの土部分の距離感の説明がつかない。

鳥だったら自前の翼で、巣に戻ることができるが…… 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.