ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2023年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2023/01/26 4722 素人芸
2023/01/25 4721 水抜き
2023/01/24 4720 丸見え
2023/01/23 4719 下取り
2023/01/22 4718 正月腹

直接移動: 20231 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2023/01/16(月) 4712 荒れ肌
令和5年1月16日(月)。10時30分2.4℃。降水量0.0mm/h。
風向・北北西。風速1.6m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

秋冬に好んで履くブーツです。暖かくなり履かなくなった頃合いにミンクオイルを塗ってしまい込めば、コンディション維持に最適なのですが、履かなくなるタイミングがはっきりしなくてつい……

いつもの通りシーズンが始まってから慌ててミンクオイルで手入れです。

そのお蔭でしょうか、確実に4半世紀は持っています。もしかしたら30年選手かもしれません。購入先は地元デパート名を残した「ほんきん西武」に出店していた「トミー・ヒルフィガー」で購入した。多分……

ブーツでも靴底は雪国仕様ではない。ある冬、五城目の温泉前のお湯が流れる傾斜で思いっ切りスっ転んだ痛い記憶が。大雪の朝が明けると、除雪が追いつかず足止めを喰らって踏んだり蹴ったりでした。

革製の靴。左右で微妙に違う皮質に泣かされることも……

このブーツは右側がの甲が少し荒れ肌でシワが深くなりつつあります。以前、続けて購入した同じデザインのお気に入りのゴルフシューズ。右側だけがシワが進行して裂けて履けなくなった。その轍を踏まないように手入れが怠れません。騙し騙しです。

2023/01/15(日) 4711 目覚め
令和5年1月15日(日)。9時50分4.5℃。降水量0.0mm/h。
風向・北東。風速0.5m/s。曇り。日照時間31分。積雪深0cm。

とうとう女子高生が主人公の「マンガでわかる量子力学」にまで手を伸ばしてしまった。様々入門書を読んで来たが、それらはいくら易しく書かれていても、所詮、高校物理、化学、数学ぐらいはマスターしているだろう、との前提。

こちとらは理数系にいたけど、成績は超低空飛行。化学は赤点。

化学の先生たるや歩く睡眠導入剤…… 風貌も銀髪でジイサン臭いし、声もボソボソ。板書をするため背中を見せると3秒ぐらいで寝落ちした。目が覚める興味を惹きつける面白化学を言うでなく……

今真っ盛りの興味が、高校時代に目覚めていたら、と残念至極だ。

周期表の読み方のヒントや化学と物理の接点など興味深くて魅力的なエピソードが可愛いいこギャル相手に説かれていて腑に落ちることが度々…… 今は昭和47年初版本の副読本として読んでいます。

その本は都築卓司著の「はたして空間は曲がっているか 誰にもわかる一般相対論」。ブルーバック新書に十数冊の著作がある。47年と言えば大学生。その当時も全然目覚めていなかったのは何ですが。

2023/01/14(土) 4710 玉突き
令和5年1月14日(土)。10時20分5.2℃。降水量1.0mm/h。
風向・南東。風速3.2m/s。曇り。日照時間0分。積雪深0cm。

昨日の最高気温は12℃。1月の最高気温が二日続きで10℃超えは33年ぶり。公共TVでなく地方局の受け売りです。当時、某地方紙のどこにいたかは分かるにしても、記憶に残る暖冬だとかは……

ヤベー!その年の3月。森吉山スキー場で転倒。左膝前十字靭帯剥離骨折で90日間、手術や療養を強いられて一大転機となった。

標高が高いのに暖冬の影響で雪質は非常に悪くシャーベット状……

雪国で通常の3月は春スキーという状況ではないはずなのだが、その時は正に春スキー。エッジに寄せられた重いシャーベットがうねうね。捻挫系や転倒を避けようとする頑張りが靭帯や腱に大きな負担……

内定していた異動は取り消され、玉突きで迷惑をかけるわ…… 
あれから33年!! ゴルフに差し障りはない。

左膝は若干曲がりが悪いが…… 昨日も会社から駅前まで歩いた。年末から散歩を頑張った効果で歩くテンポも速度も力強さも増した。千秋公園のお堀。氷が張っていないし、雪は足元に少しだけ。気の緩みにも気をつけよう。

2023/01/13(金) 4709 鹿狩り
令和5年1月13日(金)。10時10分8.5℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速3.2m/s。晴れ。日照時間22分。積雪深0cm。

昨日の最高気温は11.4℃で4月上旬並み。ほぼ雪は姿を消しました。除雪機などで初期対応した駐車場の隅なんかに寄せられた雪の塊が汚れたまま残っているのが皮肉です。ほっとけば消えたのに。

1月中旬らしく空はどんより。4月上旬はもっと太陽が高くなって明るいのに雪ナシでもそうはいかない。心が晴々しないのは何ですが……

散弾銃を撃ち始めたのは50代のうちにライフルを所持したかったから。散弾銃の所持歴が必要だったのだ。夢は北米大陸での鹿狩り。最低でも北海道のエゾシカ狩り…… もはや夢は破れ果てています。

誕生日のフレンチレストランのジビエ料理は、県内で獲れた鹿肉。

黒ビールで煮込んでいて前処理や細かい料理の手順と、かなり高度な技が随所にあったはず。表面と肉の中心の色の違いが鮮やか。歯応えは豚、牛さんとは全く違っていた。歯応えがあって柔らかい……

大袈裟ですが叶わなかった夢の一端を噛み締めたような…… シェフは31歳。県外で修業し奥さんと4歳を頭に2児。どれだけ密度の濃い人生を歩んで来た!! 私の31歳はまだ東京でウロウロしてた。

2023/01/12(木) 4708 誕生日
令和5年1月11日(木)。10時50分8.7℃。降水量0.0mm/h。
風向・西。風速0.9m/s。曇り。日照時間15分。積雪深0cm。

予想最高気温は10℃。現在8.7℃。驚くべき暖かさで積雪ゼロ。昨夜は女房の誕生祝でフレンチレストランへ。向かう車中は篠突く大雨。それでなくとも減っていた雪は、雨できれいさっぱり無くなるな……

この先、大雪で除排雪が必要な事態が来るのか来ないのか……

レストランのオーナーシェフ。若いこと…… 一心不乱に、楽し気に料理する姿に見惚れていました。1人でサービスまでこなすということで座席数もカウンターとボックス席で10人足らず。精一杯なのです。

予約だけなので午前10時から下準備にかかり、お菓子もパンも手作り。パンは外がカリカリ、パリパリで中が柔らかく糸を引くようにモッチリ。生地自体の甘さが引き立っていた。三種町の幻の豚のローストに彩りは三関のセリ……

彩の野菜は山内のニンジン、ヒロッコなど県産にこだわっている。

予約で誕生日を伝えていたのでデザートはお祝いのプレート。女房も大台に達した。「お若いですね!!」が最高のプレゼントだったか。気に入って3カ月先の私の誕生日も予約しました。

2023/01/11(水) 4707 窯開き
令和5年1月11日(水)。11時20分7.1℃。降水量0.0mm/h。
風向・西。風速5.8m/s。曇り。日照時間11分。積雪深3cm。

只今7.1℃。穏やかです。積雪は3cm。今日中には消えるかと。

鏡開きです。お侍さんの文化に発する催しで、刃物で切るなんぞはとんでもないことらしい。そして年神様の依り代なので鏡餅を食べないと御利益にもあやかれなくなるそうだ。我が家はパック入りの鏡餅…… あやふやですが食べた記憶がない……

武芸の稽古初めに合わせて鏡開きをすることが多いようだが、女房達の陶芸も今日初稽古。鏡開きならぬ窯開きをするのだろうか…… 

そんなことで女房は出社しません。年末年始の休暇中に来たメールの返信を女房にしてもらったので、女房のパソコンとにらめっこです。メール問い合わせに返信をしても、それへの再応答がほとんどないのがナンともですが……

そのうちの1通のメールから電話での連絡があり、成約しました。

鏡開きの日に成約になるのは目出度いことだと思います。初仕事になります。干支はウサギ。飛躍の年にしたいものです。ウサギが背負っているものは!? 斧であるとつい最近知りました。誰の斧だろう……

2023/01/10(火) 4706 日の丸
令和5年1月10日(金)。11時00分0.7℃。降水量0.0mm/h。
風向・北西。風速7.0m/s。晴れ。日照時間41分。積雪深7cm。

私が幼かった昔にと違って、日の丸を掲げる家が無くなったと書いたのはつい一昨日のこと。昨日の散歩で日の丸を掲げているお宅を1軒見つけました。一瞬、元日から掲げっ放しで何とルーズなこと!!

私の頭がルーズでした。昨日は成人の日で“旗日”だったのです。

旗日と言えば誰が日の丸を掲げるか、それぞれの家ではそれなりのしきたりがあったと思いますが…… それも薄れていた頃の我が家では、何でもやりたがりの末っ子の私がシャシャリ出て、竿先の飾り玉(=国旗球)を壊したり……

金色をメッキした(=塗装した)ガラス玉は如何にも脆くて……

毎日のウォーカーは目先を変えるというか、先日はここまで来たから今度はあちらとか。コースを時計回りにしたり逆時計回りにしたり……

日の丸を掲げた家を定点観測していたわけではないので、元日の様子は未確認です。多分、しっかりしたお宅で、元日に掲げ、旗日の成人の日に合わせてまた掲揚ということだったと思います。見習いたいものです。昨日のランチです。今日から仕事始めです。

2023/01/09(月) 4705 逆戻り
令和5年1月9日(月)。10時00分1.4℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速3.0m/s。雪。日照時間0分。積雪深2cm。

ジョギングをする人をジョガー、散歩する人は英語でウォーカー。散歩中に男女のジョガーと遭遇する。そして散歩する人とも行き交う。散歩する人というのもいちいち面倒臭い。ウォーカーを今後使おうかと。

シルクハットに手を当て、ステッキを小脇に挟んで歩む紳士のラベル。

御存知、スコッチのジョニーウォーカー。手が届かない高級酒の時代から歩く人というイメージを持っていた。盛装が日常的な散歩スタイルなのか 流石!! と奉っていた。創業者の名前とは露知らず……

ジョガーはシューズからしてしっかりランナーモード。ウォーカーはとジョガー並みの正装もいればお茶の間から外套を羽織っただけの長靴も。

一昨日シュッとした若手ウォーカーに追い越された。競ってないので見送ったら別の所でまた会った。翌日の私のルートにためらいなく……

その道には周回道路になっていて「通り抜けできません」という看板。彼は抜け道(=獣道であっても)を熟知しているから歩を緩めず入ったと思った。前日の足跡を追ったが途切れました。私は長靴派。獣道も何のその!! とは思ったが無理は禁物です。無念の逆戻り。

2023/01/08(日) 4704 町歩き
令和5年1月8日(日)。9時40分0.5℃。降水量0.0mm/h。
風向・東南東。風速0.7m/s。曇り。日照時間2分。積雪深4cm。

暮れから始めた運動不足の解消のための散歩。始めた頃は我が家が島状の立地であるため“本土”へ通じる幾つかの橋を通過点に、歩数を稼ぐため歩け!歩け!だったが、最近は目的地を作っている。

ここら辺の昔は、道路に家が建ち並ぶだけのどこにでもある近郊風景で、背後には日本海の海風を凌ぐ松林があり、その間は果樹園や畑で(=多分)、小学生頃にはなべっこ遠足に適した砂山も広かった。

今はその緩い斜面は開発が進み、新しい住宅街となっている。
 
そんなところに名所旧跡がある訳も無し、そこを散歩道にするということ、そして街並みや、一軒一軒の面構えを見ながら歩くことは街歩きなのか、町歩きなのか……

古びて洒落た都会的な雰囲気があれば街歩きで良いだろうが……

正月にかけて何日も家々、会社前を見たが門松は見なかった。それに日の丸の掲揚も皆無だった。家々の玄関先のしめ飾りも少ない。私の知る昔の正月は華やかだった。日章旗が翻っていたのだ。外見は正月が日常に埋没している。家の中は華やいでいるだろうか……

2023/01/07(土) 4703 一草粥
令和5年1月7日(土)。10時00分2.5℃。降水量0.0mm/h。
風向・南東。風速2.5m/s。晴れ。日照時間27分。積雪深6cm。

昨年の1月7日にも食べていました。その当時は絶賛!!帯状疱疹で活力が低下していた私。「病人食かよ!!」などとボケをかます余力はあったようですが…… 正月の胃を労わる七草粥のことです。

我が家の場合は七草ならぬ一草粥が定番のようです。

スーパーには手軽に七草粥を食べられるようにパック詰めの七草がある。ただ季節限定、お目出度いモノとなるとそこそこ値段が張る。我が家では有り合わせの野菜、それも一草で十分というスタンスです。

昨年はスズシロ、すなわちダイコンッ葉でした。年末に買った葉付きダイコンの食品ロス対策でした。今年はお雑煮の彩の残りのセリでした。

法律を勉強し始めた頃、有印私文書偽造罪のところで“有合印”なるモノが出て来て意味が分からず、読み方も“ゆうごういん”で良いのだろうか、と悩んでいた。ゼミでとある人が「有り合わせ印」と読んで氷解した思い出があります。少々脱線しました。

もとえ我が家にはまだ有合餅があったはず。実家では餅入り七草粥を食べる習慣があったと話していますが…… 未だに食卓に上りません。

1月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.