性愛王ナギティーのナンパ日和
オシャレで可愛い眼鏡っ子と金髪タソを街で見かけるとwktkしてしまう今日この頃
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年5月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/02 補足
2019/08/01 夏コミの前に
2019/07/20 参◯院選前日
2019/04/07 桜前線北上中
2019/04/06 何だこの展開は(たきあせ

直接移動: 20198 7 4 3 2 1 月  201812 11 9 8 7 6 5 4 1 月  201711 10 9 8 5 3 2 月  201612 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 月 

2014/05/03(土) ありがとうございました
御存知の方々もいるしクソログ閲覧者で来てくださった方々もいらっしゃいます
GWは妻がライブをしました
濡れは機材運びを手伝い千秋楽の打ち上げに参加しただけでライブ本番は全く見てませんがwww

歌唱力よりもギターテクニックを絶賛してくれるメールがよく着ます

濡れは音楽のことはよく分かりません
濡れにはXが流行った理由も神聖うんたらかんちゃらに熱狂的なファンがいる理由も理屈的には分からんでもないですが感覚的には分かりません
妻は女とは思えない速弾きとタッピングは凄いんでしょうね?
本当はテクじゃなくてルックスのお陰で評価されてんじゃねーの?
と妻と二人して疑問に思ってます

妻はライブも楽しいらしいしお客様がそれなりに来てくれるからお小遣いが増えて喜んでる一方で複雑な気分みたいです(たきあせ

まぁ1年半〜2年に1度ぐらいのペースで妻はライブをやってますが皆さん、これからも宜しくお願いします

プロのミュージシャンじゃねーんだから楽しくやってりゃいいじゃん

詞も曲も書けないくせして他人の真似事のカラオケごときで高得点出したり
訳分からん音ゲーで高得点出して
僕ちゃん音楽センスあるー
なんてクルクルパーなこと言ってる53より良いと思います
もちろん太鼓ゲームも含まれますよんwwwwwwwww

カラオケや音ゲーって本当に悪い意味で日本的だと思います
ハイ














さて本題www
ここは妻の宣伝用ブログでもサッカーブログでもないwww
濡れは濡れ
妻は妻だからな

濡れは今年のGWは日本でおとなしくしてました
なんだかんだ忙しかったんでゆっくりしたかったんです

といっても人気なさそうな美術展に色々と行きました
人気あるとこは始まってすぐに行きます
最初の頃はよほどでない限り空いてますから最初が狙い目なんですよ

つーことでGWなのにガラガラの美術展で英気を養ってきました




さてちょっと話は変わり
現在、西関東(西関東って何ソレ?w)の某美術館で行われてる展示について最近よく聞かれます

美術好きを入門者、初級者、中級者、上級者、最上級者(セミプロ以上)に分けたとすると初級者、最上級者にはお勧めしますが、というより上級者以上は絶対に見てる展示でしょうがw
中級者、上級者には本当はお勧めできません

濡れもとっくに行ってますがあんなに鑑賞者が鑑賞中、若しくは鑑賞後にぐったりと疲れ切ってる美術展は久しぶりにみましたよwwwwww

濡れはもっとヤバい展示を沢山見てきてるし
切り替えられるスイッチを持ってるので鑑賞後も全く影響無いし普通にジャンクフードも肉もモリモリ食べれますが
一週間肉が食えなくなったとか今だにトラウマになってるという人達が続出してるみたいですwww

そりゃあそうでしょ?
絵画作品は作家そのものであり魂が宿ってます
この作家さんは命を削りながら作品制作をしてました
幸せな環境では芸術は産み出せないと若気の至り?で思い詰めて恋人をふるぐらいの人です
金銭的にもギリギリに追い込み稼ぎの多くを「金銭的には不自由してない実家」に仕送ってたぐらいの人です

不謹慎な言い方をすればそのストイックさのお陰で永遠の命を手に入れたとも言えるんでしょうが…

現在その作家さんの作品を購入しようとしたら1千万円は覚悟して下さい


普通の作品のわけないでしょ?


展示場内で頭抱えてる人やぐったりしてる人や泣いてる人を何人も見ました
隣にいた70歳ぐらいのおばあちゃんは「もう耐えられない…疲れた…限界だ…」とブツブツ言いながらフラフラで歩いてました
まだ半分も見てないのに大丈夫か?と作品より気になってしまった(げきあせ



切り替えられるスイッチを持ってない普通の人は覚悟の上で観に行って下さい
実際に濡れは何ともないし
もう何度も生で観てる作品だしね


ただし美術や絵を語る上では避けては通れない作家です

あの作品を見ずして
絵は何たらかんたらとかアニメやマンガは文化だとか芸術だとか
軽々しく「絵師」なんて言葉を使いようもんなら…


俺が天に変わってお仕置きをします







iPhoneから送信


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.