性愛王ナギティーのナンパ日和
オシャレで可愛い眼鏡っ子と金髪タソを街で見かけるとwktkしてしまう今日この頃
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年1月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2019/08/02 補足
2019/08/01 夏コミの前に
2019/07/20 参◯院選前日
2019/04/07 桜前線北上中
2019/04/06 何だこの展開は(たきあせ

直接移動: 20198 7 4 3 2 1 月  201812 11 9 8 7 6 5 4 1 月  201711 10 9 8 5 3 2 月  201612 11 10 9 8 7 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 月 

2015/01/07(水) 続き
MOMの方は個人的にはザキオカを推したいです
次点にはこれも個人的にはだが酒◯を推したい

つーかこの試合で悪かったのは清◯だけですよ
W杯の頃からなんだが清◯はもう代表辞退してくれねーかな?
守備も糞だしパスも成功せず逆起点となってる
一番腹立つのはシュートを打つ気配が全く無いからDFに読まれまくってるし全く恐さがない
何なんだ?テメーは
アギー◯がもし続投だった時はもう呼ばないで欲しい
つーか次の試合から出すな

酒◯より長◯の方が良かった?
一見そう見えるしその意見に反論するつもりはありません


濡れがヨルダ◯戦の酒◯を評価する理由はいくつかある

まずヨルダ◯戦は勝たなければいけない試合ではなくて負けてはならない試合だったこと
よって両サイド共に攻める必要は無い
実際この試合で酒◯は何度もピンチになる芽を摘んでいたしピンチを防いでもいた

次に△がこの試合は中央でプレーしたがっていた
相手の3番(右CB)が穴だったので日本は左サイドを徹底的に攻撃していた
これはもしかしたらスカウティングに寄るものかもしれません
ヨルダ◯の他二試合は全く見てないので相手3番が元々能力が足りないのか?たまたまだったのか?は濡れには分からないのでスカウティング寄るものなのか?は不明で濡れの憶測にしか過ぎませんが…
何れにせよ「負けてはならない試合」で両サイドが上がるリスクを負う必要は無いわけで酒◯の攻撃が物足りなかったという酷評は的を得てないと濡れは考えます
守備はかなりしっかりしてましたもん


ザキオカが凄かったのは言うまでも無い
得点こそとれなかったが攻撃に守備に奮闘
クラブでも1トップをやってますがかなり慣れてきた感じがあります
彼には頭が下がります
以前、濡れがザキオカはアジア限定と酷評しましたが本当に申し訳ないとつくづく思います


ヨルダ◯は悪い意味で中東らしいチームだった
笑っちゃうぐらいの鹿島プレー
審判も酷いジャッジの連続
それでも快勝出来たのは日本が成長してきてるんだと思います
ピッチの状態が良くて試合前に撒かれた水のお陰でスリッピーになってたのも足元の技術が高い日本には有利に働きました


次のU◯E戦は問題はスタミナだよね
真夏の豪州で中二日は相当キツいです

遠◯も引っ張っちゃったし…
個人的には清◯でなく豊◯を途中出場させて欲しかったです

あと解説者達は香◯の調子が良いとか言ってますが濡れには全くそうとは思えません
絶好調時の半分くらいだと思います
パス精度もまだ低いし彼のファーストトラップはもっと良いとこに置けますよ

これからの試合のポイントはもっと香◯の状態が良くなること
清◯を使わないこと
そして何度も書きますが今大会の日本にとってはかなり不利な日程なので最大の敵はスタミナだと思います
UA◯に勝って次の試合も相手とは中一日の差があるわけで最後まで体力的にはハンデを背負わされます
それでもW杯でベスト8以上を狙うにはこの試練は越えねばなりません


錦◯と共に豪州でW優勝して欲しいです










iPhoneから送信


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.