サーシャ親父の独りよがり日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年7月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2010/04/21 平安時代以前j
2010/04/13 コスプレ
2010/03/27 ジャズ
2010/03/17 歌垣の王女
2010/03/13 奈良時代以前

直接移動: 20104 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 月 

2009/07/20(月) 言葉のダシ
言葉のダシのとりかた  長田弘

かつおぶしじゃない。
まず言葉をえらぶ。
太くてよく乾いた言葉をえらぶ。
はじめに言葉の表面の
カビをたわしでさっぱりと落とす。
血合いの黒い部分から
言葉を正しく削っていく。
言葉が透きとおってくるまで削る。

次に意味をえらぶ。
厚みのある意味をえらぶ。
鍋に水を入れて強火にかけて
意味をゆっくり沈める。
意味を浮きあがらせないようにして
沸騰寸前サット掬いとる。

それから削った言葉を入れる。
言葉が鍋のなかで踊りだし
言葉のアクがぶくぶく浮いてきたら
掬ってすくって捨てる。
鍋が言葉もろともワッと沸きあがってきたら
火を止めて、あとは
黙って言葉を漉しとるのだ。

言葉の澄んだ奥行きだけがのこるだろう。
それが言葉の一番ダシだ。
言葉の本当の味だ。
だが、まちがえてはいけない
他人の言葉はダイには使えない。
いつでも自分の言葉をつかわねばならない。

*********************************

俺、ちゃんと言葉のダシとってんのかな?????


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.