泉照(杉崎しをり)「店番」日記
水墨画作家「あとりえ泉照」はのんびりですが営業中
http://www.netlaputa.ne.jp/~senshow/
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2021/02/25 YouTube動画
2020/10/14 久しぶりに更新しました。
2020/09/14 絵本「猫から聞いた話」出版しました。2
2020/08/25 絵本「猫から聞いた話」出版しました。
2020/07/22 久しぶりにこちらに書きこみです

直接移動: 20212 月  202010 9 8 7 3 2 1 月  20182 1 月  20179 5 月  20168 月  201511 月  20147 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 2 1 月  201212 11 8 7 6 2 1 月  201111 10 月  20104 3 月  20097 月  20088 7 6 5 4 3 2 1 月  200711 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2005/10/30(日) 天皇賞
今年の天皇賞は「天覧競馬」だそうですね。

天皇陛下初のご観覧とか。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051029i212.htm

で私も、いままで「馬券」というのを買ったことが無かったのですが、今回は買ってみようかな・・・と。笑

ただ・・・馬のことはよくわかんないので、とりあえず枠番4番(ヨン様にあやかって)の馬を2頭買ってみようか・・・・と思っております。

しか〜し・・・ここ横須賀には場外馬券売り場がない。
横浜まで行かねばなりませぬ。

縁起もんなので、とりあえず「一枚だけ」買ってみようと思っているのに、往復の電車賃のほうが「高くつく」って・・・嗚呼・・・(涙)

否!
当たれば、往復運賃なんか軽く出るのです。いってみっか・・・。

で・・・こんなん見つけました。
JRAのHP
http://www.jra.go.jp/baken_guide/index.html

ネットでも馬券って買えるのですね。
知るのが遅くて、今回は入会手続きに間に合いませんでしたが
これで「春の天皇賞」はネットから購入できる!

年に2回の「お楽しみ」。別に入会金もいらないみたいだし。
イギリスではエリザベス女王だって馬券を御買いになるらしいし。
「マイフェアレディ」でオ−ドリ−・へプバ−ンが貴婦人たちと一緒にアスコットで競馬を観覧するシ−ンもありましたし。

場外馬券売り場に行きにくい女性の方にはオススメかも。

ところで・・・
馬券のことを「勝ち馬投票券」というのですね。
「負け馬投票」しないように頑張りたいと思います。苦笑

2005/10/26(水) かかりつけの歯医者さんの奥様から・・・
いただきました。いや実際、開封した瞬間爆笑でした。
彼女の「コレクション」の熱意が伝わってくるといいますか・・・これが「一部」だとすると・・・全部っていったい・・・〔^^;〕

いえ・・・先日かかりつけの歯医者さんの奥さんがヨン様ファンで、偶然奥さんがヘルプで医院の方にいらしてたときに、「あの前歯は怪しい〔インプラント〕ですよね〜」とかって盛りあがっていたのですが・・・・〔ファンなのに、何故か「あらさがし」?爆 っていうか・・・ほら・・・・誰も気がついていなさそうな・・・誰も知らなさそうな彼の事を知りたい・・・というファン心理でございます。ってことで許してヨン様・・・。〕

「四月の雪」を観に行った感想をお手紙したら、今日、お返事のお手紙が・・・。

こんなにもらっちゃって・・・良いんだろうか・・・・〔^^;〕


いや・・・真剣にうれしいです。
大昔、アイドルのシールとかこういう広告にちょっと写ってるようなものやポスターを必死で集めてた事がありましたっけ。笑

ちなみにその時のアイドルは「西城秀樹」と「ピンクレディー」でした。爆爆爆

で・・・おなじように「シール」とか「プロマイド」を集めてる友達と交換したりして・・・・。懐かしい感覚であります。

手紙の末尾に「またお会いしたいです」と書いてくださったんですが・・・虫歯にならないと会えない・・・っていうのは勘弁なので、もう思いきって自宅に伺います。爆

2005/10/25(火) あとりえセンセ−ション!!爆
昨日・・・

お取引のあるプロダクションさんにお電話したときに「『あとりえセンセ−ション』さんですか」と聞き間違えられました。

センセ−ション・・・・・爆

まあわたくしの行くところいつも騒動がなぜか起きるので、「あたらずとも遠からず」でございます。

2005/10/21(金) 干支CD-ROM 発売!
決定版!2006いぬ年年賀状

著者:成美堂出版株式会社|出版社:成美堂出版|発行年月:2005年 11月
サイズ:ムックその他|ISBN:4415101941

本体価格:1,300円(税込:1,365円)

あとりえ泉照からも素材提供しております。
どうぞお役立てください。

2005/10/17(月) アレルギー?風邪?
ここんとこ、頭痛・微熱くしゃみ、鼻水 喉の痛みがとまりません。
連日風邪薬飲みっぱなし・・・。
そういえば昨年も秋からずっと半年くらいこんなかんじで風邪ぐすり飲みっぱなしでした〔;;〕
しかし、こんなに長期にわたって「風邪」ってのも考えにくいので、やっぱり秋の草花の花粉なんでしょうか・・・・。

わたしは御酒は飲めない性質ですが・・・・
風邪ぐすりとかで肝臓やられそうで心配です。

2005/10/14(金) お知らせ
わたくしの所属する『日本文人画府』の常任理事「橋場き樹先生」の作品展が開催されます。

http://www.tttec.co.jp/bunjin/

「墨朋会水墨画総合展」
後援 横浜市教育委員会 横浜市港友会・日本文人画府

11/29から12/4まで
横浜市吉野町市民プラザ2Fギャラリー

10:00から6:00〔初日12:00〜4:00〕
問い合わせ045−243−9261 

ご近所の方是非ご高覧ください。

2005/10/11(火) 雨です。
洗濯ものが乾かなくて・・・・あんぬい・・・。

今日は別段用事もなく「のんびり」です。

ところで今年の春に買った「闘魚」ことBETTA。
かのウィストン・チャーチルも飼っていたというキレイな金魚です。
キノボリウオ科なので、「酸素ぶくぶく」がいらなくて、ほんとに金魚バチの中で手軽に飼えます。

で・・・半年ほど飼っていて・・・
スゴイ「なつく」んですなこれが!!
和金も飼ってますが、そっちは、3年くらいまえ神社の夜店で買ったやつが、巨大化して、『フナ』みたくなってしまってもうかわいくないったらありゃしない・・・〔−−;〕
エサあげるときなんてもう水面にバクバク口あけて寄ってきて・・・怖い。そして普段は知らん顔。水槽に近づくと「イルカ」とかがからかってわざと尾っぽで水をぱしゃ!!っとかけるようなことまでしてくれやがります。

ところが・・・このBETTAくんは、なんとほんとに「なつく」のですね。夜は底のほうでじっとして『寝ます』。
そして朝一緒に起きてわたしが近づくとまるで子犬がしっぽをふるかのように全身をヒラヒラさせます。

そしてエサをあげても、しばらくエサに気がつかないくらい尻尾をふってガラスごしに寄って来る・・・かわいい・・・〔〃 ̄∇ ̄〃〕

これを見ていた主人が「この『なつき方』は怪しい・・・魚にあるまじき『なつき方』だ。キノボリウオってことは・・・こいつは爬虫類に近いのかもしれないな」と申しておりました。確かに、以前近所のおばさんが『カメ』を拾って〔どこかの池から逃げてきたのか、なぜか20センチくらいカメが道路の真中にいた。〕子供らは見向きもしないので、そのおばさんがカメの世話をしていたら、やはり妙になついていて、そのなつく様に・・・酷似。

爬虫類は絶対苦手なのでわたしのかわいい金魚ちゃんに爬虫類の嫌疑をかけるのはやめてほしい・・・〔事実フォルムや色に爬虫類を思わせるものがあるので連想してしまう〜涙〕

しかしこんなに立派な尾ひれがついているではないか!!と気をとりなおして可愛がっております。・・・で・・・いままで「BETTAくん」と呼んでいたんですが、先日楽天ショップのメルマガで、この子の色そっくりの「スペクトラライト」のペンダントの写真を見ました。スペクトラライトとはラブラドライトのなかでひときわブルーの美しい石です。
でいままで「BETTAくん」だったのですが、命名ラブラドライトの『ラブ』をとって「ラブ」ちゃん。
ほんとに泳ぐ宝石みたいです。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
干支素材・カレンダー用画像素材販売用につけたFC2のカートが
いきなりダウンしました。〔;;〕こないだはネットラピュタ・・・
今回はFC2・・・サーバーダウン多いなぁ・・・・

2005/10/10(月) 体育の日 でもぜんぜん関係ないです
外は雨。
晴れてても「体育の日」・・・我が家にはほとんど関係ないです〔^^;〕

ところで『四月の雪』・・・・・
見てきた感想ですが・・・

咀嚼するのに時間かかりました。
ネタばれになっちゃうので『見にいこう』と思ってる方は読まないでくださいまし。

最初わたしは・・・
不倫されたあげくに事故にあった配偶者同士が、病院で顔を合わせるうちに「恋におちる映画」かと思ってたんですが・・・・

なんでこの映画のためにヨン様が「入院するほど役に乗り移られたのか」わからなかったんですね。

で・・・
やっとわかった。

ラスト・・・季節はずれの雪が「もし降らなかったら・・・」
インスは「復讐」を成し遂げてENDだったのではないか・・・・
そう、インスにとって、妻に不倫された段階で『世界中の女を憎む』くらい「女」が嫌になった。
で・・・妻の不倫相手の奥さんを「無差別テロ」よろしく「誘惑してさんざ弄んだ挙句捨てよう」としていた・・・「回復した奥さんもろとも」に。

もっとも『人妻』の方はそんなヨン様の心のなかを知ることもなく、本気でインスにひかれていく。そして「わたしたちどうなるの?」と聞くが彼は答えない。なぜなら・・・「人妻との不倫も『女』というものへの復讐」だったから。

そして・・・なにもかも終わったことを象徴するように、彼の仕事である『イベント』が終了。観客もすべていなくなった野外ステージに一人ぽつんと座っているインス・・・
『イベント』も『復讐』もすべてが終わった・・・・・。

そう思っているときに・・・
『雪』がふってくる。

彼の好きな雪が。

振りかかる真っ白な雪に『復讐心』そのものが『浄化』されたインス。
彼は・・・「そのまま捨てる予定だった人妻のヒロイン」のもとに。
そして・・・・・映画は終わる。

ヨン様が『役』になりきりすぎて「入院」・・・っていうのがあったけど「女というものへの復讐・・」そして「人妻とは復讐のつもりが本気になり・・」「自分の奥さんに対しては『復讐しきって離別』」というストーリーだと「キリスト教徒」の「素」のヨン様にとっては「すべてがご法度〔不倫・復讐〕」のつらい役どころだったかも・・・。『役者をやめてレストランでも開こうかと悩んだ・・・』って週刊誌にも書いてあったけれど・・・今度は「ポセイドン・アドベンチャーの牧師さん」みたいな映画だといいねぇ。ヨン様。

ただ・・・

わたしはあのラストは
この映画のオープニングへとまた連鎖していくような「不吉」なかんじをなぜか感じた。

お互いの配偶者たちの不倫旅行中の事故・・・二人で車で出掛けていくその先に・・・「あの事故」があったのではなかったか。

彼らの門出がオープニングの事故へのプロローグにだぶって見えた。
ハッピーエンドなようで・・・不吉さが漂う・・・
不思議な映画だった。

----------------------------------------------------------
追記 オーダー原稿本日無事発送しました。

2005/10/08(土) そろそろ干支の準備です
そろそろ来年の干支の準備です。
あとカレンダーもご提供できるように準備中です。

よちよち頑張ります。

よろしくお願いいたします。

これから・・・主人と「四月の雪」見にいく予定です。
わくわく・・・・・。

2005/10/04(火) 「ななかまど」が・・・
近所が山々で囲まれているんですが・・・・
だんだん紅葉しはじめています。

とくに「ななかまど」の木が真っ赤になってほんとに秋。

でも昨日なんかはまだまだ暑いし・・・街行く人たちも「ノースリーブ」や半袖ティーシャツの人もいれば・・・・・

長袖ブルゾン・・・の人も。

毎日の寒暖がまちまちなので体調がいまいちです。〔;;〕


そろそろ来年のカレンダーや手帳や暦が出始めました。
年賀状用の干支CD ROM もそろそろ「成美堂」から出版予定です。あとりえ泉照でも素材提供させていただいてますので、詳しい情報が入り次第また宣伝させていただきます。

10月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.