泉照(杉崎しをり)「店番」日記
水墨画作家「あとりえ泉照」はのんびりですが営業中
http://www.netlaputa.ne.jp/~senshow/
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年9月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2021/02/25 YouTube動画
2020/10/14 久しぶりに更新しました。
2020/09/14 絵本「猫から聞いた話」出版しました。2
2020/08/25 絵本「猫から聞いた話」出版しました。
2020/07/22 久しぶりにこちらに書きこみです

直接移動: 20212 月  202010 9 8 7 3 2 1 月  20182 1 月  20179 5 月  20168 月  201511 月  20147 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 2 1 月  201212 11 8 7 6 2 1 月  201111 10 月  20104 3 月  20097 月  20088 7 6 5 4 3 2 1 月  200711 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2006/09/30(土) いろいろと・・・・雑感
水面下で忙しくて結局休めてないという。涙

-------------------------------------------------
今すっごくほしいもの


http://www.rakuten.co.jp/sumairu/334128/337791/

これ。

でも・・・ど-せ「治療法」ってのはないらしいし。意味がないっていえば意味がないんですけど・・・。

--------------------------------------------------

テレビで「24人のビリ―・ミリガン」やってたのでみました。
本も昔でてましたけど。

それにしても24人も人格があったら、頭のなかでこんがらがらないかなぁ〜と思ってたら・・・
結局自分のなかの「感情」に「人の名前」をつけてるだけなのかも。
多重人格。

「今日はわたし8歳な気分だから美香ちゃんってよんでね」とか
「凶暴な気分だからシュワルツって読んでくれ」とかって出来そうですね。
でも、24人分も名前つけてたら自分でつけた名前を忘れそうです。爆 

-------------------------------------------------------

とある本のなかで
「マルクスは働いたことがなかった」
という文章をみつけて・・・とほほ。

まあルソ―も女性のパトロネスの比護あっての思想家だったし。


--------------------------------------------------------

「金持ちほどケチ」
「貧乏人ほど見栄をはって高いものすすめられるとつい貧乏人だと思われたくない一心で勢いで買っちゃう」

---------------------------------------------------------
なんかいいことないかな〜
と思うんですが

ほんじゃ「いいこと」って自分にとって具体的になんだろう・・・
って思ったとき

「これ!」
と出てこない哀しさよ。

以上日々雑感でごさいます。

2006/09/28(木) いくらか回復
なんか風邪ひいちゃったみたいで、熱はでるは、お腹こわすは、頭痛はするはで、昨日は不整脈の上に、鳴り物入りの症状でのたうちまわっておりました。まだちょっと微熱ぎみだけど、昨日よかまし。ふ〜。

2006/09/27(水) 朝から乱発
不整脈・・・。やっと少し収まってきましたが・・・スケジュ―ル繰り上げといてよかった・・・。(T0T)

2006/09/26(火) プレミアム10
来年の干支の「いのしし」を描くために、ネットでいろいろ「いのしし」の写真を検索していたのですが、なかなかいい写真がないんですね。
というのも、写真をそのまま描くことは出来ないので「資料」としての「写真」が欲しいわけです。

人間も動物も植物も、「描く」ためには「どういう構造になっているか」を知ると、あとは頭の中でCGのようにいくらでも動かせることができるんですが、同じ方向からのアングルばかりの写真があってもダメなんですね。

といって「伊豆のいのしし村」まで行っていのししスケッチしに行くのもなぁ〜と。(ギャラがでる仕事なら取材に行くんですけど。今回の干支の絵は100パ―セントボランティアなんで取材費かけられないもんで。) 行くんですよ。出版社さんや印刷屋さんからの発注だと。ギャラが出ますから。必要に応じて取材。
そういうの含まれるんで原稿料は高くなるんです。家んなかで適当に描けるわけじゃないんですね。
ど-もね、その辺り、なかなか「理解してもらえない」。

今回はしかたなくNHKのプレミアム10で「いのしし」を取り上げるというのでビデオをスタンバって見てたら・・・

もう「いのしし」による「農家の被害」てんこもり(TT)
縁起ものどころか・・・害獣。
見てて
「どうしよう・・・」
って気分になってきましたが、「いのしし対策」の知恵が次々紹介されていくうちに気分も上向きになってまいりました。

ところで、いのししの猪突猛進は有名ですが、いのししの「180度方向転換」を始めてみました。爆
できるんですね。

人間に突進してきたときにワンタッチ傘をバンっ!!と広げると、凄い勢いで突進していた「いのしし」が、車だったら急ブレ―キ後スピンしてひっくり返るようなUタ―ンをやってのけるんですね。凄い反射神経と筋力。
突進したまま止まらなくて目の前の障害物にぶつかる・・・ってのは都市伝説じゃなくて田舎伝説だったみたいです。

しかも・・・いのししっていうのは「藪」が好き。
人里近い田畑を荒らすのは、昔なら、人手も多くてきちんと管理されてた山がどんどん放置されて「藪」が増えていったから・・・というので
ボランティアの人たちが集まってその藪を綺麗に刈り込む。
そうすると姿を隠す藪がなくなるからいのししは田畑の近くに寄ってこなくなる。ということらしい。
そして・・・ボランティアといっても「ただ働き」じゃないんですね。
刈り込んだ藪の竹や、木々を持って帰って燃料にしたり何かの資材に利用するために持ち帰る。
これがかつて行われていた「入会権」ってやつなんだなぁ〜と実感しました。
山っていっても必ずそれは誰かの私有地で、山に山菜や薪を取りに入っていってもいい権利が「入会権」ですが、近所の人が入って、そうした山の自然の資源をもらっていくってことは、人が山に入って山を「清掃・管理・植林・適度な伐採・除草」をする・・・っていうギブ・アンド・テイクな権利なんですよね。いきなりよそ者が「マツタケ」だけ取って、あとは何もしないで帰っていってもいい権利じゃないわけです。所有者も、自分だけじゃ管理しきれないことができるわけでまさに合理的なシステム。昔の人って頭いいですね。道理ってのをわきまえてる。

ボランティアはけっして「ただ働きさせるための口実」であっはいけないんですね。

やっぱり何事もギブアンドテイクでないと。

ほんじゃなんで私が干支の絵をボランティアで今年は描くかというと・・・そりゃ、一種の「営業」に決まってます。

そうなんですよぉぉぉ。「干支の絵」を描くことで、営業活動してるわけです〜〜。出版・印刷関係さま。来年もひとつよろしくおねがいしますぅ〜(T◇T)

2006/09/25(月) 酷い嘘メ―ル
まことしやかに、

下記メ―ルが送られて来ました。

Mail server report.

Our firewall determined the e-mails containing worm copies are being sent from your computer.

Nowadays it happens from many computers, because this is a new virus type (Network Worms).


Using the new bug in the Windows, these viruses infect the computer unnoticeably.
After the penetrating into the computer the virus harvests all the e-mail addresses and sends the copies of itself to these e-mail
addresses

Please install updates for worm elimination and your computer restoring.

Best regards,
Customers support service

そして、ご丁寧にupdate用ファイルが添付。

慌てて、オンラインスキャンでウィルスに感染しているかどうかチェックしつつ、本当にネットラピュタから送られてきたメ―ルなのか、ネットラピュタ事務局に確認のメ―ルと電話。

確かに「ネットラピュタから送られたものではない」メ―ルであることが判明。
事務局の方いわく
「添付してきたプログラムファイルを実行させようとして、それらしい文章をつけて送ってきたものでしょう。」とのこと。サ―バ―上のまま削除しました。

ネットラピュタさんは結構、ウィルスメ―ルに関してはウィルスゲ―トシステムがしっかりしていて、ウィルスを含むメ―ルが私宛にきても、いったんネットラピュタで「隔離」した状態で「お知らせメ―ル」が来るんですね。
心当たりのメアドの時は、内容を確認することができるのであります。

今回のようにメ―ルにはウィルスがついてなくても、ウィルスを感染させるようなプログラムを添付して、しかも、そのプログラムの実行を「親切ごかし」に促そうとするなんざ、ふてぇメ―ルです。怒 しかも「プロバイダ―」になりすますとはっ!
警察官になりすまして三億円を銀行の現金輸送車から盗んだ「三億円事件」みたいにうっかり騙されそうになるメ―ルです。悪質だ〜!!(><)


まったくも〜〜っ!!

疲れた・・・(--;)怒るって・・・疲れる。


2006/09/24(日) おフランス革命の研究
そんなことをしております。
なんでかって?

趣味です。爆

で、「フランス革命の研究」なる本を読んでいるんですが・・・睨んだとおりだったなぁ〜と思いつつ読んでおります。

ベルサイユのバラで有名になった「フランス革命」ですが、あの漫画のせいで随分「フランス革命」が「美化」されちゃってる。

フランス革命の事の発端は「貴族間の仲間割れ」。
いままで貴族は税を納めなくてよかったのに、納税義務を課せられたことへの反発からおこる・・・なんてあまり知られてないんじゃないでしょうか。

漫画の「ベルバラ」だけ読んでいると、貴族の贅沢に苦しめられて「飢えきった」一般国民が百姓一揆のように貴族を倒して「自由」を勝ち取ったみたいに描かれますが・・・・

実際はどうも違うみたいです。


現代のタイでク―デタ―が起きましたが、あれは凄いなぁ。無血ク―デタ―。フランス革命とはまったく逆なんですねぇ。

安部晋三の「美しい国へ」もざっとですが読んでみました。
やっと意見のあう人が出てきたなぁ〜というかんじがしました。(ゴマスリじゃなくて。)

「和」のア―ティストとして「日本美化運動大賛成」です。

2006/09/22(金) ザ・ワイルド
昨日、テレビでアンソニ―・ホプキンスの「ザ・ワイルド」って映画を、やっぱりダンナが見てたので横でつられてみておりました。しかも途中から。

途中からなので、すでに飛行機は墜落していてアンソニ―御一行は水戸黄門のように「じじい」を筆頭に3人で山の中をさまよっておりました。

しかも水戸黄門みたいにスケさんカクさんが言うこと聞くんじゃなくて、めちゃ「足手まとい」なやつと「反抗的」なやつを引き連れての遭難。

一人はクマに食われるし。でも、「一番年寄りで、会社の経営者で大金持ちで、お上品な紳士」なアンソニ―・ホプキンスが一番生命力というか「生きることに貪欲」でクマは倒すしボ−イ・スカウトみたいにいろんなこと知ってるし、リスを捕まえて食べようとしたときは、見てるわたしまで「やったぁ!これでリス食えるねっ!」と思ってしまったほどでした。
クマを倒したときも
「やったぁ!これでクマ食えるねっ!」
と。

時計の針を壊して、絹で擦ると静電気が起きて、その静電気は電磁石になって、はっぱの上に置いて水に浮かべて方位磁石の代わりにするシ―ンは驚きました。

わたしが感心していると「ひとつ勉強になったね」とダンナ。
こんなこと実践で使う場面は一生ないと思います。

でも山の中って「鉄鉱石」とか意外と多くて磁石は当てにならなくなるって聞いたこともあります。
そういう時はもう日がどっちから昇るかで判断するしかないですね。

会社の経営者で大金持ち・・・ていう設定なんですが、アメリカの自己啓発の本そのままなアンソニ―。
クマを倒すときに、側にいるもう一人の男が
「出来ない。やれるわけがない」
と否定的になったときに
「やれる!人にやれることは自分にもやれる!」
と、
連呼さしてその気にさせるなんざ、もう経営者そのもの。
よくアメリカのビジネスマンが鏡にむかって
「I CAN ! I CAN ! I CAN !」
と叫んで自力でインスパイアするシ―ンとかありますが、あれをやるわけですね。

とにかくアンソニ―ホプキンスがどんどん「ワイルド」になっていく映画でした。
遭難したときは「紳士」でしたがラストでは立派な「またぎ」のようになっていました。

なかなか面白かったです。

2006/09/21(木) 小泉さんのメルマガ
今日21日に最終号が出たのだとか。

その中で

自分のことを「一人の平凡な人間」「気の弱い普通の常識人」とし、「いつも何かに守られている、運がいいなと思いながら、何とか頑張ってきた」とつづっている。

ASAHI.COMより引用

と語ったそうな・・・・。

そっかぁ・・・・「いつも何かに守られている、運がいいなと思」ってたなんて・・・うらやましぃ〜(T◇T)きっと靖国神社の英霊に守られつづけてるんでしょうねぇ。

わたしなんざ「いつも何かに邪魔されてる、運が悪いなと思」いっぱなしですぅ〜。

というか・・・最近のわたしのテ―マ。

「交渉」

とにかく苦手なんですね。人見知り激しいし。「交渉」するってことが。
ところが、まるで「神のお告げ」のごとく「交渉力」を試されるような出来事が次々とわが身に降りかかる。
それも第三者の援助は一切望めない。
すべて自力。

まるで神様に「能力テスト」をされているかのように、相手も難物だったり、大きな壁であったり。

でも・・・きっとこうした事には「意味」があって、将来的な何かに繋がるのかもしれません。

とにかく目の前に与えられた「課題」をせっせとこなしております。

もちろんオ―ダ―の方の仕事もせっせとやってます。なるべく早めに仕上げます。宜しくです。

2006/09/20(水) 世界の国からこんにちは〜
アクセス解析を時々チェックするんですが、結構いろんな国からいらしてるんですね。
ノルウェ―・オランダ・ドイツ・ブラジル・タイ・アメリカ・エストニア・ニュ―ジ―ランド・フランス・・・
この一週間でもこのくらい海外からアクセスが。

しょぼいイングリッシュ・ペ―ジで申し訳ないです。
この方々のご期待に添うには、いったいわたしゃ何ヶ国語が出来るようになればいいんでしょう・・・。

ところで・・・グ―グル検索で「SAKURA」を海外から検索すると、わたしの「夜桜の絵葉書の画像」が検索されて出てくるようなんですが・・・

ポルトガル語で検索された方に是非言いたい!

Sou mulher!!

グ―グルは何故か
Veja abaixo a imagem em seu contexto original na pagina.
(See down the image in his original context in the page)

と、HP管理者(製作者)が「男性」だと決め付けているんですね。

ただでさえ文章でも「男」だと思われるし、「絵」からも「男」だと思われるし、顔写真からはニュ―ハ―フだと思われ、電話でも男だと間違われることもある哀しい身の上なもんで、どうもこういう儀礼的なものにも敏感になってしまう。

See down the image in his (or her) original context in the page.

と注釈してほしいですね。

「男性が優秀で、女性は優秀ではなくて、優秀な女性がいたら、それはもはや女性であって女性でない。性同一性障害に違いない」と「病気」にしてしまったり、なにがなんでも「男性に違いない」と「合理化」するようなことはやめましょうよ。

第一「性同一性障害」ってのは、本人が苦しむわけで、周りが「こいつ女の皮をかぶった男だな」って診断する病気じゃなかったはず。


あっ・・・もしかして、「優秀」じゃなくて、わたしの場合「がさつ・粗野・乱暴」に置き換えるべき?うぬぼれ過ぎ? 失礼しました〜。

とにかく「女」です。息子2人自然分娩で産んでます。

いずれにせよ「男性的ですね」なんてのは誉め言葉じゃないですよ。女性に対して。
「男っぽい」といわれて喜ぶ女性はレズビアンなのかも。

----------------------------------------------------------
そうそう・・・下記日記にあるart.comに質問メ―ルをなんとかかんとか送ったら、丁寧な返事をいただきました。
もっぺん画像を撮りなおしてからアップロ―ドしなおしてみることに。

と、同時に「審査」もあるようなので(もっとオ―トマチックなシステムかと思ったら、後ろでせっせと人が動いている会社でした。)「掲載ラインに達してない作品はボツ」っていうのもあるようです。

アメリカのほうが日本より断然「無人くん」で、なんでもオ―トマなのかと思いきや・・・機械任せじゃないんですね。

頑張ってみます。

2006/09/19(火) う-----。よくわからんが・・・・。
Art.comという下記のサイトに先日エントリ―したんですが・・・

http://www.art.com/?ui=7D4CF5EA194E4DCE9D36E9C9F82C4468

イメ―ジ画像を数点アップロ―ドすると、掲載されるそうなんですが、とりあえず7点ほど画像をアップしておいたのであります。

そしたら、メ―ルにて本日「承認通知」がまいりまして・・・・
7点中2点は明後日くらいからWEBに登録されるらしいんですが、あとの5点がリジェクトされたらしいんですね。

理由は「画像が小さすぎる」という理由なんですけど・・・・・・

納得いかないんです。なぜなら、承認された2点の画像も他5点も対して画像の大きさに違いが無い。
解像度も全て等しくほぼ同じ条件で「粗悪」。

なのに、2点は合格で5点はリジェクト。

う〜〜ん・・・・よくわかりません。
っていうか・・・登録時の英語もよくわかんない手探りなもんでなんともかんとも・・・・。この納得いかない気持ちを問い合わせることができる能力がいまいちないといか・・・情けないよぉ。(T◇T)
ここはひとつ問い合わせるべきでしょうか? 破れかぶれな英語ですが・・・。

まあとにかく明後日以降あたりに、

the Original Art and Photography section of the Art.com website 
http://www.art.com/?ui=7D4CF5EA194E4DCE9D36E9C9F82C4468

ここで「SENSHOW SUGISAKI」で検索すると出てくるらしいです。(←いまいち確信が持てないっていうか・・・。
The following image(s) have been APPROVEDってあるから間違いないと思うんだけど・・・自信ない。)

あああ〜っもっと英語できるようになりたいよぉぉぉぉぉ(>0<)
**********************************************************

Please allow approximately 24 business hours for
these images to be live for display:

とあったので、丸一日くらいかかって明後日くらいにディスプレイされてるかな〜と思ったら、もうアップされてました。
なんだかなぁ・・・(ーー:)

**********************************************************

とにかく「悪戦苦闘」でございます。Art.com.
登録された暁にはポスタ―販売もできるらしいんですが・・・その方法がわからん。
プロフィ―ルに写真をアップしたんですが・・・・「ブスはダメ」と承認されなかったのか、顔写真がアップされない。

英語もよくわからないけど、もしかしたら、「英語の説明文」と「システム」がもともと「わかりにくい」んじゃなかろうか。
もしかしたら、ネイティブなアメリカ人とかも

「やり方がいまいちわからん」

と思っているんじゃなかろうか・・・と思えてきました。(--;)

日本の登録サイトとかも、なんだかめんどくさかったり、解りづらいのってありますよね。そんなかんじで。

アマゾンの買い物かごの操作のほうが100倍簡単。

9月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.