泉照(杉崎しをり)「店番」日記
水墨画作家「あとりえ泉照」はのんびりですが営業中
http://www.netlaputa.ne.jp/~senshow/
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年9月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2021/02/25 YouTube動画
2020/10/14 久しぶりに更新しました。
2020/09/14 絵本「猫から聞いた話」出版しました。2
2020/08/25 絵本「猫から聞いた話」出版しました。
2020/07/22 久しぶりにこちらに書きこみです

直接移動: 20212 月  202010 9 8 7 3 2 1 月  20182 1 月  20179 5 月  20168 月  201511 月  20147 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 2 1 月  201212 11 8 7 6 2 1 月  201111 10 月  20104 3 月  20097 月  20088 7 6 5 4 3 2 1 月  200711 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2007/09/30(日) 虫刺され症
蚊にさされただけなので、キンカンぬっておいたら・・・・

なにやら闇雲に痒いのと、腫れ等、尋常じゃない。

で・・・日曜日やってる病院を見つけて行ってみたら・・・・

「虫刺され症」

とのこと。

なんだかそのまんまなネーミングで「たいしたことないかんじ100パーセント」なんですが・・・・結構「劇的」な症状になります。

と思っていたら・・・もっとビジョアル的に「劇的」な皮膚疾患のカラー写真集をドクターに見せられまして・・・

「ひどいとこうなることもあるんですよ」

と。(あの〜フルカラーな医学書って、時々病院で見せられることがございますが・・・しろうとには刺激強すぎなので、出来れば見たくないんですが・・・・見せてくださるので「うおおおお〜」と内心かなり動揺しつつ・・・べつに怖いもの見たさとかじゃなくて、真剣に苦手なので、かなり「がまん」して見るんですが・・・お医者さま御本人たちはさほど「がまん」しなくても見れちゃうのか、やっぱり「がまんして」勉強なさってるのか、ちょっとアンケートとってみたい気もします。ちなみに看護婦さんに聞いたら「血はきらいじゃないので平気です。でも看護学校に来ても慣れない人は慣れないですね。憧れだけじゃ駄目でしょうね」とのこと。だろうな〜。自分、自分の採血されてるの見るだけで貧血起きますから〜。なさけない話しですが、点滴で逆流しちゃっただけでも「ふっ・・・」と。)


ほっておいたら、結構おおごとになるところらしかったです。

抗生物質やら塗り薬やら、アレルギーの薬やらいろいろもらって
帰宅。


ですが・・・

「虫刺されごとき」で、しかも蜂ならともかく、蚊でこんなことになるなんて生まれて初めてです。

そういえば・・・ツタンカーメンの墓を暴いた学者がそのとき蚊にさされて死亡するに至るというのがありましたが、「うそだ〜」と思ってましたが、処置次第ではありうるかもしれないと思いました。

でも、あんなになかなか治らなかったのが、病院の薬ぬったらとりあえず患部の傷がふさがったので、医学ってのは凄いもんだな〜と。

それより、蚊ごときでこんなことになるなんて・・・
抵抗力落ちてるのかも・・・涙。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「風林火山」・・・もう「がっくん謙信」は「十字軍」か「ジャンヌダルク」みたいな勢いです。
美し〜。

「毘沙門天」と「みだれ龍」の旗を掲げて初進軍のお披露目。

真夏のロケだったみたいですが、がっくん涼しそうな顔でございます。

いや〜楽しみです。

2007/09/29(土) 今日はまた・・・昨日と打って変わって
この寒さ・・・

寒暖差にへろへろです。

都心に電車で昨日は出かけましたが、とにかく、バスも電車も建物の中もクーラーがキンキン。

日中あったたかだったので薄着で出かけようか迷ったんですが、夜冷えるといけない・・・と羽織るものを持って出かけて正解。

それでも寒くて、帰りの電車の中で凍える始末。

ところで、昨日はついてなくて、夕食も食べれず、くたくたで帰りの電車に乗ったら・・・

反対方向の電車に・・・。

ああ・・・またやっちまいました。とっさに「右、左」の感覚がつかめなくなる失敗。
「疲れてたから」とかいうヒューマン・エラーを超えてます。

これ・・・母親もあって、母親が学生のころ、体育の授業で野球をしていて、母がヒットを打ったとき、三塁にむかって走ってしまっていきなりアウトになったとか・・・あと、自動改札で左に切符いれて、挟まれる。
左にお金入れて他人のコピー機代に貢献してしまう・・・

これ、わたしもホントによくやります。
実は母は左ききを直した人間なんですが・・・
わたしも小学校上がるまで左ききで、小学校上がるときに「直した」んですね。
以来、普通に右手で右利き生活をしてますが、とっさに左手、左足が出る。

で・・・話しとびましたが
電光掲示板で・・・
「馬喰町」
って出て・・・「まくいちょう」?そんなのあったっけ・・・
と。

放送で「ばくろちょう」と聞こえてきて
「ばくろちょうって読むのか〜」としみじみしていて「はっと」気がついた。

「逆?」

あわてて、錦糸町で乗り換えて帰宅。

途中「恵比寿」駅で人身事故があったとかで、電車が時間調整でとまるとまる・・・・。

しかもクーラー利いてて寒い。

夕飯食べ損ねてるはクーラーで凍えてきて「携帯をうつ手」がこわばって、なんか動けなくなってくるわ・・・・

「なんだか泣けてく〜る♪」という歌のCMありますけど・・・泣きそうでした。

なんか暖かいものを・・・と自販機見ても

「つめたい」

という表示しかなく・・・

ほんとに「みんなつめたいわよっ!」という気分に。
夜中・・・バスも来なくて・・・途中「おにぎり」買って夜道を「はだかの大将」みたくむしゃむしゃ食べながら

アタシ・・・なにやってんだか・・・と。


ぜんぜん関係ないですが
「新日本橋」を通ったとき・・・

shinーnihombashi の表示に

nihomはないだろ〜と。




残暑が厳しい・・・と思ってたら、突然「寒い」くらいですし・・・

みなさま体調くれぐれも御気をつけてくださいまし。

2007/09/28(金) 風は涼しいんですが・・・・
気温が高い・・・体調がなかなか夏バテモードから回復しません。しんどい・・・・。


「エントラップメント」昨夜観ました。観るのは二度目。
ショーン・コネリーっていいなぁ〜。

ショーン・コネリーってひとは「OO7」の時もよかったけど、年をとればとるほどダンディになっていく。

若い姉さんと組んでもイケテル。(エントラップメント・・・キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)
若い兄さんと組んでもイケテル。(ザ・ロック・・・ニコラス・ケイジ)

引退して静かにしてるようで・・・実は現役。しかも衰え知らず。破壊力はダブルオーセブンのころからまったく衰えず、セクシーさも衰えない。だけど、若い頃はあれほど脱ぎまくっていたのに、年をとったら、絶対脱がないストイックなじいさんがまたセクシー。完璧な仕事ぶりと頑固さ加減がまた味があっていい・・・。さすがメイド イン イングランド。しかし去年引退宣言をされていたとは・・・。もうちょっと頑張って欲しい〜。

声が「若山 弦蔵」だからまたかっこいい。

普通、映画は「字幕」を観るようにして、なるべく「役者さん本人の声」を楽しむのが好きなんですが、ショーン・コネリーだけは、「若山弦蔵」じゃないと・・・。

ショーン・コネリーの声をなにかのインタビューでちらっと聴いたことがあるんですが、「若山弦蔵じゃないんだ〜」と思いましたもの。当たり前だけど。爆
それくらいマッチしてるんですね。
御本人の声は以外に高い声で驚きました。
はじめからアテレコのほうと併用してみてれば違和感なかったのかもしれないんですが・・・。

若山弦蔵さんといえば、徹子の部屋かなんかで、ずーっと昔、
「子供の頃から低い声でよくいじめられた」
といってらした記憶があります。

あんな低音の美声が「いじめられる」なんて・・・でも小学生の頃もあの声だったら・・・

確かにいじめられるかも・・・。(TT)

2007/09/27(木)
お花屋さんで、だるま萩の鉢植えを先日購入。

赤紫の花をちらちらとつけはじめたのでスケッチ。

ひさしぶりに絵筆を持った気分。

グリ-ティングカ-ドにもアップしましたので、ご利用ください。

-----------------------------------------
さきほど、また「やすひさ」からメールが。

はい。塩崎やすひさ衆議院議員です。(昨日の日記にわたくし「やすひろ」と書いてしまってました。あわてて修正。まさか、この日記ご覧になって「改訂版」を送られてきたわけじゃないですよねぇ・・・冷や汗。ありえないと信じております。)

塩崎もと官房長官のメルマガを購読登録したのは昨年のいましがただったか・・・。彼が官房長官になったとき
「おっ! 男前じゃん!」
という
軽い動悸・・・いえ、動機でメルマガ購読登録をしたのでありました。別に政治的な思想とかぜんぜん興味なくて、ただ
『男前だな〜』
と。

で、お正月に一回。昨日一回。今回また『改訂版』ということで受け取りました。
昨日のメールは「なりすまし」じゃなさそうです。苦笑

内容・・・拝読しましたが、別段ほとんど「改定」されてませんでした。この方は『小泉・安部改革推進派』なようですが、男前なので許容します。

書いてある内容は、わたし自身は好まない「小泉改革」「安部改革」の続行を・・・という内容でしたが、もっともな部分も多い。
わたしは、反対意見でもちゃんと読む。
朝日新聞も嫌いだけどちゃんと朝起きたらざっと読む。

読んでから文句いう。
それが礼儀だと思っている。
ろくに読まないで『偏見』で物をいうのはフェアじゃない。


解っております。「やすひさ」の言いたいこと。

ただ・・・私は、「やり方が荒っぽいのは困る」と思っているだけ。

福田内閣は『尻拭い内閣』だ・・・といわれているそうな。

言葉は悪いけれど、真実だとおもう。

彼は自分のことを「影」「弁明長官」と、「縁の下の力持ち」を得意とされてきた。こういう人が表に出てくるというのはよほどのことだと思う。
「平時なら出なかった」と今回の総裁選出馬のときにおっしゃったそうな。
「貧乏くじ」発言も、「貧乏くじ」とわかってて引ける人間はそういない。
そういう意味では麻生さんも福田さんも「男」だとおもう。

追い風のときに出てくるのは簡単。
逆風のときこそ打って出る・・・。

期待しています。

2007/09/26(水) なりすましメール
福田さんのオフィシャルサイトにいってみたら・・・

「なりすましメール」の被害にあわれているというメッセージとともにホームページが閉鎖のようになっておりました。

なりすまし・・・

わたしも時々被害にあいます。

わたしのメールアドレスのメールが、わたしに届く。

この「なりすましメール」ってのはパソコンのメーラーを使って相手の携帯メールに送ると100%「なりすませる」んですね。
携帯だと送信者の『ソース』が確認できないので。

なりすまし・・・といえば、「senshow」で検索すると、けっこう「senshow」でヒットしますが、わたしは掲示板などの書き込み時に「senshow」というハンドルネームは使いませんから、別人です。念のため。

senshowという記述の仕方も「泉照」ならローマ字表記は「sensyo」が正しいんですが、あえて「千ほど見せる」という意味をこめて作った造語なんですけど、同じ発想をなさる方が増えているのか、けっこう検索すると「senshow」を名乗る方がいらっしゃいます。
かれこれ十年ちかく、senshowとメアドで使っているので、たぶん私が「先発」だと思いますけど。

それにしても「不埒」な「なりすまし」は本当に迷惑。

出会い系からの迷惑メールや時々「出会い系で知り合った女性らしき相手からのメール」とかが来たりするので、わたしになりすまして「女性と付き合ってる人間」がいる!?

しかも「男」としてわたしに「なりすまして」いる!?

それじゃその「私になりすましている」人物は『男』か『女』か・・・

男性が、女の私を「男」と思わせて「なりすましている」のか・・・
はたまた
女性が、わたしの名前で「男装」しているのか・・・


いずれにせよ
杉崎泉照(senshow)は「女」でござ〜る。レズビアンではないので、男に成りすまして出会い系でナンパなんていたしません。爆

もし、わたしのメアドで「熱烈な愛のメール」を受け取った女性がいらっしゃいましたら、それは「なりすまし」です。

まあ男性にも送りませんけど。爆
----------------------------------------------
さきほど、「やすひさの独り言」というメールを受信しました。

やすひさ・・・誰だろう・・・と思ってたら、「塩崎元官房長官」でした。爆
メルマガの定期購読をしてたんですが、今年、元旦に一通メルマガが来たっきり、それっきり一通も来なかったので、定期購読してたの忘れてました。

なりすまし・・・じゃないよね〜。(--;)

2007/09/25(火) サザエさんじやないんだから
わたくし・・・・

こう見えて・・・よく「財布」を忘れます。

買い物に行って・・・商店街に入って「はっ!」とする。

まあ、だいたい体調の悪いときに無理やり買い物に出て、とにかく「買い物に行かねば・・・食料が〜」

という状態で、かばんの中をろくに確かめないで出て財布ごと入れてくるのを忘れてくる。

で・・・今回は、「財布の中身を入れ忘れて」買い物に行ってしまった。

金物屋さんで息子の新しい「お弁当箱」を買おうとして、お弁当箱を手にレジにいって財布を開いたら・・・
中身がまったく空なのに気がついて青くなった。

ひょえ〜どうしよう〜と頭の中真っ白。

と・・・お店の方が一言。

「いいですよ」

と。

えっ? なにがいいですよ? と一瞬パニック。

で、その場はなんとか、カード支払いで事なきを得たんですが・・・

帰宅後息子にこの話しをすると

「つけでいいって意味だったのかな〜。ただでもって帰っていいってわけないしな〜なんだろうな。『いいですよ』って」

と息子もわからない様子。

といって、その金物屋さんに「つけ」が利くほど、わたしは親しくないし。お得意さんでもない。

で、ちなみに息子に「お前だったら、いくらまでその場で借りれる?」
ときくと

「そうだな〜他に何か買っててトータルで足りなかった時でもいいとこ200円くらいかな。あとで持ってきますっていえる額。500円足りないってのは、普通商品あきらめるでしょ」
と。

ちなみに『いいですよ』といわれた『お弁当箱』は735円。

さすがに、700円以上のお弁当箱を「つけ」で、しかも「初めて入った店」ではできない。

で・・・あとで冷静になって考えたら、商店街にはATMもあるわけで、別にカードで買わなくても、ちょっと待っててもらってATMに行って現金下ろしてくればよかっただけなのに、そこまで頭が回らないくらいハプニングに自分がびっくりしてしまってとっさに思考停止。

あげく

「いいですよ」の店員さんの言葉に更にパニック。

「いったい何がいいですか〜?ワタシお金はらってないですよ」と完璧にみょうな外人みたいなかんじになってました。(モレシャンさんみたいなイントネーションで)

「どんだけいったい信用あんの?」

と息子にいわれたけど、こっちが知らなくても相手は知ってる(商店街にしょっちゅう来て買い物してるから顔を覚えられてるとか?)
としても・・・

いや・・・驚きました。
うれしかったですけど・・・。

2007/09/24(月) 疲れた・・・・
なんか・・・ここ数日間総裁選に夢中になりすぎて・・・・

福田さんに決まったら、どっと疲れがでました。

普段テレビを自分から見ない人間が、ワイドショーをはしごして必死で「麻生さん」と「福田さん」を追っかけて(テレビと新聞とかだけだけど・・・・)
昨日福田さんに決まったことで興奮して夜中の一時過ぎまで息子に熱く福田さんや日本の政治を語り・・・(←知らないくせに)
なんか・・・疲れたです。(←馬鹿。)

疲れてる場合じゃなくて、これから年明けまでスケジュールびっちりなので、ひとつずつクリアしなきゃいけないのに・・・。

でも、今日はとても涼しい。
このまま「秋」になってくれると助かる。

暑さ負けが激しいので、ここらで「秋」になってくれれば、いくらか体力も回復してくれると思います。

NHKの「風林火山」もいよいよ、GAっくんが出陣。

「越後の毘沙門天がくる」

というセリフにわくわく。

中国の「蘭陵王」は美しすぎて、戦に赴くときは、わざわざ「恐ろしい顔」の面をつけて出陣した・・・とありますが、なんか「上杉がっくん」を見ていると、その故事を思い出します。
がっくんだけ、髪を総髪にしたまま烏帽子もつけず、ゆるりと肩のあたりで髪を束ねる、緞子の狩衣姿は、「能」の「神仏」役の装束を連想させるし・・・でもって、毎回がっくんの出てくるシーンごとに、いつも「お色直し」して出てくるんですね。「狩衣着せ替えがっくん」も見てて楽しい。
がっくんは色白だから、朱色の地の狩衣や、ブルー地も似合うけど、やっぱり黒地に緋色の紐を通したのがとてもよく似合う。そして出てくるたびに「琵琶の音」がジャラン・・・と。

こっちも楽しみです。
---------------------------------------------------
安部さんの慶應病院からの記者会見見ました。

確かに顔色悪かったですねぇ・・・。
顔色も悪いし、話している最中何度も「生唾を飲み込む」ような
しぐさをされて、見ていて
「相当胃腸の調子が悪いのかな」
と思いました。
なんていうか、気持ち悪いときの、胃酸がこみあげてきて、それを必死で飲み込むような・・・あのかんじを盛んにされていたので。

まあ、身体あっての「ものだね」ですから、ゆっくり休養されたほうがいいかもしれません。

でも・・・あの「辞任」の仕方は「民間の会社に勤める人間」は許されない。
場合によったら「損害賠償請求もの」。

そして「公務員だから許されるゆっくり休養」。
これは忘れて欲しくないです。
特に「官から民へ」を強く主張されていた方ですので。

あたしゃ今日、旦那の仕事の「身元保証人」になりました。
旦那がなんかしでかしたらアタシも一蓮托生。「連帯保証人」です。明日から一ヶ月旦那の仕事が無事済むまで生きた心地しません。ああやれやれ。

2007/09/23(日) 総裁選
福田さんが当選。

十中八九そうだろう・・・とは思ってましたが、こういうものは、最後まで蓋を開けてみないとわからないっていうのもあるので、どうなるかな〜と楽しみでしたが、やはり福田さんで決まり。

『失った信頼を取り戻していきたい』

と福田さんはおっしゃってたけど・・・・。

福田さんは言ってみればラストホープ。

これで政治がよくならないなら、ホントに民主党の小沢さんに鞍替え。


人事も注目。舛添さんは年金問題徹底追求中だから続投かな〜。
麻生さんも地方を回られて直接その目で確かめてらしたみたいだから、入閣ありかな?

日本再興ってことは、めぐりめぐって我が家も再興されるわけで・・・


頑張れ福田さん!!

2007/09/22(土) 平将門の結界
みのもんたの番組で「平将門の結界」のことが取り上げられておりました。

いや〜面白かったですが・・・もっと詳しく知りたい。

平の将門は江戸城を作った際に「関東を守るために」結界として僧侶「天海」によって祭られたらしいですが・・・
「それじゃ、なんで『関東大震災』と『東京大空襲』は避けられなかったのか・・・」と番組で取り上げられておりました。

なぜ結界はやぶられたのか・・・・。

「なんでかな〜」と真剣に私が考えていたら・・・

「自然災害は防げないんじゃないの?もともと人間だから。あと、キリスト教徒のほうが人数多かったから将門もかなわなかったんじゃないかな〜」

と息子。

う〜ん・・・・なるほど。

確かに、将門の結界は『街道筋』に張られていて、江戸城周辺に魔物が侵入するのを防ぐ役割を果たしていたとか。

とすると・・・結界は「対人結界」でしかも「異教徒」には効力なし?

面白すぎです。もっと追求して欲しいところです。

あと、「沖津島」の国宝。

これも凄い。奈良では正倉院展が開かれるらしいですが・・・嗚呼・・・旅費があったら観てきたい。
沖津島の国宝も展示してくれないかな〜。福岡で・・・とかじゃなくて、上野とかで。

ところで・・・お彼岸でございます。

そのせいか・・・・・
霊現象の一種なのか、今住んでいる家のもとの持ち主の方の話を、昨日御近所さんと買い物帰りの立ち話で伺いました。

老夫婦で、最後は御高齢の奥さんだけになって、跡取りがなかったので、奥さんの親戚の方が家を相続して売られた・・・とか。
奥様は「お花の先生」だったとか・・・
でも、二階の和室には「茶釜」ようの炉が畳の一角をはがすと出てくるので、「茶道」もたしなまれていたらしい・・・。

跡取りがいらっしゃらなかった・・・ということで、「この家に今住んでいる私たち」に「自分たちのことを知ってもらいたい」のかな・・・とふと思いました。

家の中も一切リフォームしていないまま使わせてもらっているので、そうしたお話しを聞くにつけ、
「きっと忘れないでほしいのだな・・・」そして、もっと「訴えたいことがあるのだな・・・」

と、わたしの「妖怪アンテナ」がぴぴぴっと感応いたします。
いったい何をわたしに訴えたいのか・・・まだわかりません。
そのうちもっとはっきり解るかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「平将門の結界」・・・ちょっといろいろ将門関連調べてみたら・・・なんのことはない

「明治維新後は、将門は朝廷に戈を向けた朝敵であることが再び問題視され、逆賊として扱われた。そして明治7年(1874年)には、教部省の指示により神田明神の祭神から外され、将門神社に遷座されてしまう。」(Wikipediaより一部引用)

結界をやぶったのは「明治政府」の「遷座」が原因?
(GHQが動かそうとしたら、祟ったのに、明治政府が『遷座』したときは祟らなかったということは、やっぱり『将門』は『朝敵』ではないですね。大人しく従っている。)

だもんで戦後再び神田明神に将門が帰ってくるまで、結界がやぶられっぱなしになった・・・ゆえに、関東大震災・東京大空襲をよけられなかった・・・
ってことでしょうか。

今は結界がもとに戻っているらしい・・・・
もう誰も『将門』に触らないでください。ってわたし横須賀在住でした。爆 
でも学校にまたしばらく通うし・・・東京になんかあったら困るから〜。

2007/09/21(金) 交渉人
見ました。

今回で二回目だと思うんですが・・・ぜんぜん記憶に残ってなかった。もしかしたら初めて見たのかも。

交渉人・・・ずーっと「立てこもり犯(この人も警察官だけど)」との交渉を「周囲の警官に邪魔され」っぱなしで、

「ちっとも交渉できないじゃん。この交渉人。」

と思ってたらいつの間にか「立てこもり犯」と協力しだしてるし・・・

と思ってたら・・・・ラストあんな

「大交渉」

をやってのけるとは。

さすが「交渉人」。

恐れいりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「政治家になりたくなかった政治家」・・・「福田元官房長官」のことが週刊誌の見出しに出ていました。

わたしは、そのくらいの人がいいと思う。
「自分が自分が」
としゃしゃり出て、結局『実力の伴わない人間』が「やる気だけ」で抜擢されるよりは、

「自分はやりたくなかったけれど、いつの間にかなっていた・・・」

という人のほうが「本当の意味で才能がある」のだと思う。

「使命」や「運命」というのはそういうものだと思う。そして

「粛々とその天命を受け入れる」

というのはかっこいい。

麻生さんも、こんなに不利な状態で、「投げ出したら男がすたると思ってね」という心意気がいい。

どちらが総理になっても自民党はまた良くなって行く気がする。

年金問題にえんま大王みたいに果敢に取り組んでる枡添さんは続投がいいな〜。

9月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.