泉照(杉崎しをり)「店番」日記
水墨画作家「あとりえ泉照」はのんびりですが営業中
http://www.netlaputa.ne.jp/~senshow/
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2021/02/25 YouTube動画
2020/10/14 久しぶりに更新しました。
2020/09/14 絵本「猫から聞いた話」出版しました。2
2020/08/25 絵本「猫から聞いた話」出版しました。
2020/07/22 久しぶりにこちらに書きこみです

直接移動: 20212 月  202010 9 8 7 3 2 1 月  20182 1 月  20179 5 月  20168 月  201511 月  20147 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 2 1 月  201212 11 8 7 6 2 1 月  201111 10 月  20104 3 月  20097 月  20088 7 6 5 4 3 2 1 月  200711 10 9 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 月 

2012/01/26(木) なんとか引っ越し完了
まだ引っ越し荷物に埋もれていてネット環境が整ってないので携帯から書き込みです*

衣笠地区を離れて九ヶ月ぶりに呼吸が楽になりました。やっぱりあの日本一塩素イオンを含む高濃度温泉水が埋蔵されてる土地に昨年の大地震がきたことで地下の岩盤があちこち割れてそこから温泉のガスが地面に上がってくるようになったのかもしれません。地元のひとや普通のひとは大丈夫でも皮膚が薄い私にはナメクジに塩のように辛かった。いままでからだが弱いことにたいして親を憎んだことは一度もなかったけれど今回ばかりは真剣にこんなナメクジ細胞人間に産んだ親を憎みました。そういえば古事記にイザナミとイザナキが初めて産んだ子は蛭子(ヒル子)というでき損ないだったので葦の舟に乗せて捨てたとか。でもその軟体生物はのちにたどり着いた浜で拾われてスクスク育ち恵比寿さまになる。まさに「捨てる神あれば拾う神あり」とはこの事。
地元のかたのためこれ以上ガスが増えないことを祈るのみ。普通のひとにも害が及ぶようになったら大変ですから。

それにしても 地獄の沙汰も金次第とはよくいったもんです。

今回の経験で人格変わったかも。


ところで
引っ越し荷物に紛れて私のノートパソコンのコードが行方不明。セットアップ出来ず。
まあ そのうち出てくるでしょう。出てくるまで日記はこちら。

それから 今回 わたしの引っ越しを影ながらバックアップしてくださった方々へ感謝のメッセージを。
有り難う御座います。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.