関西大学 体育会陸上競技部 部員日記
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/24 冬本番
2022/01/23 嬉しいこと
2022/01/22 悩み
2022/01/21 コロナがまた増えてきました、、、
2022/01/20 ハーフマラソンにむけて

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 月 

2011/12/29(木) 最後じゃない
こんにちは!
四回生前主務の永田裕亮です。



これがほんまに最後?って思ってしまいます。ほんと、こんな主務で申しわけなかったなあと今になって感じます。

まさか自分が100人を超す部員をまとめる立場に立つなんて思いもしませんでした。



中学、高校はキャプテンでしたが、高校は10人ちょっとの部員しかいませんでした。

思えば一回生の11月に瀧井とともに副務になりここまできました。正直、「なんでこんなにみんな協力してくれへんの?」とか「昔の主務の人や他の友達になった主務たちより仕事で来てないんかな?」とか思ったこともあります。




でも、ひとつ決めていたのは「主務なんかならんかったらよかった」と絶対に言わないでおこうということです。もしかしたらボソッと言ってるかもしれません。

言いたくない理由は同期が選んでくれて主務になった以上、まとめないといけない立場の人間がそんなこと言ったらおしまいだと思ったからです。


今ひとまず自分を少しほめてあげてもいいのかなと思います。しんどいこともあったし、主務じゃなっかたら楽なんかな?とか考えながらも、最低限の仕事はやったつもりです。


また、新たな自分を探していこいうと思います。

命とは、なんやかんや中学からの付き合いで、早川も高校から知り合いなってまさか大学が一緒になるとは思わんかったな。笑 

んで、高校一緒で、幅跳びの助走の歩数を試合になってもわからんとか言っていたあの堀井が、足は早くなって記録も伸びてなぜかめっちゃ悔しかったなー。笑


とりあえず、みんな、今までほんまにありがとう!!!


じゃ次は最後のバトンを福井に!!
よろしく!!!!!!

2011/12/27(火) 大切な仲間


おはようございます。
更新が遅くなってしまい、すみません(>_<)
女子中長パートの川村です。
一ヶ月ぶりに、以前と比べ更に丸々したヒグマと新松と遭遇し、テンションが上がりました。
やっぱり、陸上部の事が好きなのだと実感です(^^)♪


10月23日の全日本大学女子駅伝で引退してから、もう2ヶ月が経ちました。
その、私達4回生にとって最後の駅伝では、私はマネージャーとしてプログラムに名前を載せてもらいました。
それは、武田監督が私をマネージャーとして認めていただけたと言う事なのかな?と思うのですが、武田先生、どうなのでしょうか?

と言うのも、私は元々選手として、陸上部に入部しました。
マネージャーになったのは、3回生の関西インカレ後で、その理由は、練習で追い込めない体になったからです。
工夫すれば練習は出来ましたが、引退まで追い込めない、距離をふめない事は、私にとって、結果を出し関大に貢献する為には中途半端で許せない事でした。
なので、退部する事も考えましたが、今まで一緒に頑張って来た、先輩方や同回生のみんな、後輩達の為に、また、高校の時からお世話になった武田監督、関大陸上部に、走る事と違う形で役に立ちたい!!と思い、マネージャーになりました。
そう思えたのも、相談にのってくれた先輩や同回生のみんな、一緒に練習を頑張って来たみんなの存在が大きかったからです。
本当にありがとうございました( ; ; )
そして、マネージャーになってでも陸上部に所属させてもらい、それを見守ってくれていた両親には、本当に感謝です。

マネージャーになり、マネージャーさんの裏で動いてくれている姿を見て、聞いて、存在を改めてありがたく思いました。
また、毎日選手を見ていて、歩きながら動きを確認して、首をかしげて悩んでいる人もいれば、ストレッチをしながらリラックスして話している人、故障をしていて補強で追い込んでいる人、練習後にプラスの練習をしている人など、落ち込んだり、悩んだりして、目標の為に頑張っているみんなの姿を見ると、この環境に居れて、関大陸上部で良かったと思いました。
この素晴らしい環境、素晴らしい仲間が居る事を当たり前だと思わずに、また、自分もその素晴らしい環境の中の一部だと思って、毎日練習に取り組んでほしいと思います。


今年の全体練習は25日までだったと思うので、また年明けからみんなでまとまって頑張って下さい\(^^)/♪
応援しています(^^)♪


では、次は陸上部の卒業アルバム作りを代表して頑張ってくれている永田氏です⊂((・⊥・))⊃♪
よろしくね〜( ´ ▽ ` )ノ

2011/12/23(金) 走り納め
こんばんわ。
ただいまリバウンドを食い止めるために
ちょいちょい部活に顔を出しております日隈です。

向山さんが御察しのとおり、クリスマスはカップルの巣窟でアルバイトです(T_T)
バイト中に泣かないように気をつけます。


今日もたまたま部活に行き、現役生でも苦しい練習を運動不足の状態で
突撃して、死体の如くぶっ倒れてましたorz

でも、やっぱり陸上好きだなーって思えました。
僕は高校時代から陸上始めたので7年間のキャリアですが、
こんなに熱中できることは今後あるんかなって思えるくらい
とても充実した7年間でした。

メンバー落ちしたり、唯一の投擲の同期が部を去ったり、
パート長が嫌になったり、関カレで一度も入賞できなかったりと、
大学では辛いことの方が多かったけど、関大陸上部で
得たものは自分の財産として今後の人生に活かしていきます!


現役生に伝えたいこととか、そういうのは
追いコンまでに考えておきます。


...と、ガラになく真面目なこと書きましたが、
一月とかはまた練習行くんで、嫌な顔せずに受け入れてください&#9835;


じゃあ、立派なことは他の方が書くと思うので、
僕はこのへんでバトンタッチします( ´ ▽ ` )ノ

次は一ヶ月ぶりの再会がラーメン屋。かわむらひとみです☆

2011/12/22(木) ありがとうの気持ち

ご紹介にあずかりました、跳躍パートの向山です。
マッキーも言っていましたが、もう早最後の部員日記なんですね。
本当に4年間はあっという間でした。

前回の部員日記は、ちょうど関西インカレの直前でこの場で
13年間の陸上競技生活の集大成となるような結果を残す!
そして、今まで支えてくれた多くの人に感謝の気持ちを持って試合に臨む!
と宣言しました。

そのおかげもあったのか、奇跡としか言いようのない結果を残すことができました。
最後の最後までベストを更新することができず、悔しい気持ちもありますが
みんなが応援してくれている前で、やっと4回生らしい姿を見せることができたと思いました。
一緒に4年間頑張って来た仲間が自分のことのように泣いてくれたり、
OBの方々からお祝いの電話を頂いたり、中学・高校の顧問の先生からも連絡を頂きました。
卒業してからも、変わらなく気にかけてくださっている先生方や
先輩方が多くいることに改めて気づかせてもらいました。


7月の終わりに陸上部を引退して5カ月が経とうとしています。
陸上のない生活にもどんどん慣れてきました。
それでも、陸部のみんなに会いたいと思う気持ちはなかなか薄れないですね。
昨日、跳躍パートの忘年会がありました。
4回生が抜けた後の跳躍パートはどこか新しくなっていて、少し寂しい気もしました。
ただ、最近の跳躍パート、特に砂場の勢いは引退してからも耳には入ってくるし
試合の結果を見るたびに嬉しくなります。
先輩方が卒業後も試合に駆けつけてくださったりしてくれたように
私も後輩たちをこれからも応援し続けていこうと思います。
後輩のみんなも多くの人が期待していることを忘れないでいてほしいです。

自分が関西大学に居た4年間で、何を後輩に残すことができたのか。
それは追いコンまでに必死に考えとくとして、
ここでは13年間陸上を続けさせてくれた家族への感謝で締めくくりたいと思います。


お父さん、お母さん。
昔っからあれもやりたい、これもやりたい!と
本当になんでもやりたがりの子どもで大変だったと思います。
そのくせすぐに飽きてやめるし。
でも、唯一こんなにも大好きでやめられなかったのが陸上でした。
お父さんは陸上なんてハードなスポーツ体に悪い、
早死にするからやめろと中学から高校に上がる時も大学へ進学するときも
ぶつぶつ言っていました。
お母さんは「陸上好きな気持ちだけじゃだめなんやな」と
大学へ「入ってから不調だった私に言いました。
大きな試合でも、応援に来てくれることはなかったし
陸上を続けることには正直反対だったんだと思います。
二人の妹からは、実家に帰るたびに「おねえちゃんばっかり好き勝手ばっかりしてずるい」と言われます。

私が大学に進学してまで、陸上を続けるという選択をしたことで
家族には経済的にも精神的にも大きな負担をかけました。

調子が上がらない、なかなかうまくいかない時は何度も辞めたくなりました。
でも、家族のことを考えるとこんな記録じゃやめられないとも思いました。
そういう意味でも一番の支えは家族だったんだなと思います。

22歳のいい大人になってまで、迷惑かけっぱなしでごめんなさい。
全カレには結局出場できんかったけど、関カレ3位で大目に見てくれる?
散々迷惑かけてきた分、これからはしっかり働いて親孝行するから。
今まで本当にありがとう。


今私は実家のPCからこの日記を書いています。
きっとお母さんは明日さっそくこの日記を読むでしょう。笑
(ちなみうちの母は、かなりこの部員日記を楽しみにしていると思われます。出来るだけ止めずに更新してあげてください)

直接だとなかなか言いにくいものなので、この場を借りて言わせてもらいました。
明日結局照れくさい思いをすることになるだろうけど
それはどうにか我慢します。

後輩のみなさん、特に下宿生は家族への感謝を忘れずにこれからも練習に励んでください。

さてさて、もうそろそろXmasですね。
ケーキ屋は大忙しの時期なんです。
毎年実家が大忙しの中、デートを楽しんでいましたが
さすがに今年は感謝の意味も込めて帰省しています。
明日からさらに忙しさを増していくので、気合いを入れて働きたいと思います。

みなさん、よいXmasを。


そろそろ次の人にバトンタッチしましょう!
Xmasの予定は私と同じくバイト?
最近またリバウンドをしたというのは本当ですか?笑
っていうことでヒグマよろしく☆

2011/12/21(水) 夢が人を強くする
こんばんは。
短短パート、十種競技の槇場です。
まず始めに、部員日記を長期に渡って止めてしまい申し訳ありません。

気がつけばもう4回生の12月。
学生生活も残りわずか、そして僕にとって最後の部員日記です。


僕は中学生の時に陸上競技を始めましたが、陸上競技を始めたきっかけはただスパイクを履いてみたいという簡単な理由でした。笑
スパイクならサッカーや野球などにもありますが、どうしても尖ったピンが付いたものが履きたかったのです。

そんな理由で始めた陸上競技でしたが、自分の身体能力のみが武器となる陸上に魅力を感じ、どんどんにのめり込みました。

そんな中学時代、関西大学にはタータンのトラックがあって陸上をする環境は素晴らしいという話を小耳に挟み、
中学生ながら、絶対関西大学で陸上をするんだって親や友達に言っていたことを今でも覚えています。

高校は北陽高校に推薦をいただき、一生の恩師と思える先生にも出会うことができました。

そして、運よく関大に入ることができ、最高の仲間と陸上をすることができました。
挫折もありましたが、引退したあとも気が付いたらグランドに足を運んでいた自分はやっぱり、陸上が本当に好きなんだなと改めて感じました。

本当に簡単な理由で始めた陸上競技でしたが、憧れていた関西大学で、それもこの最高の仲間と陸上ができて、陸上競技に出会えて良かったと心から思っています。

そんな陸上競技を通して感じたことは

「夢が人を強くする」

目標に向かって努力することは当たり前のこと。

夢に向かって物事に夢中になったとき、人はそれを努力とは考えずに無意識に努力以上のことができるんじゃないかなと思います。

これから社会に出たあとも、陸上競技でつちかったモノは必ず武器になるはず!頑張ります。

ではこのへんで。
次はムコムコムコムコ、ムコヤマー!ワッショーイ!!
のさっちゃんよろしくー(^-^)/


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.