関西大学 体育会陸上競技部 部員日記
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年11月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/21 コロナがまた増えてきました、、、
2022/01/20 ハーフマラソンにむけて
2022/01/19 できることをしっかりする
2022/01/18 うぁぁぁ か・・・寒気が日本列島を練り歩いている
2022/01/17 故に頑張る

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 月 

2014/11/30(日) こんばんは
卒論は……がんばれていません、頑張っているふりです。短長パートの西田です。ちなみに卒論の仮提出は今日まででした。まだはじめにの書き出ししか書いていません。ゼミの先生ごめんさい……笑
今日の部員日記も増田君に言われて急いで書きました。忘れてました。夜分遅くの更新になってしまい、申し訳ございません……

さきほど西谷さんの日記をよみながら、私も小松先生に言われた名言をたくさん思い出していました。小松先生の言葉には重みがあり、説得力があり、いつも刺激をもらっていました。やる気を引き立たせてくれる魔法の言葉ばかりでした。最後の最後まで私の練習に付き合って指導してくださり、ありがとうございました。そして武内さん、原田コーチ、東さん、陸上部に関わってくださった全ての方々に感謝いたします。

今ふと、中学から約10年間陸上をやってきて得たものって一体なんだろう…と考えた結果、やはり1番は大切な仲間ができたことかと思います。ダメな時はダメだと言ってくれて、支えてくれて私を見捨てずに一緒に練習してくれた同期。仲間っていいなと思います。それに先輩や後輩、陸上部にはあたたかくていい人がいっぱいいて楽しかったです。ありがとうございました。元々根性がなく、すぐ自分に甘くなる私は陸上競技を通して、少しはメンタルを鍛えられたと思います。まずここまで陸上競技を続けてこられたことが奇跡です。笑 続けることが1番難しいからです。辞めるのは簡単です。色んなことを乗り越えて継続することに価値があるのだと思います。中でも関大のような自由かつ恵まれた環境で、自分なりに考え、自身を追い込み、きっちり結果を出せる選手って本当に素晴らしいと思います。それが本当に強い選手なんだろうなと思います。私はそんな選手になれませんでしたが。

何はともあれ、陸上競技を通して、嬉しいこと辛いこと数え切れないくらい多くの経験ができました。たくさんの感動、発見がありました。人生と同じでスポーツは上手くいってばかりじゃ楽しくないと思います。山あり谷あり苦楽があるからこそ楽しいんです。これがスポーツの醍醐味なんじゃないかなと思います。

後輩のみなさん、嬉しい時は全力で笑って喜んで、辛い時は思いっきり泣いて、悩みがあるなら気が済むまで悩んじゃってください。でも悩みすぎて無限ループにはまってしまうのはだめです。ケセラセラです。人生まだまだ…何とでもなります。人間いくらでも変われます。笑 まだまだいける!と自分の可能性を信じてください。自分を信じてあげられるのは自分自身です。そして学生生活、仲間と全力で楽しんでください。応援しています。
簡単ですがそろそろ終わります。

次は、今年一緒にホノルルマラソンに挑む藤田君です、よろしく。

2014/11/29(土) お肉の日
お疲れ様です!短長パートの西谷有加です!
引退してもうすぐ3ヶ月になります。今までの人生の中で確実に今、1番遊んでいる自信があります。11月12月毎日予定詰め込み過ぎて体調崩しそうです(笑)

陸上競技を始めて14年間、ご飯を食べていても勉強をしていても友達と遊んでいても常に頭のどこかに「練習があるから○○しなあかん」とか「△△しよう」という考えがありました。それが今、何も守るものがなくなったという感じで、開放感と空虚感が混じったような気持ちです。


私の人生のターニングポイントは高校3年生の夏でした。関西大学のオープンキャンパスでたまたま小松先生に出会い、お話をする機会があり「大学では短長パートでスピードをつける練習をした方が800mに活かせる!」とアドバイスをしていただきました。それが無ければ私は短長パートに入ること以前に陸上部にすら入っていなかったかもしれません。大学4年間、陸上競技の指導だけでなく、社会人としてのマナーや常識など様々なことを教えていただいた小松先生にはとても感謝しています。一期一会、これからも人との出会いを大切にしようと思います。

そして、私が大学に入って800mのベストを5秒縮められたのも、マイルリレーで人生で初めて全国大会に出られたのも全部、一緒に練習に励めた同期や先輩、後輩、たくさんの指導者の方々のおかげだと本当に思っています。個人的には800mで2分10秒にもう少し近づきたかったのですが、口で言うのは簡単ですが中々上手くいかないものですね。いざという時に心の弱さや甘えが出てしまうのが私の悪いところです。



------------------------------------------------------------------------------------

「頑張らんでいいから速く走れ」

「楽して速くなる!楽するというのは手を抜くことじゃない。効率良く練習するということや」

「質の高い練習をしなあかん」

「波騒は世の常である。波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚は歌い 雑魚は踊る。けれど、誰か知ろう、 百尺下の水の心を。水の深さを。」(表面のことだけに捉われてごちゃごちゃ言うてるのはただの雑魚。本質はもっと深いところにある。周りの言うことなんて気にしないでただ自分の決めた目標に向かってひたむきに努力する。)

これは小松先生から教えていただいた言葉をケータイのメモ帳に書き留めておいたものです。

経験がものを言う。後輩のみんなには、指導者の方の色々なお話やアドバイスを聞いて自分なりに解釈してプラスのエネルギーに替えてほしいと思います。


そして個人的な意見なのですが、陸上が好きで自分から陸上部に入部していても、陸上が嫌いになる、嫌になる、練習をしたくない時があると思います。私は怪我をしている時にそう思うことがよくありました。そういう時は練習しなくてもいいと思います。したくないことをしている時ほど楽しくないものはありません。あんなにしんどい思いをして練習をするのは楽しいと思えたり何か目標があるからだと思います。それが楽しくもないし、目標もなくだらだらやってしんどいだけってただの地獄だと思うんです。

だからそういう時は初心に戻って考え直したり、友達や先生に相談したり、好きなことをして気分転換して、何か新しい思いや気持ちを持ってまたグラウンドに降りて来たらいいと考えています。
これは甘い考えかもしれないので参考までに(笑)

何かで悩んでいても、終わってしまえば、ただの思い出話になるもんです。考え込まずに楽しくいきましょ〜♪♪

いっつもあほみたいに笑って、しょーむないこと言っても構ってくれる仲間がいて私は幸せでした。部活に遊びに来ていたわけではありませんが、本当にみんなと一緒に冗談も言いながらわいわい練習できてとても楽しい4年間でした。その楽しい4年間を用意してくれた両親にも今後恩返しをしていこうと思っています。とりあえず来年から真面目に働きます(>_<)

卒業までの間、ちょこちょこ部活に顔を出すと思います。走らないとぶくぶく太ってしまうので…。もう後少しですが、これからもよろしくお願いします!

次は最近卒論を頑張っている西田さんです!よろしく(*^^*)

2014/11/28(金) 来週から冷える
そうなので、これから本格的に冬季練に臨む人たちは体調管理に十分気を付けてください(鼻声)。

10月に内定式がありました。
内定式から懇親会までえらく時間があるなと思ったら、
その場でTOEICの抜き打ちテストがありました。とばっちりでした。
現在は会社から指定されたTOEICの通信教育に勤しんでおります。

先週は神戸マラソン(クウォーターの部ですが)に出場させていただきました。応援のチカラって本当にすごいなと思いました。
みなさんもシーズン迎えたら試合でしっかり仲間を応援しましょう。

私事ばかりで大変恐縮でした。
重ねて冬季の体調管理に十分注意してください(鼻声)。

次は西谷さんです。
よろしくお願いします。

2014/11/27(木) おつかれさまです。
1日空いてしまってすみません。
短長で走らせてもらってた須田です。

部活を引退して、時間があり余ってしまうんだろうなーと思っていたのに、現実はむしろ引退してからの方が時間が足りないと思う程、ドタバタやってます。
今までバイトをしてなかったので、お金を貯めるために必死に派遣で働いて、派遣が入ってない時は卒論に追い込まれて、2日間と5日間の2回の介護実習に行ったりと、全然遊べてはないけど充実はしてるかなと思います。
今まで毎日陸上のことばっかり考えて、陸上の友達とばっかり関わってきていたのが、180度生活が変わって新しい出会いがたくさんあって世界が広がったのを感じています。
この調子でどんどん世界を広げて行きたいと思っているところに上手いこと海外に行く機会が与えられました。笑
人生はうまく出来てるなと思います。笑

こんな感じで引退後の生活楽しんでいますが、やっぱり一番楽しいのは陸上がんばってた時期だなーと思います。だから現役のみんなは陸上がやれている"今"を存分に楽しんで下さい。引退したらもう戻れないんでね。
がんばってください!

次は中森くんです。よろしくお願いします。

2014/11/25(火) こんばんわ
どーも。最近バイトをクビになった青木です。


部員日記を1日あけてしまい大変申し訳ありません。

さてさて、10年間続けた陸上競技を引退して早いもので2ヶ月が過ぎました。
青木=陸上マニアというイメージが強いのか、陸上競技を辞めた今よく、「何してるの?」と聞かれます。
私は今、「今しかできない事」を考え、徐々に行っています。
具体的には、野宿をする、ママチャリで岐阜へ帰る、ヒッチハイクの旅をするetcです。笑
それというのも、この社畜までの残りの期間、何か濃い物にしたいと考えたからです。

みなさんも是非やってみてください。笑

とは言え、陸上競技に熱く打ち込んでいた頃と比べると何か違った物足りなさを毎日感じています。
今までの人生において陸上競技が大半を占めていたためこれから、陸上競技ほど熱くなれる物に出会えるのかと考える事とふと、寂しくなります……

とりあえず今は、暇を噛み締めたいと思います。



次は、須田くんです。よろしくお願いします。

2014/11/23(日) こんばんは。
こんにちは、吉本です。もう最後の部員日記です。
陸上を始めて11年間本当に様々なことがありました。大学にスポーツ推薦で入学させて頂いたのに、いい結果を残せず、この関西大学へ導いてくださった方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。高校時代、恩師が「過去の自分を捨てない限り、その上へは行けない」とチームメイトに言っていました。その言葉は、まさに自分に当てはまっていたと思います。

でも、私はこの四年間後悔は全くしていません。厳しかった高校時代とは違い、自由で自分のやりたいように伸び伸び陸上させてくれるこの環境にとても感謝しています。今までとは違い、また違った角度から練習方法を考えれたり、悔しい思いもさせてくれました。中・高・大学とそれぞれ違った陸上環境があり、この競技人生を通じて、誰よりも貴重な体験をし、誰よりも濃い時間を過ごせ、成長できたと感じています。

また、陸上のお陰でとても大切な仲間もできました。先日、陸上で出会った関東の友人が遊びにきてくれました。陸上をしてなかったから、関東に友人を作るなんてなかなかできませんよね^ ^

私も後輩になにかいいメッセージをと思ったのですが、いいことが思いつきません(笑)対した先輩ではなくてごめんなさいm(_ _)m立派でもなく、偉大でもなかったけど、仲良くしてくれてありがとう^ ^特に、短短の後輩女子には本当に感謝してます。各学年一人という淋しい状態だったけど、今の一回生のおかげで盛り上がりました^ ^来シーズン期待してますね!!そして、陸上も遊びも勉強も就活も何事にも全力で取り組んでください。今しかできないことを、悔いなく全力で♪貴重な四年間を無駄にだけはしないでね!

池田総監督をはじめ、OB会長、監督、コーチの方々、小松先生、四年間お世話になりありがとうございました。お力添えがあったからこそ、全力で競技させて頂くことができました。本当にありがとうございました。

そして、両親にも本当に感謝しています。11年間、毎試合のように応援にきてくれたり、支えてくれて本当に感謝しています。感謝してもし尽くせません。ありがとう!これから社会人として、しっかりと親孝行していきます。

最後に再び!大学の部員日記で書くのも変なのですが、私をここまで導いてくださった高校時代の恩師が毎日のように言っていた言葉を紹介します!
『頑張るしか道はない』です。以前にも書いたことがあるような気がします。(笑)でもこれは本当です。辛いことがあっても頑張るしかないんです!神様は頑張ったの多い人から助けてくれます。今挫けそうになっている人!頑張るしか道はない!ふぁいと!!!きっと、芽が開いてくれるはずです。

長くなってしまってごめんなさい!これからも関西大学陸上競技部の益々の活躍を祈っています^ ^

次は、短長の青木くんです

2014/11/22(土) 平均睡眠時間12時間の男の日記
ちわーっす。
短短パート4回生の安塚大です。

引退してから髪を染めて、バイクの免許をとって、ハムスターを飼って、釣り行ったりユニバ行ったりキャンプ行ったり競馬行ったりたまに部活に顔出したり。友人と共に残りの学生生活を楽しんでいます。陸上競技生活が終わって改めて振り返ると、陸上競技に出会えてよかったと心から思います。高校・大学と陸上競技を通して、心を許せる大切な人達に出会うことができました。悩んでいて苦しい時も、部活でみんなと会って話しているうちに悩みなんてぶっとびました。高校の陸上部の人にもいつも話を聞いてもらい、助けてもらっていました。そう考えてみると、ずーっと人に支えられて生きてきたんだなぁと思います。後輩のみんなには人に頼るということを知ってもらいたいです。僕は今までずっと人に頼ることが苦手でした。でも、一度打ち明けてみると、こんなにも気持ちが楽になるものかと大学で初めて知りました。後輩のみんなもなにか辛いことがあった時に、抱え込まず、相談出来る相手を1人でいいので見つけてください。人に弱みを見せることは決して悪いことではないし、その人はきっと助けてくれると思います。

そして、こんな出会いの場を与えてくれた両親には本当に感謝しています。小学校・中学校と野球をしていた僕が陸上をしたいと言った時、本当は野球をしてほしかったんだと思います。でも大の好きなようにしたらいいと快く受け入れてくれました。大学に行きたいと言い出した時も、下宿をしたいと言い出した時も、民間企業の就職活動を辞めたいと言い出した時も、いつも両親は僕を応援してくれました。両親のおかげで他人には真似できない経験が出来たし、色んな人にも出会うことが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。これから少しずつ親孝行していけたらいいなと思います。

最後に僕、11月いっぱいで下宿をやめるんです。引退してから大学の陸上部の人と遊びまくってたからすんごい寂しい。部活に行って後輩と会える機会が少なくなるのも寂しい。まぁでもいざとなれば大阪に出てくるし、陸上部のみんなとは就職しておっさんになっても酒でも飲みながら語り合いたいと思っています。後輩達は今は全力で陸上頑張ってね。応援しています。もし頼る人がいなかったらいつでも僕に頼ってきてください。長くなりましたがこの辺で失礼します。

次は吉本です。

2014/11/21(金) アジ釣りが上手いのに女の子からモテない


短短パート長谷川です。
引退ライフ楽しんでおります。(近況報告おわり)

さて何を書こうか迷ってるんですね〜
まあせっかくなので、会計をやってた時に思ったことでも少し書こうかなと思います。愚痴とかではないです。

えーズバリ、みなさんはなぜ、部活動という形で陸上競技をやろうと思ったのですか?ということです。
ルール(というよりほぼ束縛)も多いし、練習時間も決められているし、なにかとみなさんに対する要求が多いです。陸上競技は個人種目なので、団体に所属せずに競技を行うことは可能です。なのになぜ、みなさんは部活動に入ったのでしょうか?
私の答えはこれです「メリットがでかい」これに尽きます。

部活動に所属すると、仲間に出会える、試合出場の手続きが楽、など様々なメリットがあると思います。しかしこのメリットはみなさんに対する様々な要求によって成り立っています。
例えば、「みんなで一緒に練習できる」というメリットは「練習時間は守ってください」という要求にみなさんが応えてはじめて成り立ちます。当たり前のことですね。
他にも「指定日時に書類を提出」すれば「試合の手続きは代表者がやってくれ」ます。
みなさんが部活動に所属することによって受ける恩恵を最大限に活かすには、他でもないみなさんがルールをしっかり守ることが大切です。そして部員全員の利益を尊重し合うことが大切です。野利会長もいつもおっしゃっていることですが、陸上は個人競技でもありチームスポーツでもあるんですね。

ところで部活動に所属するメリットとデメリットはどちらが大きいのでしょうかという話ですが、それは個人にかかってると思います。
出会えた仲間も、整った設備も、みなさん自身で活かしてください。でなければ、そもそも部活動でなくてもよかったなんてことになりかねないですからね。なぜ部活動という組織で陸上をやっているのか、みなさんも一度立ち返ってみてはいかがでしょうか?


さあ当たり前のことを長々と書きましたが、こんなこと書いても女の子にモテないゾ☆〜(ゝ。∂)
四年間ありがとうございました!



次は安塚犬です

2014/11/20(木) 追いコンはどちら側にいるか注目してください
短短パート田畑です。

来年も関大で陸上をするつもりでしたが、出来るかどうか分かりません。ですので、最後の部員日記になると思います。しっかり書きます。

4年間を振り返ると充実した陸上生活だったと思います。同じ目標をもった先輩や後輩。そして同期と毎日練習をし、試合に臨めた経験は今までにありませんでした。大学にきて、初めて陸上を好きになれました。それは関大の環境が素晴らしかったからだと思います。

もちろん、後悔なく終われたかといえば、そうではありません。度々妥協をしてしまいました。もっと出来たと思います。後輩には、僕を反面教師にしてもらって、後悔しそうなことはしないと決めることをおすすめします。

妥協をしない練習とは、精一杯走るだけでは無いと考えています。身体のケアであったり、理想的なフォームであったり、充分な睡眠や、思想までにわたって、勉強をすることも必要だと思います。

大学に入って競技が伸びず悩んでいる人も多いと思います。這い上がるために、僕から出来るアドバイスとして、死ぬほど練習するか、練習をやめるかのどっちかだと思います。サボるとは違います。僕は練習をいい意味でやめてから、成績がではじめました。僕の身体は、追い込んだ状態で練習をしても効果的とはいえなかったみたいです。参考にしてください。

高校で培った知識をそれぞれ持っていると思います。しかし、高校の頃は〜といわず、新しい知識を貪欲に吸収することは大事だと思います。高校の頃とは生活リズムも変わったし、体も成長しているし、筋肉もついているので、高校の頃と同じというのだけではならない。これは久米さんの受けおりです。

偉そうに書きましたが、参考になる人がいればとしっかり書いたつもりです!ご容赦ください。

最後になりましたが、同期のみんなとは今でも、大人になっても遊ぶ仲間です。後輩たちも同期は大切にしてください。寺西たちの代は本当に仲がいいですね!

長くなってすみません!4年間を振り返ると胸にぽっかり穴が空いてしまいました

次はアジ釣りの達人長谷川翔平くんです

2014/11/19(水) まだ自分の番があったんだ
遅めの更新失礼します。
後輩からとても素敵な紹介を頂き少し照れています。
どんな挨拶をしていたのかすら忘れてしまった短短パート4回生の榎本です。

引退して早2ヶ月、月日はあっという間に過ぎてしまい寒い季節がやってきました。
去年までならここから苦しい冬期練習が始まるのですが、今年は無いのかと思うと少し寂しく感じます。
あんなにも辛く、しかし達成感と充実感に溢れた日々は今後味わうことが出来るのでしょうか。

とまあ暗いかんじになってしまいましたが、今はいまでめちゃくちゃ楽しんでおります笑
ひたすらバイト遊ぶ卒論バイトバイト遊ぶちょっと卒論遊ぶバイトの日々を過ごしています!
現役時代を思うとこんなにも遊んでいていいのかと罪悪感を覚えますが、「もうすぐ就職だから今だけは」と言い聞かせて遊びに出掛けます。笑
最近で一番楽しかったのは釣りですね!
釣って捌いて調理して食べる!美味いですよー
みなさんも趣味のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

近況報告もほどほどに、今回で部員日記も最後となりました。
引退した途端後輩たちに一瞬で追い抜かれ、ちょおっと書きづらいんですが後輩たちへ
とにかく限られた期間しか出来ない陸上を死ぬ気で頑張ってください!
その日の練習でぶっ倒れても次の日にはまた走れるのですから、毎日を全力で駆け抜けてください!怪我だけは気をつけて…
良い結果を心待ちに、最後の部員日記を締めようと思います。
4年間ありがとうございました!
また会う日まで!

次は部員日記最後になるのかな?同じく短短パートで4年間いっしょに駆け抜けてきた田畑くんです!

11月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.