関西大学 体育会陸上競技部 部員日記
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年10月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/24 冬本番
2022/01/23 嬉しいこと
2022/01/22 悩み
2022/01/21 コロナがまた増えてきました、、、
2022/01/20 ハーフマラソンにむけて

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 月 

2018/10/23(火) 11月3日ラストレース
赤松から紹介がありました、ミドルパートの藤原です。投稿が遅れてしまい申し訳ありません。同期が引退していく中でも、赤松が大好きなので赤松が引退するまで走り続けます。

僕は、成功=結果であり、結果の出ない努力は無駄だと考えていました。その考えの裏付けは中学高校と順調に記録を伸ばし、自分の目標はある程度達成し、成功してきたという自信があったからです。なので、「結果よりも目標に向けて取り組んだことが大切」という言葉は言い訳や逃げだと思っていました。
しかし、大学に入って思うように走れなくなると、自分の陸上生活は失敗で、自分の4年間は無駄だったと考えるようになりました。そこに就活が行き詰まったことも重なり、7月に一度引退をしました。
引退したものの、陸上から逃げたという気持ちと、一生「陸上=失敗」のままでいいのか?と考えました。悩んだ結果、後々陸上の事を振り返った時にやり切ったと思えるよう、また復帰させていただきました。
そして、先日5ヶ月ぶりに試合に出ました。結果は予選落ちでしたが、試合は勿論、ここに向けて取り組んだ練習も失敗や無駄ではなかったと思いました。結果で自信は持てませんでしたが、記録向上のために取り組んだ事には自信を持てました。
4年間を通じて結果以外にも大切な事を学べたのは良かったです。

1〜3回生には、まずはそれぞれの目標達成に向かって頑張ると共に、今しか学べないことを大切にして欲しいです。
そして関西大学陸上競技部の活躍を願っています!
本当にありがとうございました。


次は上田先生です!

2018/10/20(土) まだ頑張ります
こんばんは。実はまだ引退していない中間距離パートの赤松です。
現在は研究が大忙しで、なかなか全体の練習にいけてませんが、走り続けてはいます。
自分自身、今年の秋までに目標としていたタイムが切れずに、なにかモヤモヤとした気持ちなので、諦めがつくまでとことん走ってやろうと思ってます。
皆さんには最後に満足できるかたちで、何より楽しかったと思えるような引退をしてほしいと思います。ときにはしんどくなったり、辛いこともあると思いますが、陸上競技を楽しむことを忘れずに部活に取り組めるように頑張って下さい。応援してます!
引退はもう少し先ですが、4年間ありがとうございました。皆さんのご活躍を心からお祈りしております。
次は、現在もなお同じく走り続けてる藤原です!

2018/10/19(金) またお会いしましょう
失礼します。短長の村井です。我らが短長の魂、樋上敬太からついにまともな紹介を受けることができ感無量です。ネボウデタイチョウフリョウ…?お恥ずかしい。朝が苦手で。
高校時代からの師、寺田さんに無理を言って中央グラウンドまで案内していただき、この関西大学陸上競技部を初めて訪れてから3年半と6日。去る10月16日、大学での陸上競技に一区切りをつけました。引退してから早くも3日が経過し、現役時代69.3kgあった体重は69.7kgまで激増しました。心なしか腹も微妙に出てき始め、適度な運動の大切さを実感する日々をおくっています。
僕も自分の経験から何か伝えようかと思ったんですが、樋上君とまったく同じ理由で割愛させていただきます。というわけでここからは完全に個人的な陸上部での思い出話を語ろうと思います。喋るのは苦手ですが綴るのは好きなので。今これを読んでいる方、辞めるなら今です。
関大陸上部に入ってからはとにかく全てが新鮮でした。公式大会を行えるレベルの400mフルタータンという完璧な設備。始めは顔を見て話すのも緊張するような強さと荘厳さを兼ね備えた先輩方。目標であり、いつしかライバルと呼んでくれた同期達。全国津々浦々からやってくる強力な後輩達。今まで踏み入ったことのないくらいスケールの大きい環境で自分はどこまでやれるのか、その限界を突き詰めたいという思いで陸上部に入ったのを今更思い出しました。
ここでの4年間は充実しっぱなしでした。見たことのない世界も沢山見ることができました。雲の上の存在だった選手ともすぐ近くで勝負するチャンスを何度もいただき、案の定ボコボコにされた人もいれば、互角に渡り合えるようになった人もいたかもしれません。関西で決勝進出、全日本インカレ出場という2つの目標もマイルで達成することができました。自分の自己ベストで自分より喜んでくれた人もいましたし、レース前に割れんばかりの声援をくれて奮い立たせてもらったこともありました。最後の関カレであの大応援をもらえて良かったです。本当に、今後一生ないくらい濃すぎる陸上生活をおくらせてもらいました。
正直まだまだ大学生やりたいし、卒業しても暇を見つけて走りたいし、来来来世でも陸上がしたいです。ひとまず、この4年間でできることは、時間の許す限りやり切りました。もう走れません。
てな感じで終わります!絡んでくれた人たちありがとう!!皆様お元気で!!

順番うろ覚えで申し訳ない。次は赤松君でしょうか?お願いします!!!!!

2018/10/18(木) 1103 2193 4837
竹嶋くんから紹介預かりました、22歳なりたてほやほやの樋上です。何歳になっても、誕生日に友人、家族、後輩におめでとうと言ってもらえるのはうれしいものですね。



さてさて、今回の部員日記は4回生最後らしいですね。何かみなさんに心に響くメッセージを伝えたかったのですが、僕自身大した選手でも人間でもないのでやめておきますね。やっぱり心に響くメッセージというのは内容ではなくて、話し手が一番重要だということですね。


まあ、ここで何も言わずともパート長として短長パートにはうるさいほど僕の熱い気持ちを伝えたので大丈夫です、きっと。



最後になりますが、東コーチ、監督、幹部の方々、そして短長パートのみんな、この場を借りてお礼の気持ちを述べさせていただきます。4年間ありがとうございました。
4年間楽しく、そして陸上競技に没頭できたのは皆様のおかげでした。ささやかながらですが、今後も関西大学陸上競技部をOBとして応援しています。来年こそは、つよい関大になっていることを期待しています。南がんばれ、短長がんばれ。


てなかんじでおわりやす。

次は、僕の親友であり最大のライバルであり4年間ほぼ毎日一緒に帰り、ある日は先輩たちに共に酒に潰され、しまいには遅いと罵れそんな逆境の中成長をしあってきた村井君です。村井君!もう寝坊で体調不良って言っちゃダメだからね!!!!てことでよろぴく。

2018/10/16(火) のんびりな毎日
こんばんは。

陸上競技は9月頃まで続ける予定でしたが、突然消え去った竹嶋です。
沖くんから紹介がありましたが、クリーンどころかベンチプレスも衰え痩せ細る一方です。

タイトルに書いた通り、部活動生活も終わり、研究室にこもってのんびりした生活を過ごしています。稀に友人や先輩と身体を動かしに行く時もありますが、現役の時ほど熱は入りません。これはポジティブな捉え方をすると結果に関係無く、後悔しないように陸上生活に打ち込めたからだと思います。納得のいく結果が出ない人もいると思いますが、自分なりに考えて練習に取り組めば、こうすれば良かった。もっと頑張れば良かった。といったタラレバも無くなるかもしれません。
1意見として参考にしてみてください。

シーズン終盤、良い結果が出ることをお祈りしています。

次は確か今日誕生日の樋上くんです。おめでとう!!!

2018/10/15(月) 神の7秒間に命を懸けろ
また、自分語りに戻っとるやんけ!今吉!

どうも、フィジークに種目転向した沖佳史です。最近、陸上界もフィットネス業界も盛り上がってきましたね!
陸上も筋トレも、自分の限界に向き合って全力で自分をぶつける事ができる素晴らしいものだと本当に思います。

大学の4年間で、何かに全力で取り組む事が出来れば人生豊かになると思います!Light weight!!

結局、みんなに何が言いたいか、何を伝えたいかというと

パワー

次は、クリーンは俺に任せろ。でお馴染みの竹島くんです。おなしゃす

2018/10/14(日) 最後
塁から紹介されました。今吉隼大です。
リリックねぇ…。ラッパーの才能ないんで許して

ついにきましたね、最後の部員日誌。何も思い付いてないんで今思いついたことを書こうかと。

とりあえずこの4年間、長かったなと感じます。中学、高校の3年間は短かったのに、大学の4年間は3倍くらい長かったなと感じます。たぶんしんどかったからでしょうね。ケガが多く、タイムも伸びず、主務仕事もあったので。もちろん楽しいこともありましたがそれよりもしんどいことが圧倒的に多かったと思います。
ではなぜ引退の日まで続けられたのか。まぁ単純に途中でやめるのが嫌だったからでしょうね。去年から決めていたのでそこまではやりきろうと考えていました。さすがに引退試合がなくなることは想定外でしたが。だからこそ終わった時はもう限界でしたね。しばらく走りたくないって今は思ってます。
ただ結局時間経ったら走りたくなるんだろうなって思います。練習時間なくなるんで400は厳しいとしても100あたりは走ってそうですね、来年も。

さて、自分語りはここまでにして後輩に伝えたいことを書こうかと思います。言いたいことはただ1つ、引退するときにやりきったと思えるまでやってほしいと思います。大学は高校までと違って成長期はほぼ終わった状態。ベスト出して活躍できる人もいれば僕のようにベストを出せず引退することになる人もいるでしょう。そこはどれだけ練習してもなるようにしかならないと思います。非情ではありますが練習したら必ず伸びるとは言いません。僕は就活ではなかったので引退までほぼずっと、休むことなく練習していました。それでも結果は出なかった。だから根拠もなく練習を続けてさえいれば結果が出るなんてことは絶対ないです。
でも、だからといって投げ出すことは許されないと思います。最後までやり続けたからこそ見えるものがある。人から評価されるものもある。それを途中で投げ出すのはもったいないです。
僕は人の評価は引き際に決まるものだと思ってます。僕はなぜかわかりませんが引退の日に皆から応援してもらい、声をかけてもらい、また顔を出してと言ってもらえました。これが皆からの評価なのかなと思います。後輩の皆は最後、どのように評価されるんでしょうか。最後の瞬間何を思うのでしょうか。どこまで自分の陸上生活に満足できるのでしょうか。それは最後までやりきった時に初めて見えてくるものだと思ってます。

僕は来年から大学院に進みます。心の専門家になるために毎日学び、訓練を受けることになります。今まで中心にあった陸上がなくなったと思ったらまた新しい挑戦をすることになります。そしてそれは終わることなく死ぬまで生活の中心になるものでしょう。それでも僕はやりきります。それが選んだ道なので。

長々と、何のまとまりもなく書いたのでここで筆を置きます。たまーに練習行くかも知れないのでそしたら暖かく迎えてほしいと思います。本当に今までありがとうございました。

次はフィジーク・沖です。大会に出たということを僕は噂でしか聞いてないです。結果はどうだったのでしょうか?それではよろしくお願いします。

2018/10/13(土) hiphopシーンの今、人と凌ぎ合う。
こんばんわっさー。
部員日記、遅れて参上。その内容は濃くてなんぼ。rep hip hopこと吉原塁です。japよりus派、タバコよりガンジャ派です。
それとrapは韻だけではありません。
分かる人にはわかる。これもhip hopなんですよね。正直、村田光くんやMr.片岡くんしか理解してくれないと思いますが、わからない方はR.I.P。わかった方はhip hopを丸かじりぃ〜

僕のパートには個性的な奴が沢山いて、ばりストイックな奴もいるし、常にふざけてる奴もいるし、なんかばり勉強できる奴いるし、オタクもいるし、ゲーム大好きな奴多いし、おっぱい大好きな奴いるし、顎がない奴までいます。全体的に精神年齢が低くて本当に最低です。僕はどれにも当てはまりません。なので最期、まで馴染めませんでした。でも勝手にみんなのことが大好きでした。

僕がそんなみんなに伝えたいことは、いろんなものに触れてほしいということです。今陸上しかしてない!って人はもったいないと思います。私達は陸上選手である前に学生です。一つのことに懸けるのは少し危険ではないでしょうか。もちろん陸上を頑張ることは素敵です。ただ心の拠り所は必要だということです。つまり、メリハリです。それが出来たらきっと学生の本分、勉強、部活、恋愛うまくいきます。
だから、今この部員日記を見ながら何もしてない人は、今はテスト前でも部活の時間でもないので、好きな人にでも会いに行ってステキな時間を過ごせばいいと思います。

人の考え方はそれぞれですが、たまには人の言う事も実践してはどうでしょうか!では、一旦最初に戻って、最初の僕のバースの意味を考え、hiphopを聞いてみましょう。サンプリング、そして割と韻踏んでますよね???笑 タイトルも。それが嫌なら好きな人に会いに行ってください。時間の無駄です。

この部員日記にくらっちまったって人は是非僕に声をかけてくだちい。

頑張りすぎずに頑張ってください。みんなが一瞬だったと言える大学生活でありますよーに!以上です!
本当に今までお世話になりました!ありがとうございました!!

次は今吉君です。俺よりくらうようなリリック待ってます!

2018/10/10(水) ラッパーのツイートって教養なさそう
こんにちは。
村田光です。

主務たちの感謝してくれアピール、むっちゃ寒いと思いますが気持ちは分かります。主務に限らず部員の目に見えないところで仕事をしてくれる人がいるおかげで活動できています。
ありがとうです。

つまり僕が言いたいのはおれにも感謝しろ!!!!!!ってことです。

やっぱこんなん言うんは寒いです。

次はオズワルドaka吉原塁くんです。
どんなバースを蹴るんでしょうか、楽しみです。

2018/10/09(火) 教習に苦戦中
女子短距離パート 4年 宮田実奈です。
9/6に行われた全日本インカレの4継の3走を走り、競技を引退しました。

色々あったけど、この関西大学体育会陸上競技部に入部してよかったです
って苦しかったことを美化できるほど単純な4年間ではなかったです。
思うような結果を残せずかっこ悪い選手だったし、人との関わり合いで悩む日々でした。
でも、入部したことを後悔はしていないし4年分の時間を否定する必要もないなとも思っています。
うまく表現するのが難しいです。

私は入部当時は優秀な先輩や同期がいる中で受験勉強のブランクを取り戻すことに必死でドン底からのスタートでした。
リレーを走りたい、と思っていたものの実力不足が故に補欠だったり、たまに正メンになったり、かと思えばまた補欠になったりの不安定な立場が多かったです。
そんな私が最後の最後に全国の舞台でリレーを走れたのは本当に嬉しいことで、ここまで連れてきてくれた同期と後輩に感謝しています。
また、試合当日泣いてくれた、信じてくれた同期の2人、本当にありがとう。

伝えておきたいこと、
自分が困っている時に声をかけてくれる人、支えてくれる人を大切にして下さい。
活躍してる時に声をかけてくれる人の存在も勿論必要で激励が力になると私自身感じています。
しかし、調子が悪くなった途端に手のひら返してくるような人はどんな立場の人だろうが相手にする価値はないです。
あと、その時の気分で適当なことを言う人や、全体像を見ずに一部だけを見て判断したり、最新の情報ではなく思い込みやイメージだけで物事を判断する人も同様です。

誰を信用するのか、誰に付いていくのかを自分の目でしっかりと見極めて下さい。
もしも信用する、付いていく価値がないと判断した場合は所属してる組織を変えることは一つの選択肢だと思います。女子短距離パートの後輩達が行った様に。
しかし、今後社会に出て不満を感じた毎に転々とする訳にはいかない場合もあると思います。相手を説得できるような結果を残したり信頼を身につけることも選択肢の一つではないかと思います。
考えて考え抜いて自分で選んで下さい。

関西大学陸上競技部に所属する全ての人に幸あれ。
皆さんのご活躍と心身の健康を心から願っています。
4年間本当にありがとうございました。
次は村田光くんです!

10月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.