関西大学 体育会陸上競技部 部員日記
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年12月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/24 冬本番
2022/01/23 嬉しいこと
2022/01/22 悩み
2022/01/21 コロナがまた増えてきました、、、
2022/01/20 ハーフマラソンにむけて

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 月 

2018/12/30(日) 仙人モード極めたい
最強のみすかたから紹介されました瞳です。彼はちょけてるけど速いし信念を持っているので尊敬してます。最近NARUTOにハマっていて厨二病を極めています。しかし、この漫画から多くのことを学んでいます。ナルトのように真っ直ぐ強く生きようと思います。
さて、私はもう4回生になろうとしています。もうすぐ引退です。就活と今後の未来を考えて日々病んでます。しかし日々の部活で同期や後輩と会えると楽しくてなんとか踏ん張れてます。そして就活の相談にも乗ってくれご飯にも連れて行ってくれる短短パートの先輩。私は周りに恵まれすぎています。結果も出せず苦しんでばかりですが最高の仲間に出会えたことには感謝しています。同期みんなで支えあってそれぞれの結果を出せるように頑張りましょう。来年もいっぱい思い出作り。その中で陸上でも最後に一花咲かせれるように頑張ります。皆様良いお年を
次は我らの誇り天然おバカのイケメン爽やかパンに穴あけたがりのパート長坂井隆一郎君です。

2018/12/29(土) 帰省したよ^ ^
こんにちは。みすかた こと短短パートの片岡です。もうすぐ2018年が終わってしまいます。今年は100mでベストを出すことができ、練習の成果が出たと思います。しかし、年を明けると10年以上続けてきた陸上競技の最後の年になります。陸上競技に対する思い出は山ほどありますが、ここまで来れたのは一緒に切磋琢磨し合った仲間達のおかげです。
大学ではみんなと旅行に行ったり、練習後にご飯に行ったり、カラオケに行ったりと濃い日々を過ごしています。といってももう1年ほどあるので来年はもっともっと濃く楽しい年にしたいです。
2019年はみんなとの思い出を作ることはもちろん、陸上競技でもぶちかます準備は出来ているので、悔いのないように学生最後の青春を過ごしたいと思います。
次は瞳 a.k.a. BLACK TREE こと黒木くんです。よろしくお願いします!

2018/12/28(金) 早く帰省したい
1日遅れてしまいすみません。短短パート3回の伊藤です。29日に車の修了検定があるので、静岡にまだ帰ることができていなくて、とにかく早く帰省したいです。毎日さわやかのげんこつハンバーグを食べようと思います。
今年ももうすぐ終わりということで、この1年間とても早く感じます。
陸上では、今年は試合や練習にあまり行けない日々がありました。その理由としては研究のため8月から11月にアメリカに留学させていただく期間を設けさせてもらい、またその1ヶ月前は英語の勉強に専念させてもらいました。とても自分勝手だとは思いますが、こんな自分を応援してくれて、このような機会を認めてもらった短短パートやパート長に今でも感謝しています。そのおかげで自分の将来やりたいことが明確になりました。来年からは研究が忙しくなり部活に行けない日がまた多くなってしまいますが、一部員として、何か短短パートのために貢献できるこは何でもしていきたいと思ってますし、また自分も行ける時はしっかり練習に取り組んで頑張りたいと思います。
今年は坂井隆一郎くんにインフルエンザうつされたので、来年は予防接種します。
次はみすかたくんです。

2018/12/26(水) 1日遅れました。。。
こんにちは。短短パートの泉家です。気づけばもう3回生の冬です。来年試合に出ない寄りで考えている私は、早くも引退の気分です。笑
思い返せばいろいろなことがありました。陸上へ対する熱が切れてしまった出来事もありましたが、同期の人たちに励まされ、ここまで続けることができました。励まされていなかったら、やめるまではいきませんが、恐らくたくさんサボっていました。同期はいい人ばかりで恵まれているなあと感じます。
私は、毎日の練習に多くの時間を費やしましたが、記録へつなげることはできませんでした。しかし、部活動を通じて関西大学陸上部のひとたちとのつながりを持つことができたのは、何よりの財産です。これからもたくさん思い出作ろう!!
引退する人の文のようになってしまいましたが、まだまだ練習頑張ります。特にウエイトトレーニング頑張ります。
次は伊藤くんよろしく!

2018/12/24(月) 雨は夜更け過ぎに〜
投擲パート唯一の4年との紹介を賜りました辰巳です。クリスマスイブの夜いかがお過ごしでしょうか。
ふと、我が投擲パート人生を回顧してみましたところ、現在おります投擲パートメンバーより投擲パートをやめてしまった者達の方が多かったことに気付いてしまいました。マジウケる。
皆述べておるように我々4年生は部員日記を書くことももう最後になってしまったようです。光陰矢の如しとはよく言ったものですね。
何を書こうかなと考えたのですが、大した選手でもないこの私が選手として残せる言葉なぞ微々たるもんだと思いましたので数年だけ早く産まれた年上として少しだけ綴りたいと存じます。
辻本前主将も下で仰っていますが、皆さんは陸上競技を楽しんでいるでしょうか。
どれほど真摯に陸上に取り組んだとしても結果がついてくるとは限りませんし、多かれ少なかれ後悔というものは必ず残ります。ああしとけばよかった、こうしとけばよかったってのはまぁ感じるもんです。それでも楽しかったなー と感じれるように、やりたいことは全部やってエンジョイしてください。皆さんの陸上人生が少しでも良いものであることを祈っております。メリークリスマス。

2018/12/23(日) こんにちは
跳躍パート4回の最後を飾る山本です。
引退してからはや2ヶ月が経ちました。10年間続けてきた陸上競技を引退して、少し喪失感がありますが元気に暮らしています。
練習していた時間を自由に使うことができるようになり、今まで陸上競技に費やしてきた時間がとても多かったのだと改めて気づくことができました。
皆さんもその時間を無駄にしないように、一生懸命取り組んでほしいと思います。
次は投擲パート唯一の4回生の辰巳くんです。

2018/12/22(土) 退陣後
辻本くんに場を整えてもらった跳躍パート4回の西澤です。僕が引退したのは今年の7月だったので、その時からもう5ヶ月も経ってしまいました。早いものですね。
さて、僕が書く部員日記といたしましては今回が最後ということで、日記を書くにあたって、大学での陸上を少し振り返りました。
結論から言いますと、競技面では僕にとって大学での陸上は悔いが残るものでした。元々大学に入っても陸上競技を続けた理由が高校で残った悔いを晴らすことだったのですが、結局残ってしまいました。入学当初からの走幅跳において7mを越えるという通過目標を達成できず、大会においても目ぼしい結果を残せませんでした。思い返せば思い返すほど悔いだらけですね。ただ、得るものが何もなかったかと言うと、そう言うわけではありません。陸上部に入ったことで大学生活を楽しく過ごせましたし、良い思い出も多くできました。お陰様で自己ベストも何回か更新できましたし、競技の技術を磨くことに伴って、深く考えながら行動する癖も身に付きました。なんだかんだ言って大学で陸上を続けて良かったとは思っています。これで結果が伴っていれば、最高だったんですけどね。残念ながらとっくに引退してしまいましたし、この先も陸上競技を続ける予定はありません。この悔いは社会で成功するなりなんなりして、別の形でも良いので晴らしたいですね。後は後輩に僕と同じ思いをしてもらわないように、競技者としての第一線を退いた身である僕は、応援を送るのみです。
ここまで書いて、ふと思ったのですが、なんだか日記というよりかは感想文のようになってしまいましたね。あんまりダラダラと続けてもしょうがないので、ここでやめておきます。
次は跳躍パート4回の最後を飾ってくれる山本くんです。

2018/12/21(金) 隠居後
兼藤さんから紹介していただきました辻本です。引退してからはや2ヶ月が経ちました。色々ありましたが私事ですので割愛しようと思うのですが、最近あった出来事で1番印象に残っているリーダーズキャンプで感じたことだけ書かせていただきます。去年は新主将として参加し、今年は縁あって1年間主将として活動してきた経験を後輩に伝えるオブザーバーとして参加しました。リーダーズキャンプを企画した体育会本部、参加した新幹部達はそれぞれとても輝いていました。同期のオブザーバーも、堂々と経験談を語る姿は同期ながらとてもカッコよかったです。それに比べて自分はと考えた時、みんなと比べてギャップを感じました。新幹部からの相談に対して競技特性上、特殊なチーム運営の経験は他クラブにそのまま落とし込めずに十分に貢献出来なかったこと、主将としても選手としても満足いく結果が出せなかったこと。色々考えられますが、何より競技者として自分自身が楽しめていなかった事が原因だと思いました。中学から陸上競技を始めて、大学での陸上人生は様々な経験をさせていただき、1番学びが多かったと自信を持って言えます。しかし中学や高校の時と比べて純粋に楽しめてはいなかったと思います。その傾向はこれを書く前に同期の部員日記の内容を見てると、自分だけではないと感じました。競技を始めたキッカケや大学まで続けることができた要因は楽しんでいたからだと思います。今のチーム状況などを考えると楽しむ余裕は無いかもしれませんが、もう一度やり直せるならいかに楽しめるかを考えながら競技に取り組もうと思います。
この後の西澤が多く語りたいと言ったので、その環境を作るために長々と日記のように書いてしまいました。すみません。

2018/12/20(木) 引退後
更新遅れて申し訳ありません。
跳躍パート4回兼藤です。
引退してはや2ヶ月が経ちました。早いものです。
思ったよりもあっという間に時間が過ぎていくことに驚いています。何故か部活をやっていた頃よりも忙しい気がします。
あとすぐに身体が疲れるようになりました。
お金は現役の時よりは潤いましたが、出て行くスピードには変わりありません。
何より今の生活では部員日記に書けるような素敵なエピソードはないですが、引退して改めて大学での陸上は本当に自分にとっての財産になったと感じました。
あと数ヶ月陸上部の部員である以上、謹んで行動するようにしようと思います。
次はもんくんよろしくです。

2018/12/16(日) 最後
こんにちわ。ロング4回の野原です。
選抜駅伝まで14日となると同時に私の陸上人生も14日となりました。大学での4年間の陸上は正直苦しかったことばかりでした。何度もやめようと思いましたが、同期のおかげでなんとか最後まで陸上部員としてやりとげれそうです。中学生から始めた陸上を大学までやるとは思ってもいませんでしたが10年間やってきたことは、誇りでもありますし自信になりました。これから辛いことがまだまだあると思いますが、陸上のが辛かったか、と思えばなんとか乗り越えられるのではないかと思ってます。3回生の夏からマネージャーになり選手としてやりきれなかったことに悔いは残りますがやめなくてよかったと思っています。
4年間一緒にやってきた3人とずっとサポートしてきてくれた両親には感謝の気持ちしかありません。
これからどうなるかわかりませんが大学に進学し陸上部に入部したことは間違いではなかったと思えるように頑張っていきたいと思います。
関わってくれたみなさんありがとうございました。


次は夢ちゃんです!!

12月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.