ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年10月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/30 5212 不寛容
2024/05/29 5211 人間様
2024/05/28 5210 在来種
2024/05/27 5209 松枯れ
2024/05/26 5208 回覧板

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/10/10(日) 231 上手の手から……
畳の1部屋をフローリングに。リフォーム計画は、まず、“これありき”でスタート。
廊下のフローリング作業は、腕慣らし的な位置づけでした。

骨を入れ、発泡スチロールの断熱材を間に敷き詰め、下地合板を打ち付けて準備完了となるのだが……

左上から下地合板を張って、2枚目に取りかかると、接合部で2ミリの段差ができるのだ。
骨との間に、何かが挟まったか? そんな形跡はない。はて??

11ミリの下地合板6枚を運び込んだのは私。9ミリが紛れ込んではなかった。

「大工さんだ!! 」。
実は数日前、下地合板を1枚、大工さんに融通していて、戻してくれたのが9ミリ下地合板だったのだ。大工さんが発注ミスをしたのです。

上手の手から水が漏れる。まさにこのことです。

無理なお願いは多数。これは御愛嬌でしょう。

「右から下地を張り始めたら、左からフローリングを張れ。そうしないとジョイント部が重なり、弱くなる」など的確なアドバイスを頂いているし…

目からウロコも多数ですから。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.