ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年7月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2018/07/22 3073 練習場
2018/07/21 3072 牛の日
2018/07/20 3071 瓶牛乳
2018/07/19 3070 手加減
2018/07/18 3069 起爆剤

直接移動: 20187 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/07/22(日) 3073 練習場
7月23日(日)。午前10時現在28℃。最高は29℃の見込み。既に誤差の範囲。湿度91%。朝方は乳白色に包まれていて、今の湿度がうなずける。

さて誤概念については、大体、ダウンスイングでの右脚の使い方のことだとお分かりのことだと思うが、具体的にはどういうことなんだと……

デビット・レッドベターの教科書に問題となる格言として紹介されている「パワーを出すには脚を使え」というのがある。でも、それは正しく使えば、という前提が。

私の場合は、その字面そのものを信奉して、とにかくダウンスイングで右脚をターゲットラインに向けて蹴り上げる、ということをやっていた。ボールをヒットするタイミング以前に右脚のヒールがめくり上がるぐらい。

そうなると、体はもちろん左側に押し出されるし、のけぞるような感じにもなる。
以前、インストラクターについていた頃、常に「伸び上がり」の欠点を指摘され続けていたが、ついぞ直らなかった。その原因に右脚の蹴りがあったのじゃないかと。

もう何十年のゴルフキャリアの中で常に悩まされてきたというか、常にまとわりついて放れなかった病の原因が、ここに解明しつつある興奮…… 

さてどうする。今度は今まで使い込んでこなかったような筋肉に痛みが…… 
一朝一夕にはいかない。反復練習するしかない。

2018/07/21(土) 3072 牛の日
7月21日(土)。10時現在28℃。晴。31℃の見込み。降水確率40%。

昨日は東北北部も梅雨明け。符合するように土用の丑の日でもあり、本格的な夏到来に備え、夏バテ防止にウナギを食した人も多いかと。

平安の歌にも詠まれていて、恵方巻のように売らんかなの商売っ気が感じられないとはいえ、昨日のチラシにはうな重やら蒲焼の実物大のカラー写真が溢れた。

何で国民こぞって執心しなけりゃならないのか不思議。これも商売筋の戦略か。

「土用の丑の日!? ちょいとウナギでも食おうか」などとサラッと粋なオジサンたちが暖簾をかき分けるのが本来の姿ではなかったかと。行列もないし、満席の有名店で知らぬ同士が一斉に同じ物をかっ込む不思議な光景もなかったかと。

昨年は絶滅危惧種のニホンウナギの蒲焼が2.7トンも廃棄された。今年は宮崎等の養殖ウナギが超高値で流通せずに適正サイズを超えて育っているとか。

理由は、今年の稚魚の仕入れ値が余りに高く、コストアップが見込まれるので、今の出荷分から値段を上乗せして損失をカバーしようとした業界筋の思惑が。
あまり高いと敬遠されるのは昨年で実証済みだと思うが……

我が家は金曜の牛の日。輸入安肉です。安くなれば来年はうな重でも良いが。

2018/07/20(金) 3071 瓶牛乳
7月20日(金)。7時50分現在26.5℃。風1.3m。降水確率0/10。
最高気温は昨日に比べ±0度で30度の見込み。高温の予想です。

一週間予報を見ると太陽の下に雲マーク。オレンジと雲色のオンパレードです。なぜか太陽はオレンジ色鮮やかな大輪のヒマワリに見えるし、雲はどんよりの雪雲ではなくモクモクの入道雲に見える。

NHKさんが季節を意識してお天気マークに変化をつけているかどうかは分らないが、冬とは違いヒマワリと入道雲に見えるのは、この季節ならでは!?

とにかく蒸し暑い。梅雨明けが今日にもありそう。9時42分現在はなしです。

さて昨日の社食。何パターンがある中での熱いラーメンです。
チャーシューが手作りっポイか、ハム系の加工肉に近いかの差ですが、きょうは加工肉っポイタイプ。ほかモヤシ、ネギ、ワカメは定番。

この時期の変化で一番大きいのは牛乳かと。
レンジでチンしないで瓶から飲むのは夏の盛りだけ。

さて湯上りに立ったまま瓶牛乳を飲む時に、左の手を腰に当てるのは何故?? 
正解は瓶の口の径が32ミリと大きく、飲む際に鼻にかかるので、大きく上体がのけぞるからだそうです。分ったかな!? チコちゃんに叱られるでぇ〜〜

2018/07/19(木) 3070 手加減
7月19日(木)。7時現在23.9℃。曇。29℃の見込み。降水確率10%。

先週の土曜日の社食。女房が体調を崩しており、買ってきたサンドイッチを。

一口サイズのサンドイッチは、持参のレタス、トマト、キュウリなどを挟むと、さらに美味しくなるし、マスタードをチョイ足ししてもピリッと味が締まる。

さらにツナマヨのランチパック。これは某パンメーカーの商品名で一般名詞ではないかもしれないが…… 中の具材が覗けないのはおにぎりと同じ。
具材の収まりが良いので、中味が外にバラケルのを気にしないで食べられる。

切断面から具材が覗くサンドイッチ、具材が柔らかなパンに包まれているランチパック。ゲーム中に口に運べるように開発されたのがサンドイッチとされるが、ランチパックこそベストマッチかな、と思ったり。

仕事が超繁忙であれば、間違いなくランチパックだろう、とか夢を見ちゃいけないが。さて、端がくっついているのは、専用の器械で2枚のパン生地の端の部分のみ、圧力を加えているだけなのだそうだ。

特別な粘着材を使ったり、熱を加えているのではない、とか。
ただ、圧力が強すぎても弱すぎても駄目だそうで、そこら辺にもオフクロがおにぎりを握る手加減というか、そんな優しさにも共通項があると思ったり。

2018/07/18(水) 3069 起爆剤
7月18日(水)。7時50分現在23.9℃。27℃までの見込み。

昨夜の定例飲み会でのふぐ刺し。男鹿沖で揚がった。何ふぐかは聞き漏らした。

秋田市の臨港地区の土崎。ここまで脚を伸ばすことはめったにない。最近、近海のふぐを起爆剤に町興しをしようと飲食店が動いていて、メーンはやはりふぐ。

寒い時期の印象が強く、ふぐを食する文化もないので、一過性に終わらないことを祈るが、季節を問わずメーンを張れる食材は貴重。長い目で見たいものだ。

ザキ(=土崎)で飲もう、との唐突な提案が実現したのは、高齢者コインバスの適齢期で、100円の格安で移動できるようになったことが決定打になった。

中心部から向かうのは4人。それぞれ奥さんやらには「遠足にでも行くみたい」とか、待ち合わせ方法などを電話でやり取りしていると「楽しそうね」とか、かなり浮かれた様子に映っていたかも……

同じ年代、それもワンコインの適齢期のおっさん達…… 
秋田市を巡る路線バスは、適齢期に達して一人でチョイ乗りするぐらいで、昔の同級生と示し合わせて乗る、などという華々しい経験は高校時代以来かと。

ただ一人だけ優遇制度を知らず、410円を払った仲間もいたが……

2018/07/17(火) 3068 特効薬
7月17日(火)。7時50分現在24.1℃。26℃までの見込み。今は雨。

晴れ渡った先日の日曜。玄関を出ると見慣れないワンボックスカー。
お向かいさんがお知り合いのご家族と誘い合っての海水浴なのか…… 

その後、車でお向かいさんのお隣の庭に回りこむと、ご家族および親族? とでバーベキューパーティー。両家には小さな女の子が二人ずついて、それぞれがお子さん主役のお楽しみ中でした。

少子化など、嘘だろうというほど若い街を実感するが、道路を隔てたこちら側はまごう方なき高齢化一直線…… ウイークデイ早朝の「行ってきまーす!? 」も声も嬉しいが、お休みの日のざわめきも私達には特効薬です。

何の特効薬と問われると何ですが…… ただ、作業でうろついていると子供から「こんにちは」などと声が掛かれば、気持ちが晴れやかに、若返るのは確かです。

さてドウダンツツジ。均一に伸びればいいのに、所々の枝がピョンピョンと群れから飛び出しみっともない。それをカットしようと電動トリマーを引っ張り出したが……

数週間前に一気にオンコ10本ほど剪定した機械なのに、動きがトロくさい。
枝を挟むと動きが鈍る。おかしいと思っているうち、焦げ臭い匂いと白煙が〜〜
ご臨終です。その後は剪定鋏で。私自身はもちろん周辺機器も高齢化が……

2018/07/16(月) 3067 記念日
7月16日(月)。10時現在25℃。27℃までの見込み。降水確率40%。
海の記念日でお休みです。今日もラウンドはありません。

誤概念とか思考実験とかあまり普通の会話では聞き慣れない言葉を書いた。誤概念とは「思い違い」「思い込み」「誤解」などと言えばよくて、物理学に特化した言葉ではない。思考実験とは……

頭の中で想像するだけの実験のことで、科学の基礎原理に反しない限りで、極度に単純・理想化された前提で遂行される。アインシュタインはこれがとても得意で、宇宙旅行での「浦島効果」などもそうなんだとか……

大風呂敷を広げてしまってどう収拾しようかと、思案に暮れている。
簡単に言えば、物理屋が書いたゴルフ本に触発された私が、ネットで偶々見たゴルフインストラクターの無料動画とが相まって、これまでの「ある特定の仕草」が誤概念であったことに気づいたことです。その日は特筆する日になるかも。

それは右足の使い方。それはおいおい説明するとして…… ただ「ダウンスイングで脚をターゲット方向に激しく蹴ると、いろいろな問題がおこる」と、信奉するデビット・レッドベターの教則にもあることを確認し、やっぱりそうか、と頭を抱えた。

そうか、そうか、と、頭の中では今までのスインとは違うイメージが…… それはあくまでも夢想。思考実験の精度とは無縁なわけで…… 反復練習あるのみ。

2018/07/15(日) 3066 誤概念
7月15日(日)。9時現在28℃。30℃まで上がる見込み。久しぶりの青空。

いつも就寝前のベッドの上で、物理の本を読んでいる、と書いた。
物理と行っても入門編。「相対性理論を楽しむ本」だったり「『量子論』を楽しむ本」だったり。さらに遠くを見る目で「宇宙に終わりはあるのか? 」、「宇宙はなんでできているのか」とか、反対に身近に作用する「重力とは何か」とか……

実際、これほど科学が進んでも宇宙は分らないどこだらけで、極々微小な世界にいたっても分らないことだらけ。ロマンを掻き立てられると共に、十分に眠気も。

いま嵌っている物理本は物理屋が書いた「小娘たちに飛距離で負けないための授業」(ゴルフダイジェスト新書)。小娘たちとは宮里藍や横峰さくらのこと。
ヘッドスピードでアマの成年男子の飛ばし屋と同等か、以下にもかかわらず、それよりもオーバードライブする秘密を物理学で解き明かす本だ。

とても身近な物理学ではあるが、そこでの主張は、ゴルフ理論がいかに誤概念に支配されてきたかを一つひとつ解消し、物理学的に正道に戻すこと。

誤概念はとは「思い違い」「思い込み」「誤解」などの意味で記述されている。「頭は動かすな」「トップでねじれ」は科学的に非常識、という驚きの表明となる。

ゴルフの飛ばしも物理学で!! 就寝前に“思考実験”を繰り返しているのだ。

2018/07/14(土) 3065 桟敷席
7月14日(土)。10時現在24℃。27℃まで上がる見込み。湿度91%。
歩く人の傘は日傘なのか、雨傘なのか…… いつ落ちてきてもおかしくない。

秋田の夏は短いと思う。6月は雨も少なくベストシーズンと思うが、7月には入いると決まってジメジメジトジト。それが終了してさぁ夏だ!! と思ったら、すぐ土用波が来て、秋風が……

グズグズな天気が続く中、竿燈祭りの桟敷席造りが進んでいる。
毎年のことながらもうこんなシーズンの到来か、と思わせられるシグナルである。

竿燈祭り何ていうのは東北のわずかな夏にパーッと燃え盛る一瞬の花火!?

そのシグナルのもう一つの側面が、竿燈祭りが終わればもう冬じゃん!!

四季といえば、その変わり目では晩夏があったり初秋があったり、もっと様々な表現もあろうが、もう一足飛び。そんなこととはお構い無しに、どんどん時に翻弄されていく……

盛大な夏祭りを前に、そんなことを思い、活字にするのはお疲れモードの週末だからなのか……

ここ最近は雨に祟られ作業着デイはなし。雨が降らない限りは草引きしよう。

2018/07/13(金) 3064 よそ事
7月13日(金)。7時50分現在22℃。予想最高は25℃で昨日より2.2℃ほど高い。降水確率60/50。その中で全県が黄色で秋田市が真っ赤。

秋田市だけが洪水警報だった。川上ではなく、川下だけが警報なんて……
今回の豪雨で被害を大きくしたバックウオーター現象など、平地での河川の構造上の問題なのか。倉敷市真備町の冠水を見るにつけよそ事ではない。

猛暑が予想される関東甲信以西と違い、前線の影響でジトジトジメジメ。
植物だけはわが世の春を謳歌しているようです。

会社前の花鉢。一冬越したビオラの生命力を愛でていたのはつい最近の様な感じだが、実は夏風に植え替えられてからも、かなりの日数が経つ。

終了した花もあって、観葉植物と思われる葉っぱが異様にボリュームを増して、花の部分を凌駕しつつある。それが涼しげか、というわけでもなく少し鬱陶しい。

さて、毎朝、自宅のある割山から秋田運河を渡って中心部に入る。
新川橋の橋上からいつもは見える中州は水没した状態で、ここしばらくはかなり水位が高く濁った水が湛えられているというか、ゆったり流れている。

運河なので雄物川奔流からの取水量は調整できようが、そのほか旭川、太平川などの自然流入もある。そんな現実を考えるにまさによそ事ではないな、と。

2018/07/12(木) 3063 野菜畑
7月12日(木)。7時50分現在20.5℃。最高気温は25度の見込み。
前線の影響でお天気は下り坂とか。気づくと雨になっていました。

昨日、隣の野菜畑の女性オーナーから生り物のお裾分けがありました。

TVで絶品食材を提供する“匠”を有名シェフが訪ねて、絶品料理を振舞う番組を見ている。それが野菜だったりして、その苦労やら、いつでも出荷できるように播種時期をずらすなどの工夫をみて、流石だな、と。

それは、あくまでも高級な食材で、庶民の口には入らないだろうけど。

キュウリだって今冬は産地の天候不順で、1本が目が飛び出る値段だったこともある。高級料亭などは別にして冬にキュウリを食べるのを我慢すれば、そんな不経済なことをしなくてもすむのだが……

朝採りの瑞々しいキュウリを見て、旬に食べてこそのキュウリだとつくづく思う。冬は雪に埋もれ、春先は緑の欠片もななかった砂地からの生り物であればなおさら。

オーナーが手塩に掛けたキュウリとサヤインゲン。野菜を育てたことがないので分らないが播種から収穫までの時間がどのくらいで、それが長いのか短いのか……

「えっもう採れた」が素直な印象。収穫にも時の早さを感じるのは年のせい!?

2018/07/11(水) 3062 関西人
7月11日(水)。10時現在10℃。予想最高は24℃。曇り。湿度90%。

昨日は7月10日。語呂あ合わせで納豆の日なんだそうだ。従って昼食は、というとネバネバ系というか、納豆がメーンのブッカケ系というか冷製のソバでした。

納豆の日にかかわらず、納豆は毎日食べる。そして昼でも納豆をトッピングしたうどんであったりソバであったり。最近ではパンに味付けした納豆をはさみ、チーズを乗っけてオーブントースターで、という新メニューもある。

夜は夜で、さっぱりしたビールの当てが欲しければ納豆豆腐という手もある。
三度の食事に納豆が登場、という偶然があっても普通に受け流しているかと。

納豆の魅力はなんでしょうね…… 東京での学生の頃は、納豆と言うと関西人に露骨に嫌な顔をされたものだが、最近はそうではいらしい。昔は食に関しても関西人のプライドや沽券にかかわるみたいな大袈裟な風潮があったような。

自然食品であり、発酵食品であり、健康食品であることが今や世界に周知されるに至って、プライドや威信どころではないう、外圧もあったかと……

ソウルフードとして育った東北人は良いとして、あの匂い・味に閉口する人がいても何ら不思議はないので、かなり無理をしている御仁も…… でも魅力に帰依した人が多いのでしょう。こんなときは挽き割り派!? それとも粒派!?

2018/07/10(火) 3061 打ち水
7月10日(火)。7時50分現在25.6℃。昨日より1.9℃低い29℃になる見込み。それでも平年より2℃ほど高いとか。雲が広がり鬱陶しい日になりそう。

豪雨の死者は100人を超え、まだ全容は見えない。お見舞い申し上げます。

昨日はこちらでも30℃超えで真夏日。スーツにネクタイ姿で現場立会いした。
お相手はタオルを持ち、顔を拭き拭きしながらの対応。
私を見て相当鬱陶しかったか、と。自覚はあります。

帰宅したらお向かいさんが家の前でバーベキュー。「暑かったもんね!! 」と
声を掛けると「今日は休みだったもんで……」。ご夫妻と女の子2人が楽しげ。
さすが女の子。ちっちゃいのにかいがいしいのが微笑ましい。

実は日曜日に前の庭に洋芝の種を撒いていた。そして散水しなきゃと意気込んで帰ってきたのだが、家族団らんのバーベキューの背景にオッサンが出て行くのは目障りであろうと、遠慮したところでした。

9時過ぎ、夜の散水をしました。玄関と書斎から明かりがこぼれていますが、その中間あたりに吹き上がる水がぼんやり写っています。
言ってみれば打ち水。多少は空気の冷却効果もあろうかと。

ただし本人は湿っぽいし、動き回るので暑い。蚊の餌食になる覚悟も……

2018/07/09(月) 3060 河川敷
7月9日(月)。10時現在30℃。予想最高気温は31℃だったか……
降水確率40%、湿度77%。大雨前線の影響でジメジメ。空気が重い。

被災に見舞われた皆様にはお見舞い申し上げます。
今度は猛暑が待ち構えています。熱中症にご注意を。

昨日は午後から小雨。雨の間隙を縫って刈払機で刈り高を揃えリール式芝刈機で仕上げをしました。洋芝はほんの一部、他は名も知らない草どもです。

先週の日曜日もやったので、間隔は1週間。かなり平坦さを維持しているかと。

20数年前に何回か練習ラウンドした雄物川の河川敷のゴルフ場。
その頃のフェアウエーの芝、グリーンの芝はどんなだったか、と。
もちろん、被害はなかったとはいえ今回の雨で完全に水没していますが……

当時は市営。料金もお安く、手押しのカートを借りると、何ラウンドも回り放題だった。体力が余っていたこともあり、日没になるまで……

河川敷のフェアウエーはどうだったかな、と。少なくとも料金を取るのだから、雑草だらけのわが庭よりははるかに増しだったろうと思うが……

一週間おきの芝刈りでこれ位の品質。そうだ、アプローチ練習しよう!!

2018/07/08(日) 3059 電磁波
7月8日(日)。9時現在26℃で予想最高気温になりそう。降水確率40%。

水没し、街並みが屋根でしか分らない景色は辛い。傾斜地の家並みはむき出しの土砂で分断されて辛い。一体どうしたんだ!! 言葉を呑むしか……

現在は秋田は曇り。雲もだいぶ薄くなり、柔らかな日差しが届いています。

数十年に一度という大雨にかかっては、私らの経験だけでは推し量れないこともある訳で、そうだとすれば、いつ、いかなるところでも災害が起きうることを覚悟しなければならない。肝に銘じないと……

いつぞやの冷凍スパゲッティのぺペロンチーノは、つややかで、スパゲッティが茹で上がりのようなみずみずしさとコシがあって実に美味しかった。今回はナポリタン。

あまり長すぎると干からびで固くなるので5分間のチン。長方形の形は崩れていないし、みずみずしさはない。湯気も上がっていない。はて短かったのか???

で微妙な感じ。温度にむらがあり、中ほどはなんと冷たかった。
女房に聞くと全体で5〜6分。そして3分ごろには熱いけれど真ん中を押し込んで低くしてて電磁波を行き渡らせるとか。経験に基づくテクニックがあったのだ。

これは自分でチンのナポリタン。何事も経験次第、一手間が必要だったのだ。

2018/07/07(土) 3058 基準外
7月7日(土)。10時の気温18℃。24℃まで上がる見込み。雨、時折強い。

定時番組が昨夜から押しやられている。数十年に一度の降雨量になるとされる大雨特別警報。土砂災害の恐れがあり最大限の身を守る行動が必要だ。

TVで愛媛県怒和島の土砂崩れ現場。被災家屋の縦横に走る梁が立派だった。島の有力一族が、贅を凝らしたと思われるが、その地は地盤が堅固で、歴史的にも土砂災害には無縁の一等地だったかと想像する。

数十年に一度もそうだが、安住の地と選んだ、それこそ何百年のスパンを覆す雨。被災者らが言う「今まで経験したことがない」との恐怖そのものだったかと。

河川改修、急傾斜の対策を怠ったわけでもあるまいが、ここに来て悲惨な土砂災害が起こるのは、現行の基準を遥かに超える気候変動が進んでいるのか。

確か小中生で日本は温帯モンスーン気候、とか学習したが、その区分けが熱帯とは言わないまでも亜熱帯へと変動しているのか!? 先生!! 教えて!!

レーダー写真の雨雲は日本を覆って列島の形を隠すほど。北東への雲の流れの中で特に強雨の赤が線状に見えるのが恐ろしい。まるで水の島!?

激しい雨の竿燈大通り。竿燈祭りは1カ月後。いつの間にか季節は……

2018/07/06(金) 3057 無駄話
7月6日(金)。7時50分現在20℃。26度になる見込み。風速1.8m。
一番の仕事で市役所へ。その後メールを送ったり、電話対応や、営業ウーマン相手に無駄話。あっという間に午前は過ぎて午後1時から書き始めている。

出掛けに玄関脇の紫陽花を撮ってきた。うろ覚えの紫陽花の花の色とおしっこについて書こうと思って、それらをキーワードにネットで裏づけようとしたが……

先週末、W杯の録画を見終わって何気なくBSを見たら、日本在住で水墨画に魅せられた海外人が、師匠との紫陽花のエピソードが非常に気になった。

猫であろうと大人の立ちしょん便だろうと、それがかかるとアジサイの色が変化するんだよ、ということを洒脱な遊び心で、その外国人に吹聴したというのだ。

猫のおしっこ、立ちしょん便、紫陽花、2〜3時間、花色が変化…… それ以外にも記憶に残るキーワードを組み合わせて検索するも番組はヒットしないし、紫陽花とおしっこに限定してもそれらしきネタ・裏づけはヒットしない。残念至極。

青から赤に変化する、といいうことが知恵としてあったら、立ちしょん便がフリーだったガキの頃は、小便をかけて遊んだはずだよな。でもそんな記憶はないし……

どなたかのブログで「庭で犬がおしっこをするから、グラデーションができちゃったのかなぁ? おしっこする方はピンクになったよ」。これが唯一の成果らしきもの。

2018/07/05(木) 3056 縁切り
7月5日(木)。7時50分現在18.1℃。予想最高気温は23℃。
台風7号か変わった低気圧の影響で、大雨注意報や沿岸には暴風警報……

昨夕のNHKの若い男性アナウンサーが、猛暑から一転気温が下がるので“寒くなる”と表現したのには恐れ入った。言葉が命の世界で、それはお寒いこと!!
ボキャブラリーが貧弱な私が言えた義理ではないが……

サッカーロスの埋め合わせ、といっては何だが…… 今まで気になっていた会社内の三つの鉢植えを何とかしようと…… とりあえず金の成る木。

温かいごはんがよそわれた茶わんを想像してほしい。それが冷めて固くなって縮こまったら茶わんと固いごはんの間に隙間が…… まさに鉢がそんな状況。
土が適正レベルより低くなっているし、鉢と土の間には立派な隙間。

対策は、ナイフ様のもので土と鉢との縁を切って、全体を引っこ抜く。そして家から持参した砂を鉢の底に入れて嵩上げする。そして引っこ抜いた物を再度入れ、前より広くなった隙間に砂を入れ込んだ。それが良いのか悪いのか……

ただ作業を終えて水をたっぷり与えると、鉢との縁をいったん切ったことで根っこが新鮮な空気に触れて元気を取り戻し、葉っぱにも活力をもたらしたような……

今朝、力強くなった鉢を見て一安心。サッカーロスの埋め合わせの成果です。

2018/07/04(水) 3055 喪失感
7月4日(水)。10時現在25℃。29℃までの予報。湿度83%。

W杯関連のビデオが録画リストに溜まりに溜まっている。
これから戦う相手チームの戦いぶりなどを見るつもりだったが…… 

決勝トーナメント第1回戦。レッドデビルの本気モードを引き出し、紙一重で地獄に突き落とし損ねた侍ジャパン。潔い戦いぶりは感動ものでした。
世にサッカー・ロスなる言葉も生まれて、喪失感は半端ない。

録画リストに大量に残るFIFA○×○×のタイトル。
「見るの!? 見ないの!?」の冷たい事務的な言葉が恐ろしいです。
今は複雑な心境。ベストフォーの争いとか決勝戦までは気持ちを立て直したい。

意のままにならないゴルフ。結局は、硬いシャフトに問題があるのではないか、と。

カーボンからスチールシャフトに変えたのは、絶頂期の50歳半ば。
力が溢れてショットがブレるもんだから、方向性重視でスチールに変えた。

今は体力・気力とも黄昏て…… カーボンシャフトに戻そうとグリップ交換です。

突然のサッカーロス!! その喪失感を大谷翔平選手が埋めてくれるとは……
今日1カ月ぶりに先発出場!!! 日本人に生まれて本当によかった!!!

2018/07/03(火) 3054 熱帯夜
7月3日(火)。7時50分現在28.1℃。予想最高気温は30℃。
これは昨日より−4.1℃。昨日は暑かった。すんでのところで猛暑日……

侍ジャパン!! 崖っぷちまで追い詰めたが、すんでのところで大金星を逃した。

後半、速い時間帯での組織力を生かした鮮やかな先制点。それも立て続けに2点。前回W杯のときは隣家の高校生の歓声も聞こえたが、それも無く叩いた手が痛かった。2回もだから腫れるほど痛かった。

熱帯夜のごとく熱気で盛り上がったのはもちろん。でも波乱含み。慌てさせたがタレントぞろいのベルギー。トップ選手を新たに投入することで、ねじ伏せる力技。
差は歴然。ピッチ上の勝機を拾おうと必死でファイティングポーズをとり続けたが。

どちらに転んでもおかしくない最終盤の攻防。攻めの一瞬の隙を衝かれてしまった。守りに行く策は当然あったろうが、90分で勝ち切ろうとする姿勢に侍ジャパンの組織としての気概を見た。

縦に速いサッカー、デュエルとか、躍進にはハリル前監督の影響を見るのは私だけではないと思う。それらを素直に総括することが将来に繋がると思ったり……

試合終了と共にスイッチオフ。その後は悔しくて眠れなかったが、それ以上に悔しいのはピッチ上の選手達。短い熱帯夜だったが、選手を称えたい。

2018/07/02(月) 3053 大一番
7月2日(月)。10時現在30℃。これが午後3時頃まで一進一退、最高気温にずーっと晒されそうです。降水確率10%、湿度78%、風速1m。

明日未明、侍ジャパンは大一番。眠れない!?、眠らない!?夜を迎えそう。

昨日は真夏日。それでもオフサイド気味に梅雨明けした関東甲信より緯度は高いし、まだこの時期は朝晩の冷涼さはある。熱帯夜に苦しむことはない。

昨日の作業です。リール式の芝刈機で一通り刈り高を揃え、施肥をしてスプリンクラーで散水しているところです。

午後5時9分。逆光ですが、日が傾いて隣家の樹木越しに少しは光が和らいで、スプリンクラーの吹き上がる水が光っているのが涼しげ。脇には液肥を撒いた噴霧器。肥料不足で変色し始めていた芝生もよみがえるでしょうか。

さて大一番をどう迎えるか。寝ないでキックオフを迎えるのは試合後の数時間しか寝る間がない。ほぼ徹夜状態。その選択肢はこの年ではないな、と。

夕食後、消化時間を考慮して得意の早寝。キックオフ直前に起き、試合終了と共に就寝がベストか、と。勝利に熱狂し自ら熱帯夜にするも良し!!

「ピッチには必ず勝機が落ちている。全員で探しに行く」。監督の言や良し!!

2018/07/01(日) 3052 真夏日
7月1日(日)。10時現在30℃。既に真夏日。午前中が気温のピークで徐々に下がるらしい。降水確率は10%、湿度は80%。昼前なのにムシムシ。

今年も半分が過ぎ、7月1日を迎えた。これは昨日の社食。情報誌のクーポンの期限が6月30日だったので駆け込みの吉野家の牛丼です。

牛丼を食いつつ今年も半年が過ぎたんだと、感慨にふけっています。

どんどん時間が早くなっているのを実感する日々です。一昨日の会社OB達との定例コンペでは前の組の80代の大先輩がナイスショットをする度に、それより10歳以上若い私達が顔を見合わせ「俺達ができるとは到底思えない」

もちろん「ナイスショット!! 」の歓声を送っての後の会話だが……

80代でもラウンドできるのはそれだけでレアであるし賞賛に値する。我々同年代がどれだけ彼に近づけるのだろうか、と。体とどう向き合うか、という話である。

そう考えると持ち時間はそんなになくて、回数的にもカウントダウンに入っていることに否応なしに気づかされる。まあ1回1回のラウンドを如何に楽しむか……

この牛丼はお好みの“つゆだく”の“つゆだく”で、クーポンの期限ギリギリの駆け込み。ラウンドもお好みで満足できるに越したことはないのだが……


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.