ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年3月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い
2022/01/13 4344 様子見

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/03/10(水) 一夜明ければ
一夜明ければ、一面の銀世界。全面露出していたMY庭のあばただらけの芝生はすっかりスノーホワイトに化粧直し。
積雪2〜3センチ程度の薄衣であれば、グリーンのアンジュレーションなどが分かってよかったが、一晩でとんでもない厚着をまとってしまった。
名残り雪がこんなに重量級ではしゃれにもならない。
クラブが立って、もっこりしている部分は私がグリーンと称するもの。

10数年前に砂地を30センチほど掘り下げ、玉石、採石を敷き、その上にパーミキュライト、ピートモスなどの土壌改良材を入れ、さらに砂を盛り上げて造った。
苦しかったのは砂を掘り、また埋め戻す作業。足場板を1輪車でかけ上がって砂のピラミッドを築いた。それをまた埋め戻す……。
作業をしながら、エンドレスな労役を科せられた「シジフォスの神話」を思った。不条理!? 消耗しました。

当時、40代後半。体力には自信満々。
今年は「芝生日記」(1)で書いたように、成功時代の芝生を目指して春作業に取り掛かるつもり。でも全面改修は体力、時間的に???? 
たぶん、うまく育った芝生の部分をクローズアップで紹介できるぐらいかな? 弱気になっています。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.