ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年3月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/03/04(木) 仙台の夜は更けていく 3
今回の仙台行きは、マンション関係の国家資格の実務講習のため。
3月2日の講習1日目は午前9時から。2日間の日程で合計15時間という強行スケジュール。その上修了試験付き。
やむなく前日に車で仙台入り。便乗して旧知の秋田人と“おでん三吉”で盛りあがった。講習の合間には、二日間とも昼食のお相手をしていただいた。多謝、多謝、多謝です。
二人の話題は常に仙台と秋田のあれやこれや。やるせない気持ちにさせられた。
「ミニ新幹線は子供だまし」「藤田画伯の壁画がほしいというのは子供のおねだり」……。
2日の夜、宿泊しているホテルの最上階のレストランでワイン1本を注文した。空けるつもりはなかったので、「持ち帰ります」と、告げた。
キャッシャーに行くと、黒服の男性ウェーターがシルバートレイにグラス1個とワインボトルを立ててにこやかに待機していた。
「車で持ち帰るつもりだったのに」と、思ったが、あわてずウェーターを従え、部屋に。
テーブルに置いてもらうと、これがなかなかさまになる。飲まないつもりが、生来の“飲んべー虫”が騒ぎ出した。
飲むほどにテンションが上がった。やがて秋田の行く末を憂えているうちに1本空けていた。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.