ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年5月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/05/22(土) 「クマムシ」を知ってますか?
「クマムシ」。久しぶりでこの生き物の名を耳にした。
体長1ミリ足らずで、強靭な生命力を持ち、ユーモラスな仕草が可愛いい動物の動画が、某国立大学のホームページで公開されている。私は前の会社でパソコンの“お気に入り”に入れて、ときどき見ては癒されていた。

一昨日、ハウスメーカーのセミナーに参加した。講師の演題は「成熟後の減産社会は、時代変化に対応できる企業が生き残る」(変われない会社は2年で滅ぶ! )

プロローグの主役は「クマムシ」。レジメには、宇宙に行っても生還。レンジでチン! しても耐える。乾燥すると樽型に変身して代謝を停止。水分を得ると、元気に蘇生! とある。

大学の研究対象になるほど、未解明で神秘にあふれた動物。
もちろん、減産社会では樽型になって息を潜めていなさい―との例えではない。

クマムシの知恵に学ばなければ、いかに大企業、今をときめく企業でもあすはない!! (具体的な内容は後日)

在職中、ただならぬ動物とは思いつつ、ただ癒されるだけで見ていた「クマムシ」。その頃の私はさしずめ樽型??
起業した今、水を得た魚ならぬ「クマムシ」になろう!!
(「クマムシ」は身近な動物で、コケを取って観察すれば見つかる、とHPにあります)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.