ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年8月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/08/29(日) 189 ひまわり
夏の花は、何と言ってもヒマワリですね。「でしたね」というべきか……
各家々には背丈が高く、見上げるようなヒマワリが咲き誇っていたような気がする。

麦わら帽子、白いランニングシャツに半ズボン、捕虫網を持つ男子のそばにヒマワリ。
古い思い出か、夏休みのドリルの表紙か、何かの挿絵の記憶か定かでないが、子供のころの真夏の定番の情景として目に浮かぶ。

しかし近ごろ、背の高いヒマワリを育てているご家庭を見かけない。
仕事柄、住宅街をうろちょろする機会が多いが、いまだにこれぞヒマワリという光景に出くわさない。夏空に向かってすくっと立つ黄色の大輪。
これぞ盛夏と、思うのだが……

これが我が家のヒマワリ。
知人に風水的に「最高にいいよ」と言われ、その気になって年がら年中、玄関に飾っています。

伯母が描いたアマチュア作品。その弟に当たる父は、何が何でも背を高くして咲かそうという“ヒマワリマニア”でした。この絵を見ると、それとなく二人を偲べます。

絵の背景は燃えるような赤。いまの暑い時期よりは、どちらかと言うと厳寒の時期に見ると、ほっとなごむ絵ですね……

まだまだ残暑が厳しいです。水分補給を怠らずにラウンドしてきます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.