ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2018/12/15 3219 防雪網
2018/12/14 3218 手解き
2018/12/13 3217 印度風
2018/12/12 3216 未調整
2018/12/11 3215 災害時

直接移動: 201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/10/01(土) 588 コラボ
私のハンカチがこれからも横糸になって、「裂き織り」を彩るみたいだ。

那須高原の別荘の女主人から頂いた、ちょうどマフラーサイズの試し織りの布。今シーズンは、どちらの首を温めるのかなぁ〜と、思っていたのは完全に的外れでした。

女房と女主人の二人は、それを素材にして何かを作ろうとしていたのだ。まず出来上がったのはポシェット。

「手を突っ込むには口が狭すぎる…… 」。試作品は改良点がありそう。開けやすくするためマチを入れたら、バイアスで補強したら、フリンジを付けたら… などとの注文には「端っこの処理が難しい…… 」

まあ、意外とコシのある感触。いかにも手作りという風合いは何ともいえない味だ。私のハンカチが紛れ込んでいるというが、こんなパステルカラー調の色合いになるのが不思議だ。

最近の写メではもっと幅広の「裂き織り」にも挑戦を始めたようだ。

先日の彼女からのメールでは「合掌」に「裂き織り」と、早々の掲載ありがとうとあった。「久々にHP読みました」は少しいただけないが……

母親が体調を崩し、秋田の滞在を切り上げたが、母君も元気を回復したそうだ。今は那須で制作に意欲を燃やしている。

まさしく芸術の秋。「コラボを目標に ガンバリま〜す。」とあった。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.