ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/16 5229 外遊び
2024/06/15 5228 決定打
2024/06/14 5227 折る刃
2024/06/13 5226 地下茎
2024/06/12 5225 荒療治

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/11/10(木) 628 ベビーバス
一昨日、隣の畑のオーナーご夫妻の大根の収穫の準備が始まった。
ポリタンクの水、そして水を張るためのベビーバス。

ベビーバスは大根の泥を落とすために、購入したのではないでしょう。
たぶん、出産のため、あるいは生後間もない赤ちゃんを抱いて里帰りした娘さんのために準備したものでしょう。

初孫がお湯に浸かる姿を、目を細めて見るお二人が目に浮かぶ。

同居している、していないにかかわらず、ベビーバスはお孫さんがいる実家の必須アイテムですね。

でも、本来の役目を果たすことはこの先はない、と、思い定める日は必ず来る……

思い出がいっぱいのベビーバスが、畑にさりげなく置かれている。
なぜかシュールな光景に見えます。

抜いたばかりの大根の白い肌から泥を洗い落とす洗い桶として再登板です。二人とも洗いながら、お孫ちゃんに産湯をつかわせたことを思い出すのだろうか……

「私たち家族は、代を継いでいますよ」との、遠慮がちのアピールに見えなくもない。オーナーご夫妻の幸せな家族像がほうふつとします。

でも、なぜ二つなんだろう???? シュールです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.