ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/23 4354 正反対
2022/01/22 4353 除排雪
2022/01/21 4352 蟻地獄
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/11/16(水) 634 ドウダンツツジ
ドウダンツツジが燃えるように色づいた。
前庭の植栽のレイアウトは私のアイデア。

洋芝で一面を覆い、玄関前までは和風の踏み石を敷く、など、和洋折衷で何とも奇天烈。まあ、思い通りにやったから、と満足している。

ただ、予算を十分ねん出できなかったので、樹種が限定され、それほど見栄えが良くないのが反省材料。

ただ、このドウダンツツジには満足している。お手頃値段の上、渾然一体となるように仕立てる狙いが、本当にうまくいった。

当初は、隙間をなくすため、枝を麻縄で引っ張ったりして姿を矯正する苦労があったが、今では思い通りの“くの字”に葉が密生している。

最大の失敗は、昨年暮れ裸ん坊にしたニッコウヒバ。洗面所、風呂、トイレの目隠しのつもりだった。アフロヘアのように茂りすぎた枝を切り落としたら、すかすかになって目隠しどころではない。
10本のうち3本が枯れてしまった。

隣の畑の旦那さんたちは、それを見て、なんの木だったらいかなぁなど、思案してくれているが、それも、財布との相談……

洋芝のエバーグリーンとドウダンツツジのレッド。
今朝はこれが一面、白く覆われる予報だったのに……
急きょ、冬タイヤに履き替えたコルトで山に向かいます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.