ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/11/25(金) 643 オバサン力
カットは先週末、公民館祭りで展示された陶芸サークルの作品。
女房の片口に、白いツバキの小枝があしらわれている。

今はリビングのテーブルを飾っている。

なかなかいい雰囲気。枝を摘んできた仲間が、いつも山の幸を運んでくれる“山菜ガール”の彼女だと聞いて納得。季節の演出はさすがだ。

片口に敷いたのは、“裂き織り”の彼女から届いた最近作。女房がバッグやポーチに加工するのを待っている。ちょっと拝借してみた。

これも、なかなかいい。雰囲気もそうだが、
何かが凝縮しているようにも感じる。

2、3日前、女房が熱を出してサークルの例会を欠席した。
その夕方、かの“山菜ガール”が、タケノコの煮物を持ってきてくれた。

運転しない彼女は、息子さんを動員してまで駆け付けたのだ。元気を取り戻しつつある女房が応対して、「拍子抜けしたかもしれない」と、心苦しく思ったほど、彼女の行動力には目を見張るものがあった。

煮物はまだ温かく、彼女の思いも伝わってきた。

タイトルは“女子力”にしようかと思ったが、
それでは伝えきれないような気がした。
それにしても“オジサン力”とは????


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.