ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券
2022/01/15 4346 爆食い
2022/01/14 4345 出合い

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/11/05(土) 623 福芋
遠くから、プップク プップ んプップー 空っとぼけた汽笛が聞こえる。

お約束の焼き芋屋さんの登場だ。竿燈時期に現れたウオーターメロンマンのオフの仕事なのだ。

本人には聞きそびれたが、メロンマンと長い付き合いの床屋さんのお姉さんが教えてくれた。

床屋さんには今シーズンの口開けのサービス。私にはなし。
こちらから挨拶代わりに買いに行った。

うだつを上げるのが目標のお兄さん。スイカの稼ぎを聞くと、「遅く始まって、早く終わってしまった」。それ以上の質問は遠慮した。

「写真を撮るんだった俺も入れてくれ」とひょうきんさは相変わらず。3日がかりで焼き芋装置をしつらえた荷台。それを覆うビニールシートにペンキで書かれた福芋の文字は生乾き。いかにも急造だ。

「長い間、営業するに限る」 少しでもスイカの埋め合わせしようと、
大急ぎで焼き芋営業をスタートさせたのか……

東京時代、汽笛を鳴らして焼き芋のリヤカーを引くおじさんは、秋田からの出稼ぎだった。空っ風が肌を刺す真冬のイメージなのだが……

少しフライング気味に思えなくもない。でも彼はツボを心得ている。
プップク プップ…… と、人を食った音色は食欲を刺激するのだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.