ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年3月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2022/01/20 4351 足回り
2022/01/19 4350 親切心
2022/01/18 4349 弱毒化
2022/01/17 4348 特効薬
2022/01/16 4347 航空券

直接移動: 20221 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/03/14(月) 386 お日様
会社前の交差点の地震直後の画像(3月11日14時51分)
信号機は消え、おびえた表情で人々が道路に出ている。

すぐそばの下水道工事の交通整理のガードマンが、
出すぎたことにならないかどうかを気にしながらも、
おずおずと手信号で交通整理を始めたところだ。

次第に使命感が芽生え、自信にみちた表情。

ヘルメットが雪に覆われながらも、頑張ってくれた。

3回目の朝を迎えた。
今日は再始動の月曜日。

その彼は、正規の守備範囲で交通整理をしている。
何事もなかったように……

晴れ渡っている。

通勤途中のラジオで、福島FMのキャスターが、
「心を明るくするような陽がさしています」と、レポートしていた。

同じ太陽に照らされているとはいえ、
置かれている状況の違いに胸が痛む。

太陽が陰ることがないように祈るばかりだ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.