ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年4月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/19 3558 場違い
2019/11/18 3557 湯上り
2019/11/17 3556 繁殖力
2019/11/16 3555 多数決
2019/11/15 3554 序の口

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/04/11(月) 414 “天上カントリー倶楽部”
昨日、横手時代に支局員として仕えた元上司の葬儀に参列した。

彼は多趣味。中でもゴルフ。夕方になると、「さぁ行くぞ!! 」と、
私と営業マンを引き連れて旧山内村のゴルフの打ちっぱなしへ。
横手盆地を見下ろす“天空ゴルフ練習場”。
小うるさいほどのアドバイスの風が吹き荒れたものだ。

練習場の支配人はしかり、とにかく誰とでも仲良くなれるのが特技。
本社で退職を迎えた後、旧山内村の鶴ケ池荘の支配人として活躍したのは、面倒見の良さと、フットワークの切れ味でしょうか……

昨年からは椿台カントリークラブのボランティアグループの“隊長”として、こよなく愛するゴルフコースを、手の平でなでるように整備することに心を砕いていた。この4月も雪消しなどに汗を流していたそうだ。

その椿台CCは一昨日のオープン。同社の社長は「真っ先にティーショットを打ってほしかった」と、突然の死を悼み、果たせなかったラウンドを“天上カントリー倶楽部”で相まみえましょうと弔辞を結んだ。

彼のご子息は、「穏やかな顔を看取るだけでも、安らかな気持になれた」と挨拶した。大震災の被災地で10日間カメラを回し、
幾度となく、遺体のない別れを悲痛な思いで見ての発言。
同じ報道カメラマンの道を歩んだ父と子の、心の通い合う会話だった。

無性に球を打ちたくなって練習場へ行った。
腕を上げるので“天上カントリー倶楽部”でお相手願います。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.