ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年4月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/19 3558 場違い
2019/11/18 3557 湯上り
2019/11/17 3556 繁殖力
2019/11/16 3555 多数決
2019/11/15 3554 序の口

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/04/13(水) 416 がんばれ営業ガール
昨日。昼食時間のチョッと前。日差しが暖かい。フレッシュさんとおぼしき女性たちが、緊張感から解放され、くつろいだ表情で歩いている。

そんな時、ダーク系のリクルートスーツを着込んだ若い女性が入って来た。住まい探しのフレッシュさんではなく、営業ガールさんでした。

秋田市がこの夏発行する「秋田市暮らしの便利帳」の、広告営業。
防災情報も詳しく、「ネット時代ですが、手元に1冊あると心強い」
と言う彼女。実は仙台のアパートで一人暮らし。

本震、余震の度に倒れた家具で室内はぐちゃぐちゃ。電気、ガスなどもままならない。自ら被災者として、仙台に心配を残しつつの営業。

彼女がサンプルとして持ち歩いているは岩沼市の「便利帳」。ヘドロにまみれる前の仙台空港がページを飾っている。災害時の手引きが狙いの一つだが、自ら手掛けた本と現実とのギャップが、どう映るのか? 

外見はフレッシュさんと変わらないが、とんでもない困難の中にいる。

企業は冷徹。泊まり込みの営業に、被災者をも送り込むのだ。
“名ばかり被災地”にいる私たちは、これにも増してパワーを発揮しないと申し訳が立たない。自粛の連鎖で、景気を冷やしてはならない。

彼女の営業成績に貢献したかった。
情に流されないのも冷徹な判断。ごめんなさい。
そして今日、仙台空港には復興第1便が着陸する。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.