ひとこと
はじめまして
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年4月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2019/12/12 3581 技術力
2019/12/11 3580 小走り
2019/12/10 3579 肩凝り
2019/12/09 3578 冬景色
2019/12/08 3577 絵日記

直接移動: 201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/04/14(木) 417 だるま祭り
12日は星辻神社の宵宮。いわゆるだるま祭り。

神社前の道路は、車の通行が遮断され、例年よりは少ないかな?
と思える露店が、道行く人の両側に並び、キャラメルを焼く甘い匂いや、焼きそばソースの匂いで、子供たちの気持ちをそそっていた。

少し前、ユータロー君とコータロー君もママに手を引かれながら帰って来た。かかえるほどの綿飴の袋やビニール袋で泳ぐ金魚もぶら提げて。

「一番大きい金魚めがけてズブッと水に突っ込むんだから」。金魚すくいは全敗。でも、サービスで貰ったちっちゃな金魚を、見せてくれた。

「テキヤさんが食えなくなれば、経済が悪くなる」と4日付で書いた。

春は桜前線の北上に合わせて、今日はあの神社、明日はあの祭りと移動し、そこここで非日常的な空間を提供する。そして、
いつの間にかごく当たり前で、なくてはならない風景になったのだ。

ユータロー君、コータロー君にとっても露店の経験は、
祭りに結びついた記憶として残ると思う。

自粛ムードのあおりを懸念していたが、露店の発電機の音や、雑多な匂いをかぐことができて、まずはホッとした。こうでなくっちゃ〜!!

当たり前にやりましょうよ。そうしないとひずみがどんどん大きくなる。
こちらがしおれてしまえば、励ましにもならない。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.